2018年02月09日 (金)シリーズ テレビの署名記事


イギリス圏やアメリカの番組では、ときに番組進行役がストーリー展開の上で大きな役割を果たす演出を採用します。
“誰が、どんな目線で”を大事にする“顔出し”の極意を、シリーズで探ります。

27(火)は、
当番組にしばし登場するルイ・セローの流儀。
アメリカ社会の闇を、イギリス出身のジャーナリストは、どう切りとるのでしょう?

28(水)は、
新進気鋭の若手女性をリポーター役に立てて、体当たり取材で世界各地の“闇取引”の実態に迫った作品。
“新感覚の調査報道”として若い視聴者層へのリーチに成功した注目作です。

3/1(木)2(金)は2夜連続で、
映画監督のオリバー・ストーンが取材・制作指揮した大型インタビュー企画。
クレムリンの奥の院で、そして、モスクワ郊外の閉ざされた別荘地で・・・
“独裁者”とも呼ばれるプーチン大統領の素顔を、2年にわたって探りました。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00

コメント

医療用麻薬によって麻薬中毒になるという信じられないような現実に驚きます。また臓器売買の必要悪、インタビューする人の力量が顕著です。
最後のプーチン大統領へのインタビューはさすがに世界的監督だけのことはありますね。率直な意見が聞かれたのでしょう。今週のドキュメントが楽しみです。

投稿日時:2018年03月12日 13:49 | 匿名

コメントの投稿