2012年8月11日

2012年08月11日 (土)「乾坤一擲」 "リビアの春"に賭けた人々


チュニジアを発端に始まる“アラブの春”は、
エジプトとリビアの長期政権を倒す事態となりました。
中でも異質な政治体制を敷いたカダフィ大佐が、その独裁体制を
終焉させるまでの舞台裏で、何が起きていたのか。

国際外交の舞台やリビア系の人々の動きから検証します。
“一度しかないチャンス”に賭けた人々の物語です。

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)