2012年10月

2012年10月27日 (土)当事者が語った「オバマのホワイトハウス」の内実


ホワイトハウスでは、報道官が定期的に会見を開いていますが、その他の補佐官やスタッフが何をやっているのかは余りメディアには出てきません。それに迫ったのが29、30日の「バラク・オバマのホワイトハウス」の二回シリーズです。公式カメラマンによる写真やインサイド映像など、「特ダネ映像」もふんだんに入っています。「理想と現実」のはざまで葛藤するスタッフたちの声をお聞きください。
また、オバマ大統領の医療制度改革や、自らのホームタウンだと語るシカゴでのオバマ政権の評価を検証する作品もお届けします。
 

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2012年10月20日 (土)化石燃料の未来、グリーンエネルギーの未来


2030年代には原発ゼロの社会を目指すとした今年9月の日本政府の方針。
それを巡って国内では議論が続いています。

いったいどんな未来の社会をデッサンするのか。
風力や太陽光などの再生可能エネルギーは、社会に根付いていくのか?
供給が逼迫するとも言われる石油や天然ガスの未来は?
そして、新たなエネルギーとして注目されるシェールガスは救世主なのか?
この際、世界の様々な動きから電力・エネルギーについて考えたいと思い
シリーズを組みました。

再生可能エネルギーへの道筋を示すアメリカのエネルギー学者の
エイモリー・ロビンス氏を招いた特集番組を
11月2日(金)の夜にもBS1で放送する予定です。
こちらも合わせてご覧ください。

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:10 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2012年10月13日 (土)ご要望に感謝!「エリザベス女王即位60年」シリーズを再放送


先日の第6回「 もう一度見たい!」の投票で、多くのリクエストをいただいた
「ダイヤモンド・クイーン」と「女王と12人の首相たち」。
せっかくなので、シリーズ4作品をまとめて再放送することにしました。

女王の即位からの60年を「公務」「近代化」「メディアとの関係」という視点で描いた
BBC制作の「ダイヤモンド・クイーン」全3回は、貴重な資料映像満載。
この60年間の12人の首相たちと女王の関係を描いた作品も、
イギリスの現代史を如実に映し出しています。

みなさまからご好評をいただいたシリーズ、ぜひ、お見逃しなく!

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2012年10月06日 (土)いま再び、難民のことを思う


「国家は国民のためにある」という基本的な思想は、21世紀を経てもなお貫徹はしていない。一部の権力者、支配者の思うままに抑圧される人、内戦で分断され迫害される人。人為的に引かれた国境線の中に様々な民族が暮らす「国家」とは何なのか。生まれ故郷を逃れ暮らす難民のことを思いながら、考えてしまいます。
 

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2012年10月03日 (水)<難民映画祭>開催中!


第7回UNHCR難民映画祭が、先週末から東京都内の各所を会場に
開催されています。
今年は、「世界ドキュ」もこの映画祭と連動してシリーズ<さまよう難民>
放送することになりました。
今年の映画祭で上映される作品に加え、過去の難民映画祭の上映作品を
来週、4夜にわたって放送します。
合わせて、世界ドキュで国際共同制作した
「ラン フォー ライフ~セルビアのエチオピア人ランナー~」前後編
難民映画祭にて上映します!

世界各地で祖国を離れて生きる場所を求めざるを得ない多くの人びと。
その現実を、ドキュメンタリーやフィクション映画を通して描いた
秀作がたくさん並ぶこの映画祭では、トークイベントも企画されています。
「世界ドキュ」をご覧いただいている皆様にも興味を持っていただける
のではないかと思います。

↓ (NHKサイトを離れます)
http://unhcr.refugeefil/m.org/2012  

投稿者:OK2 | 投稿時間:16:14 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(1)