2016年05月13日 (金)シリーズ ライバルたちが時代をつくった


同時代に生まれ合わせた才能ある者同士が、
切磋琢磨することによって新たな地平を切り拓いた。
そんなライバルたちの物語を4本お送りします。

17日(火)は
コルセットから女性を解放したといわれるココ・シャネルと、
シャネルがその才能に嫉妬したと言われる天才デザイナー・
スキャパレリの、火花散る関係を描きます。

18日(水)は
数々の名作を世に送ったイタリアの映画監督、
ヴィスコンティとフェリーニ。
犬猿の仲だった二人の対照的な創作活動を追います。

19日(木)は
キューバ革命を率いたゲバラとカストロ。
革命後、二人の運命は大きく別れることになります。

20日(金)は
ダイアナ妃とエリザベス女王の、壮絶な嫁姑のバトルを描きます。

投稿者:マンタ | 投稿時間:16:50

コメント

どれも興味深く拝見しました。
シャネルは今でも有名ですがスキャパレリは名前も知りませんでした。
映画監督は私の青春時代の人です。映画が全盛期だった頃でしょうね。映画を愛した二人、それは一致していたようです。
カストロとゲバラ、名前だけは知っていたのですが二人の関係については初めて知りました。とても興味深かったです。
エリザベス女王とダイアナ妃に関しては色々憶測されていましたがより深く知ることができました。

投稿日時:2016年05月24日 13:42 | 匿名

コメントの投稿