シリーズ解説

2018年06月22日 (金)世界のドキュメンタリー選


毎回、人気の歴史ドキュメントの再放送で、第一次世界大戦から第二次世界大戦に至るヨーロッパの激動期をたどります。

26(火)は、
1000人以上を乗せたイギリスの豪華客船ルシタニアが、ドイツのUボートによって撃沈された20世紀はじめの大事件の裏側に迫った作品。
「歴史のウソとマコト」路線の1本です。

27~28(水・木)は、
その第一次大戦で敗れたドイツが第二次世界大戦へと突き進んでいった軌跡を2夜連続で。
アーカイブ映像をカラー化する人気の手法で制作された「ヒトラー 権力掌握への道」です。

29(金)は、
ナチス・ドイツ崩壊のきっかけとなった、ご存知D-dayで展開されたスパイ大作戦の舞台裏。
こちらの原題にも、“History‘s Greatest Lies”(歴史の壮大な嘘)の売り文句が・・・

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2018年06月15日 (金)シリーズ アラブ社会のくすぶり


戦火が絶えない中東アラブ地域。
民族や宗教観の違いをめぐって“イスラムの民”の間では、怒りや困惑がくすぶり続けています。

19(火)は、
アラビア半島南端にあるイエメンの少年少女たちの戦記です。
死と隣り合わせの毎日を、小さな体いっぱいに受けとめている子どもたちの目線と、彼らが拾い集める大人たちの言葉が、心に響く作品です。

20(水)は、20歳の女性が主人公。
長編が劇場公開されている「ラジオ・コバニ」は、シリア内戦から立ち上がろうとする草の根の動きを見つめます。

21(木)は、クルド民族の心を探る旅。
原題は“No Friends but the Mountains”。
「山だけが友だ」という、その孤独な叫びに寄り添います。

22(金)は、
世界にセンセーションを巻き起こした、サウジアラビア人の女性詩人の物語。
ベールの下から届いた魂の声が圧巻です。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(1)

2018年06月08日 (金)世界のドキュメンタリー選


日本でもホットな社会問題となっている、パワハラ・セクハラの問題。
そのほか、「産み・育てる」ことや、「私たちの体と生き方」に焦点を当てた作品をラインアップします。

12(火)は新作で、
ハリウッドから世界へ広がった#MeToo運動、その震源となった事件を掘り下げます。
権力を持つ男たちによる女性へのハラスメント…日本も無縁ではないでしょう。

13(水)は、
赤ちゃんを親の好みにしちゃおうという「オーダーメイド・ベビー」。
最先端の医療の実態と是非論を、再放送でお届けします。

14(木)は、SFさながらの世界がすぐ近くに!?
体の中に様々なチップを埋め込む「私のまわりはサイボーグ」。
首をかしげたくなるような例もありますが、すべて驚きの実話です。

15(金)は、
肥満への悩みを抱える人が多いイギリスから、遺伝子の働きに注目した「どうして太るの?」。
つい食べ過ぎてしまうメカニズムなどを、ユーモアたっぷりの演出で解読。
こちらも再放送でお届けします。

お楽しみに!

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2018年06月01日 (金)シリーズ 神秘の人体


人体には、まだ多くの謎が隠されています。
先のNHKスペシャルでも、その神秘の数々を取り上げましたが、今回は、その“海外版”。
イギリスBBCをはじめ、世界各国の制作者が競うように発表している作品の中から選んだ4本です。

5(火)は、
いま世界中で急増する「近視」の問題にフォーカス。
中国、アメリカ、台湾、シンガポール・・・ほか、途上国でも驚きの事態が!?

6(水)7(木)は、BBC版の「人体の秘密」2本。
“ゆりかごから墓場まで”変化を続ける人間の脳と身体のメカニズム。
そして、極限状態に陥ったときのサバイバル能力について、斬新な映像表現で解き明かします。

8(金)は、脳の障害を負ったキャリアウーマンが主人公。脳の仕組みについては、特に謎が多く残されていますが、最先端治療がもたらしうる恩恵と、そのリスクを、患者目線で考えます。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2018年05月25日 (金)世界のドキュメンタリー選(5/30,31)


この週はスポーツ中継のため、2枠での放送となります。

30(水)は、「ヒョウ柄をめぐる攻防」。
野生のヒョウの毛皮を狙う密猟の被害を減らしたいと、“意外な一手”を思いついたレンジャーの物語を、アフリカを舞台に描きます。

31(木)は一転、白銀の世界に生きる動物たちが、画面の中で躍動します。
「北極圏からの一葉」は、究極の一瞬をとらえようという動物写真家の旅の記録です。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2018年05月18日 (金)世界のドキュメンタリー選


医療の世界をめぐる、北欧発の調査報道と、ヒューマンストーリーを、再放送でお届けします。

22(火)からは3夜連続で「カリスマ医師の隠された真実」。
世界初の人工気管移植手術に成功し、“名医”として脚光を浴びた人物の栄光と転落の軌跡を3話構成で描きます。
各話をつなぐ“クリフハンガー”=物語を“宙吊りのまま”中断して、次話へ“つづく”とする手法、にも注目です。

25(金)は一転、
医療の原点を実践したいと、妻と2人でアフリカに乗り込んだスウェーデンの壮年医師の物語「反骨の外科医」。
手塚治虫さんの「ブラックジャック」を思い起こさせるような、壮絶なリアリティーに満ちあふれた作品です。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2018年05月11日 (金)シリーズ 素顔のイギリス王室


19(土)に、ロンドン郊外のウィンザー城で行われるロイヤル・ウェディング。
BS1でも式典の生中継を行う予定ですが、「世界のドキュメンタリー」では、それに先立って、イギリス王室史の現在と過去を横断しながら、王室の人々の素顔を紹介する4作品をお届けします。

15(火)は、主役の2人にフォーカス。
“やんちゃ坊主”として国民に人気のハリー王子と、アメリカ出身で“新世代の女性のロールモデル”候補と期待されるメーガン・マークルさんが、“アツ~く”馴れ初めから今後の抱負まで語ります。

16(水)は、
「こんなエリザベス女王の表情を見たことがあっただろうか?」と思わせる作品。
王冠の重みも、イギリス王室の“格式へのこだわり”も、ずしりと伝わってきます。

17(木)は、
BSプレミアムで放送中の人気ドラマ「クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮‐決断‐」の実話版です。
スコットランド女王のメアリーと、イングランド女王のエリザベス1世ーーー同時代に生きた2人の女王の“血の争い”を、美しい映像で描きます。

18(金)は、先ごろ第3子を出産したキャサリン妃。
“世界のファッションリーダー”として注目を集め続ける彼女のワードローブの秘密・・・女性陣、必見!の作品です。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(4)

2018年05月04日 (金)世界のドキュメンタリー選


「もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー」でリクエストを多く頂きながら、ラインアップからは漏れてしまった4つの作品を、“続編”としてお届けします。

8(火)は、
マッターホルンで活動する山岳救助隊の24時間に密着した「魔の山のコードブルー」。
日本の山でも、まだ雪が残るこの時期、遭難のニュースを目にしがちですが、テレビドラマを超える迫力ある映像は、ヨーロッパアルプスからの教訓に満ちています。

9(水)も白銀の世界から。
氷がとけ始めている南極で、観測基地の移動に挑んだイギリス隊の物語です。
前代未聞の試みは、思わぬ結末に!?

10(木)は一転、
“中国のゴッホ”と呼ばれる複製画の名人が、本物の芸術と出会い、生き方を見つめなおす日々に密着。
ヨーロッパの街角で目にする土産品を量産する中国の“複製画村”にもビックリ!

11(金)は、
イギリスの15歳の少年が、「表現の自由って何?」という問いを抱えて、世界を旅するロードムービー。
フェイクニュースやソーシャルメディアの“世論操作”、そして個人情報保護が問われるいま、少年の素直な問いかけが、より社会に響くような・・・

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2018年04月27日 (金)第17回 もう一度見たい!世界のドキュメンタリー


お待たせしました!
「第17回 もう一度見たい!世界のドキュメンタリー」。
今年1月から3月末日まで、視聴者の皆さんに投票を募ったアンコール作を、お届けします。

5/1(火)は、
圧倒的多数のリクエストを受けた「カリスマ指揮者への道」。
若き異才たちがコンクールで繰り広げる闘いに、音楽への新しい扉が開かれるように感じた方も多かったようです。

2(水)は、「カラーでよみがえるアメリカ」。
シリーズの5本ともに人気でしたが、そのなかでは「1920年代」がトップ。得票数で続く「1930年代」と「1950年代」は、この週の午後5時台に放送します。

3(木)は、
戌年の今年のはじめに放送した「犬の秘められた力」。
ペット愛好家でなくても楽しめる、人間の“ベスト・パートナー”の驚異の能力…圧巻の映像も魅力です。

4(金)は、一転、
人間の“暗い一面”に光を当てようという作品。
実在のサイコパスが“顔出し”で出演する「猟奇的犯人の素顔」。
背筋が少し寒くなる、という反響もありました。

投票いただいた皆様、ありがとうございました。
推していただいた作品があれば幸いですが、なかったとしても、ぜひ、今回のラインアップをお楽しみください。


投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(2)

2018年04月20日 (金)シリーズ ヒトラー 新たな虚像と実像


ナチス・ドイツを率いたアドルフ・ヒトラー。
死後70年以上たった今も、その人物像や、第三帝国の隠された真実が、人々の興味をかきたてているようです。
欧米各国で発表された新たな史実や仮説の中から、選りすぐりの4作品をご紹介します。

24(火)は、
ヒトラーの“狂気”の陰に麻薬があったのではないか?との新説を紹介。
主治医の記録と、薬物中毒に陥っていく過程が恐ろしいようにシンクロしていきます。

25(水)26(木)は
2夜連続で、“死の部隊”と呼ばれたナチスの武装親衛隊の実像に迫ります。
民間人に対する容赦ない虐殺の数々…記録映像をカラー化し、平和な日常と極限の蛮行の溝を浮きぼりにします。

27(金)は、
総統閣下のために作られた専用列車をめぐる、ナチス秘話。
動く参謀本部であり、避難所でもあった世界最先端の“鋼鉄の野獣”とは? 
鉄道ファンならずとも、見応えのある1本です。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(6)