2018年10月19日 (金) シリーズ 鏡の中のトランプ


アメリカの中間選挙を前に、激しくなるメディアと政権の攻防。
そして、トランプ政権誕生の大きなうねりとなった白人至上主義の隠された内幕―――
分断が深まるアメリカの今を掘り下げる1週間です。

23(火)からは二夜連続で、
ニューヨーク・タイムズの“攻めの報道”密着ドキュメント。
“フェイク・ニュース”と罵られ、ときにはホワイトハウスの会見から締め出された“特ダネ記者”たちが、政権の“ウソ”を暴いてゆく、スリリングな展開が続きます。

25(木)は、トランプ大統領が“悪いやつら”と呼ぶ不法移民たち。
国境の北と南で、越境者たちの純朴な素顔を追いました。

26(金)は、アメリカや欧州で勢力を拡大する「オルト・ライト」の潜入スクープ。
白人至上主義者たちが密室で語る、権力奪取や“世界征服”の戦慄のビジョンとは!?

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:55

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿