2016年07月29日 (金)発掘アジアドキュメンタリー


NHKとの国際共同制作で、
アジアの若手ドキュメンタリストたちが制作した番組を放送します。

2日(火)は、
結納金と引き換えに、望まない相手との結婚を強いられる
アフガニスタンの少女が、ラップ音楽で自分の感情を表現し、
夢を求める姿を追います。

3日(水)は、
フィリピン南部でマグロやカジキを
テグス1本で釣り上げる漁師たちに密着した作品。

4日(木)は、
自由な恋愛結婚がタブーとされるインドで、
愛する人と結ばれることを望むカップルを支援する
NGOの活動を見つめます。

5日(金)は、
インドの女性たちをナプキン製造を通して
支援しようと活動する、ある男性の驚きの物語を再放送します。

投稿者:マンタ | 投稿時間:16:50

コメント

兄の結婚のために結納金目当ての結婚を強いられるソニータさん、でもラップをやっていたために追っていた番組スタッフのおかげで救われました。彼女は幸運だったのですね。アメリカでこれからの人生を切り開いていくことでしょう。
太平洋戦争で激戦地だったミンダナオ島のマグロ漁師の生活は過酷です。でもそれしか仕事がないというのですから仕方がないのでしょう。
インドの結婚事情には驚きました。IT産業でアメリカに次ぐ勢いだというのにカーストや宗教問題が結婚に暗い影を落としているようです。でも勇気をもって自分たちの意志を貫く人たちがこれを変えていくのでしょうね。

来週から再開される番組でいろいろ学ばせていただこうと楽しみにしています。

投稿日時:2016年08月19日 13:00 | 匿名

コメントの投稿