2012年12月

2012年12月29日 (土)元旦深夜放送!イングランドサッカーの大変革


サッカーファンにとって元旦といえば天皇杯決勝戦!
その余韻がさめやらぬ1日の深夜に世界ドキュは
イングランドのプレミアリーグを題材にした作品をお届けします。

1991年に始まったプレミアリーグは、
当時、一部サポーターの暴徒化などの事件が相次ぎ、低迷していた
イングランドサッカー界を再生させる大改革でした。
その決断が下されたのは「ビッグ5」と呼ばれるトップクラブの
首脳たちの秘密裏の会合の席でのことでした。
舞台裏で一体なにが起きていたのか、当事者たちの証言で
描きます。
お正月の夜、ぜひ、お楽しみください!

投稿者:OK2 | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(2)

2012年12月22日 (土)もう一度、タイタニック沈没の真相を!


豪華客船のタイタニック号が沈んでから今年で100年。
いまだにエピソードの発掘が続いています。
沈没で翻弄された人たちの人生を描くシリーズで、今年4月に放送されたもの。
好評につき再放送します。

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2012年12月14日 (金)現実の"スパイ作戦"は、小説とどちらがワイルドなのか?


必ずしも華麗でかっこいいものではないのですが、本物のエージェントが出てきます。
なにしろ、携帯電話も衛星写真もGPSもない時代の話しが多いのですから、
手さぐりでの作戦遂行。そこには個人の能力や資質が決め手の一つにもなります。
第一次大戦から第二次大戦、米ソ冷戦期、ソビエト崩壊前の様相。様々な局面での秘話が明かされます。
「現実は小説よりも奇なり」なのか。リアルな諜報戦の実像をどうかご覧ください。

投稿者:クマさん | 投稿時間:10:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(2)

2012年12月08日 (土)「プーチン氏の野望」とは一体何なのか?


ソビエト崩壊後の新生ロシアを担ったのがエリツィン大統領。
その元で、表舞台に登場したのがプーチン氏である。
2000年の大統領就任から二期(8年)、首相(4年)を務め、今年大統領職に復帰した。
G8主要国でトップの座を続けているのは、もはやプーチン氏しかいない。

ちなみに2000年といえば、小渕首相が倒れ、森首相に代わった年。日本では隔世の感があるが、あれからずっと権力の座にいる人間とは、どのような戦略と野望があるのだろうか?
これをギリギリと詰めたのが、本シリーズ。

現代史ものの番組づくりでは定評があるブルック・ラッピングが制作したものです。
大統領に復帰した今、もう一度、お届けしようと思います。

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)