2013年1月

2013年01月26日 (土)現地ディレクターが見た「アジアの今」!


今週は、特集番組として「発掘アジアドキュメンタリー」をお送りします。NHKを含めたアジアの公共放送局3社が国際共同制作したこのシリーズは、現地ディレクターと放送局のプロデューサーがペアを組み、1年かけて完成にこぎつけました。

マレーシアのある村で、結婚式のごちそうとして出される料理のために、2頭のバッファローを捕らえようとする男たちの奮闘記、標高4000メートルの山越えをするカシミール地方の遊牧民、中国の少数民族の村で行われる伝統の“闘馬”で連敗する白馬の物語などなど。

取材対象はもちろんのこと、ディレクターたちの撮影環境もかなり厳しいものでした。その奮闘ぶりにもご注目ください。

投稿者:パンダ | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2013年01月19日 (土)ユーロ危機の深層をイギリス人が斬ると...


今週は、「ビジネスの内幕」シリーズ。
第1回目の「ユーロ危機」は、通貨統合に参加していないイギリスのBBCが制作した番組です。もともとシニカルな姿勢のイギリスなので、ユーロ危機を構造的に分析しようという意図が伝わります。日本にいると、ユーロ危機の本質を余り全体的に捉えることなくすませていた私も、この分析に少し分かった感じはしました。
第2回目の米国おもちゃ産業の歴史、3回目の英プレミアリーグ誕生の秘話。
それに、ダイヤモンドの取引が盛んなアントワープで現金をスーツケースに入れて商談をする人々も4回目に登場します。
 

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2013年01月12日 (土)第2期オバマ政権がスタートへ


激戦だったアメリカ大統領選挙。
選挙人ベースでは、いわゆる激戦州のほとんどをオバマ大統領が獲得しましたが、全米の得票率で見ると、ロムニー候補と拮抗していました。それだけ、アメリカ社会の分断の様相が強いとも言えるのでは…。
まもなく、就任式がワシントンで行われることになりますが、その前に、改めてオバマ政権の軌跡やアメリカ社会の現状を見ていきたいと思います。(再放送)

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2013年01月07日 (月)「もう一度見たい!」投票受付中です


年末年始にたくさんの作品が再放送されましたが
ご視聴いただけましたか?
見逃してしまった方や、「また見たい」と思ってくださった方は
是非「第7回 もう一度見たい!世界のドキュメンタリー」の投票に
ご参加ください!

ホームページの上部にある「投票受付中」のボタンから
再放送を希望する作品に投票してください。
最大5作品まで選択可能で、締切りは2月10日の予定です。
人気の高い作品を、3月に再放送する予定です。
みなさんのご投票を、お待ちしています。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:24 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2013年01月05日 (土)新年最初のシリーズは<海とサカナ>


年末年始はおいしいものをたくさんいただく時期。
海の幸も楽しみのひとつでしょうか。
「世界ドキュ」の今年最初のシリーズでは、
人類と海との関係を描いた作品を放送します。

人とサカナの10万年にわたる関係を、
スケール感たっぷりの迫力映像で描く「すばらしきサカナたち」
大量のプラスチックごみが海の生態系に与える影響に迫る
「海の怪物 プラスチック」
有名な海洋学者、ジャック・イヴ・クストーの右腕として活躍し、
世界で初めて1週間、海の中で暮らした経験もある
アルベール・ファルコの生涯をたどる「海に魅せられた男」

人間が、海やサカナとどう関わってきたのかを見つめる
4日間です。

投稿者:OK2 | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)