2017年05月19日 (金)シリーズ 中東混迷 戦火の陰で


混迷を深める中東情勢を
様々な視点から描いた番組を放送します。

23日(22日深夜)は、
政府軍とロシアによる空爆が常態化していた
シリアの都市・アレッポで、
救出活動を行う市民グループに密着した作品。
“今世紀最悪の人道危機”の実態を記録します。

24日は、
冷酷な独裁者として世界にその名を馳せることになった
シリアのアサド大統領の真の姿を暴きます。

25日は、
過激派組織IS(イスラム国)掃討作戦を続ける有志連合の、
それぞれ異なる思惑を、複雑な国家間のパワーバランスから明らかにします。

26日の舞台は東西の十字路・トルコ。
“イスラム国”問題がクローズアップされる中、
影響力と独裁色を強めるエルドアン大統領の実像に迫ります。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00

コメント

ナレーションも無く、BGMも無く、淡々とアレッポに残る人々とその活躍を追う潔さ。そして結末に涙。これがドキュメンタリーであることに言葉を失う。
一般の人々が家族と普通に生活することもできないとは。自分はどうすれば良いか、考えても答えは出ない。

投稿日時:2017年05月31日 20:48 | **

新聞やテレビで知る中東情勢より詳しい内情を知り驚きました。多民族国家としての混乱や対立はなぜなのかと理解しがたいです。そして自分たちの利益のために考えられないような手段を取る政府関係者の利己的な態度にあきれるばかりです。
1回目の「アレッポ最後の男」のハレドさんの報いられなかった努力が悲しいかったです。笑顔の素敵な子供さんのその後はどうなったのでしょう。

投稿日時:2017年05月31日 13:48 | m.m.

コメントの投稿