2017年01月20日 (金)シリーズ 酉(とり)年に贈る"バード"なドキュメンタリー


“とり年”にちなみ、鳥にまつわる秀作をお届けします。

23日(月)は、
サンフランシスコのゴールデンゲート・ブリッジで保護された
飛べないペリカン「ジジ」が、支援団体によるリハビリを経て
再び空を目ざす物語。

24日(火)は、NYセントラルパークが舞台。
実は200種類以上もの野鳥が見られるこの公園で、
鳥たちの来訪を心待ちにしている人々の人生を見つめます。

25日(水)は、
“3歩で忘れる”どころか、鳥は非常に頭が良いことを
様々な実験で証明する驚きの科学番組。

26日(木)は、
アメリカ人なら誰でも知っている中国料理の定番
「ツォ将軍のチキン」のルーツを探る
グルメ歴史紀行をお送りします。

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:50

コメント

はじめまして。
鳥好きなので、オウムとカラスの賢さ比較を見てみたいと思っていました。同じくらいでしたね。。
カラスもストレスで毛引きするのは知りませんでした。

鳥にまつわる4作品全部おもしろかったです。
今後も楽しみにしております。

投稿日時:2017年02月14日 13:52 | 掛川裕彦ファン

どれも興味深く拝見しました。セントラルパークにあんなにたくさんの野鳥がいるなんて初めて知りました。羨ましいですね。最後の「将軍のチキンをさがして」が面白かったです。そういえば昔旅したアメリカの田舎にはどこでも中華料理店があったような気がします。

投稿日時:2017年02月04日 13:30 | 匿名

コメントの投稿