2011年04月08日 (金)チェルノブイリシリーズの放送について


みなさまからお問い合わせを多くいただいている「チェルノブイリ事故 25年」と「核廃棄物はどこへ」のシリーズについて、現段階の放送予定についてお知らせいたします。

このシリーズはチェルノブイリでの事故から25年目にあたる今年4月に放送することを目指し、半年以上前から準備を始めていました。チェルノブイリの今を取材したルポルタージュ、事故で知人を亡くしたディレクターによる鎮魂歌的なドキュメンタリー、核廃棄物の問題点を指摘した検証番組などです。

世界ドキュは、これまでも原発関連のドキュメンタリーは数多く放送してきました。微妙な論点に鋭く切り込み議論を呼んだ番組も多く、今回のシリーズもその延長線上にあるものです。

ところが東日本大震災が起き、BS1の放送スケジュールが大幅に変更となりました。そのため3月下旬に放送を予定していた国際共同制作を中心とする力作の放送が4月上旬にずれこんでしまいました。同時に、チェルノブイリと核廃棄物のシリーズ自体の制作も地震の影響や、その後の混乱のため遅れてしまいました。放送が延期になったのは、こうした事情が第一の理由です。

では、いつ放送するのか?難しい問題です。なるべく早く放送するべきなのか、状況が落ち着いてから放送するべきなのか、スタッフで議論を重ねました。原発の周辺地域から避難されている多くの人たちの今後は、まだ不透明です。このシリーズがそうした方々の心に更なる負担をおかけするのではないか。また、福島第一原発の状況が未だ流動的である以上、チェルノブイリをはじめとした世界各地の状況との比較や仕分けができるのかどうかと、さまざまな議論をしました。

その結果、現段階の判断として、チェルノブイリと核破棄物のシリーズは、5月に放送する方向で調整をしています。決まり次第、この番組ウェブでお知らせします。

投稿者:象さん | 投稿時間:09:00

コメント

待っていました!
でもBSでなく総合で初めにやっていただきたかったです。
こんな今だからこそ…

投稿日時:2011年05月07日 13:37 | 大吉

コメントの投稿