2013年07月13日 (土)"力の行使"後の傷を深く考えてしまう。


軍事力行使をすれば、レジーム・チェンジ(体制転換)はできるかもしれないが、
そこに生きている人々に“憎しみの連鎖”が止まらなくなる。
単独行動主義と言われたアメリカのブッシュ政権時代のことが、
今も関係国、国際社会に様々な問題を引き起こしていることを考えてしまいます。

「テロとの戦い」は、簡単には終わらないし、終わりがない、とも言われます。
その現場を秀作ドキュメンタリーでたどっていきます。

投稿者:クマさん | 投稿時間:00:05

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿