2015年11月13日 (金)シリーズ 認知症


11月、NHKでは認知症に関する番組を数多く取り上げています。
BS世界のドキュメンタリーでは、海外で制作された番組を紹介します。
 
14日(土)は、
英BBCの名物ジャーナリストがアメリカの退職者が多く住む地を訪ね、
認知症患者とその家族が直面する現実を取材します。
 
15日(日)は
認知症となったホロコーストのサバイバーが語る過去の記憶と、
それに寄り添う娘の物語です。
 
放送時間はいずれも正午からになります。

投稿者:マンタ | 投稿時間:17:00

コメント

放送時間が違うので此処を見なければ見逃すところでした。老齢の身にとっては認知症は身近な問題です。自分が解らなくなったときでもやはり住み慣れたところで生涯を終えたいと思うのは身勝手でしょうね。
完備された施設でもやはり自宅へ帰りたいと願う男性、充分介護したから自分の人生を歩みたいと願う妻、それぞれの想いがよくわかります。
辛い人生を送ってきた女性が最後に娘の手厚い看護を受けて昔の話を伝える2話目はホッとするお話でした。最後までしっかりと歌っておられましたね。

投稿日時:2015年11月18日 13:23 | おつう

コメントの投稿