2013年07月22日 (月)アメリカの格差社会の深層が分かった!


いろいろな国際面や経済記事を読んでも分からないのが、アメリカの格差社会の様相。
NYでデモが行われていても、参加者がどんな状況に立たされているのか、
短い現場のインタビューではなかなか分かりません。
それが、このシリーズを見ると分かった気がしました。
麻薬撲滅作戦というものの背景に何があるか、アメリカ人監督が鋭く迫る。

そして、あれだけの世界的経済危機を起こして、
ウォール街の最高経営者たちは誰も刑事責任を取らされていないのはなぜか?
アメリカで大きな反響を呼んだ番組です。

投稿者:クマさん | 投稿時間:10:09

コメント

3夜見てクマさんの書かれている通りアメリカの格差社会の複雑さを知りました。麻薬撲滅の影にあるもの、住宅ローンのからくりなど驚くことばかりでした。いまだに跡を引く不況の元を起こしたウォール街の大物責任者が一人も刑事責任を問われていないというのは納得できません。

投稿日時:2013年07月28日 15:11 | おつう

金融危機を引き起こしたウォール街の重役たちの責任追及ができなかった、しようとしなかった検察、FBIなど政府当局者のひどさを垣間見させてもらいました。堤未果さんの貧困大国アメリカ・シリーズに書かれている状況ともつながりますね。ただ不満だったのは件の政府当局者たちが如何に金融界のロビイング、圧力を受けて癒着してしまったのかという背景までは描かれていなかったことでしょうか。

投稿日時:2013年07月25日 14:14 | しばいぬ

コメントの投稿