2014年5月30日

2014年05月30日 (金)"総力戦"というものの実態


今年は、第一次世界大戦(1914-1918)が開戦して100年にあたり、
欧州のメディアでは様々な検証番組が制作・放送されている。
というのは、この戦争の僅か20年後には第二次世界大戦が始まり、
更なる戦争の惨禍に世界が巻き込まれたからだ。

この3回シリーズは、第一次大戦での体験と残した問題が
第二次大戦の主要人物の思考に極めて深く投影されていた、ということに
力点を置いている。
登場人物もナチス・ドイツのヒトラー、ヴァルター・モーゼル、ヘルマン・ゲーリング、
英のモントゴメリー、米のジョージ・パットン、仏のドゴールなど、
第一次大戦を現場将校として戦った人々だ。

この番組は、本来はモノクロ・フィルムだったものをカラー化し、
遠いと思われた大戦争を身近なものとし、
その悲惨さ、残酷さを様々な角度から伝えようとしています。

**************************

「カラーでよみがえる第一次世界大戦」は、
ご好評につき、5/31(土)午後2時~ 再放送いたします。

31(土)

午後2時~「第1回 人間性の喪失」
午後3時~「第2回 際限なき殺戮(りく)」
午後4時~「最終回 総力戦の結末」


どうぞお楽しみに!

 


 

投稿者:クマさん | 投稿時間:01:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(2)