シリーズ解説

2017年12月15日 (金)シリーズ ぬくもりの赤い糸


寒い年の瀬に、ほっと心が温まる物語・・・
家族や友達、大切な人に会いたくなる4つの作品をお届けします。

19(火)は、
大空港の到着ゲートにカメラをすえて、
別離の後の再会の瞬間を見守るドキュメンタリー。
大勢の人々が行き交う旅と人生の交差点で、愛情と絆が交錯します。

20(水)は、
自宅アパートが、シリア内戦の前線地帯となった
アレッポの一家の物語。
年少の妹が迫撃砲の音を聞き分け、
遊びのなかにも戦闘状況が投影されている切ない日常から、
4人の姉・兄らと新天地へ向かう旅路が始まります。

21(木)は、民族音楽の演奏が圧巻。
タジキスタンで「国の宝」と言われていた“パパ”が
絶大な権力で仕切る一家の、赤い糸で結ばれた
愛憎あふれる家族関係を描きます。

22(金)は、
ジャマイカのボブスレーチームを題材にした映画
「クール・ランニング」を思い起こさせる実話です。
スウェーデンで“厄介者”扱いされていた
ソマリア難民が主人公となる、夢物語のような挑戦とは?

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:02 | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月09日 (土)世界のドキュメンタリー選


その死後70年以上たってなお、その名が人々の口に上り、
その思想が現代社会に波紋を投げかけ続けるナチス・ドイツの指導者
アドフル・ヒトラーにまつわる4作品を、再放送でまとめます。

12(火)は、
その著書「わが闘争」の再出版をめぐる騒動をドイツから。

13(水)は、
数々の暗殺計画を生き延びた強運ぶりに、
フランスの制作陣が再現ドラマで肉迫。

14(木)は、ベルリンの地下壕で
自殺に追い込まれるまでの過程を目撃した人々の、生々しい証言録。

15(金)は、ご存知ノルマンディー上陸作戦を、
新たな映像技術で徹底的に見せます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月01日 (金)シリーズ カラーでよみがえるアメリカ


見て知っているつもりだったアメリカ、
そして、20世紀の超大国の歩みが、
あなたの目の前で鮮やかに展開ーーー

アメリカの首都ワシントンにある
スミソニアン博物館の系列テレビ局が仕掛けた大プロジェクトを、
5日間にわたってお伝えします。

第一次大戦後に始まった自動車の大量生産・・・
女性の社会進出や、ジャズ音楽の誕生・・・
大恐慌、そして真珠湾攻撃と第二次世界大戦・・・
ベビーブームとプレスリー、ロックンロール・・・
人種差別との闘い、そして宇宙への夢・・・

1920年代から1960年代まで、
莫大な記録フィルムを選りすぐって10年ごとにまとめ、
アメリカの国家像と市民の暮らしを
走馬灯のように描き出していきます。

投稿者:icy18 | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(1)

2017年11月24日 (金)世界のドキュメンタリー選


BS世界のドキュメンタリー選をお届けします。

28(火)は、
ロシアのプーチン大統領が、クレムリンの主となり、
その権力基盤を固めていく時期にまつわる、数々の疑惑について追った
2016年放送の番組のアンコール再放送です。

29(水)は、
プーチンの政敵とみなされてシベリアの収容所送りとなった
ロシアの石油王に焦点を当てた作品。
塀の中の表情も追いながら、民主化要求と独裁政治への抵抗を、
釈放後も続けます。

30(木)~12/1(金)は、
原題「All Governments Lie」。

いま世界各国が直面する
国家権力とメディアの問題に一石を投じる作品を、
2夜連続でお届けします。
権力を監視する記者魂の原点とは?


投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2017年11月20日 (月)シリーズ 芸術の極みへ


巷の会話に「芸術の秋」
という言葉をよく耳にする季節。
飽くなき探究心や、アートの真価を問おうとする、
若き音楽家や熟練の写真家が輝く瞬間を、
4つの番組でとらえます。

21(火)は、
ゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクールの最終選考に密着。
与えられた30分の時間の中、どのように音楽を表現するのか・・・
指揮者によって、同じハイドンの曲が、
こうも異なって聴こえてくるのか、驚きです。

22(水)は、
若きバイオリニストとして各国をツアーしながら、
高級ブランドのモデルとしても引っ張りだこの
英国人チャーリー・シエムの素顔をお伝えします。
派手で、ときに内省的で、自信と不安が入り混じる私生活・・・
女性ファンをとりこにする秘訣とは?

23(木)は、
巨大なサメやシャチを至近距離で撮影した作品で知られる
アモス・ナクームが主人公です。
半世紀ちかく野生動物に接してきた彼の果たせぬ夢は、
ホッキョクグマの泳ぐ姿を水中から撮影すること。
「奇跡の一枚」を求める北極圏への旅を追います。

24(金)は、知る人ぞ知る世界の複製画の拠点、
中国南部の大芬村に暮らす1人の絵師のドキュメント。
ゴッホのコピーでは右に出る者なし、とされる男が、
本物との出会いを求めてオランダへ・・・
ところが、自分が手がけた複製画は路上で二束三文で売られ、
美術館で対面した「真の絵画」が発する磁力に圧倒され・・・
さて、男はどのように
「自分自身にとっての芸術」を見つけるのでしょう?

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(1)

2017年11月03日 (金)シリーズ 大地の異変の中で


この週6(月)から、温暖化対策の国連の会議
「COP23」がドイツで始まります。
世界各地の人々の暮らしに深刻な影響を与えている
大地の異変の最前線を4回シリーズでお伝えします。

7(火)~8(水)は2夜連続で、
レオナルド・ディカプリオが取材・出演・ナレーション、
そしてマーティン・スコセッシが製作総指揮という
豪華キャストのドキュメンタリー大作を放送。
幼い頃の地球環境への思い出も織り交ぜながら、
国連のメッセンジャーとして世界を駆け回った
ハリウッドスターの2年間の足跡です。

9(木)は、
ケニアの農民がビデオカメラを借りて記録した、
凄まじい天変地異の現実と、
それに立ち向かおうとする村人たちの姿。
ノルウェーの取材班と友情を育みながら、
国際政治の場へアフリカの大地からのメッセージを届けます。

10(金)の舞台は、南米ボリビアのアンデス山脈へ。
“世界一標高が高い”スキー場から雪が消えゆく・・・
山守の老人サムエルの暮らしにも危機が及びます。
高地の乾いた空気を映像美で切りとり、
気候変動を肌で感じている人々の姿を静かに描きます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(2)

2017年10月27日 (金)シリーズ テレビ界の新しい風


行き詰まり感もただようテレビ番組の
新たな可能性を探りたいと、思い切った演出や、
斬新な手法を試みる作品をラインアップ!

31(火)はイスラエルから。
テロ事件の陰で、無実の人が集団になぶり殺しにされていた真実を、
監視カメラ映像と、目撃者の証言を積み重ねる手法で
浮かび上がらせた作品。通称“クロサワ方式”、必見です。

11/1(水)は、
1980年代の“第一次抵抗運動”さなかのパレスチナが舞台。
クレイアニメや再現ドラマ、
マンガを駆使する新様式の歴史ドキュメント。
暮らしの自立のために18頭の乳牛を手に入れた町の人々が、
イスラエル当局と喜劇さながらの攻防を続けます。

2(木)は、
冬のフィンランドの街に、文字通り裸一貫で飛び出した
ディレクターによる自分探しの自撮り番組。
1日1個だけ自分の持ち物を倉庫から回収するという1年間の実験。
幸せとは何か?・・・劇場公開で話題を呼んだ作品のテレビ版です。

3(金)は、
イギリスの15歳の少年が「表現の自由とは?なぜ大事なのか?」
と素朴な疑問を抱いて始めたロードムービー。
各国で権力と戦う人々を巻き込む5年間の撮影中、
世界中で次々と、表現の自由が脅かされる状況が広がっていきました。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(1)

2017年10月20日 (金)シリーズ 男子の本懐


困難や逆境にめげず、
信念を抱いて男らしい生き様を追求する人々の素顔に密着した
3つの新作をお届けします。

24(火)は、
ロシアの服役囚による「赤いカリーナ・音楽コンテスト」。
罪を悔い、人生のリセットを自作の歌やギター演奏にこめる男たち。
塀の外から支援に訪れる女性音楽家の指導を受け、
圧巻のステージへとつなげます。

25(水)は、エチオピアの僻地で、
村人の治療にあたるスウェーデン医師の物語。
満足な医療器具がない土地で、見たこともない症状が続々・・・
まるで“ブラックジャック”のような施術から、
医療の原点が見えてきます。

26(木)は、
野生のヒョウの保護活動に苦戦する
南アフリカの青年が主人公。
密猟の陰に、ズールー族の新興宗教があおる
“毛皮信仰”があることを突き止めた彼は、
“フェイクファー大国”の中国へ飛びます。
その秘策とは? 計画は成功するのでしょうか?
 
27(金)は、去年8月に放送した作品の再放送です。
フィリピンの青年漁師が、
1本のテグスで巨大魚を追う伝統漁法の腕を磨きながら、
大海原に乗り出します。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(1)

2017年10月13日 (金)第16回もう一度見たい!世界のドキュメンタリー


視聴者の方々に投票を募り、
最も得票が多かった4つの作品をアンコール再放送。
SNSで話題になった作品が多く揃いました。

17(火)は、アンケートで第1位。
ダウン症の息子を持つ女優のサリーが、
出生前診断や中絶が広がるイギリス社会に体当たり取材。
明るく前向きな実体験をもとに、
“多様性が否定される社会”に警鐘を鳴らします。

18(水)は、
人気シリーズ「ライバル対決!」から第2位にランクイン。
発明王エジソンVS天才テスラ。
交流か直流か…電気の覇権をかけたスリリングな攻防です。

19(木)は、思わず笑えるコマーシャルが満載。
共産主義の大国で花開いた、夢あふれる広告の仕掛け人の物語。
実在しない商品も宣伝し、ソビエト連邦の国民を魅了した例も。

20(金)は、第4位。
海を漂うプラスチック廃棄物のほとんどが、
どこかに消え失せてしまう、という謎に迫ります。
海底深くに蓄積される小さな粒がもたらす環境への危機とは!?

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)

2017年10月06日 (金)シリーズ "もしも"の近未来


近い将来、SFのような世界が現実になるかもしれません。
先端技術や、知られざる仮想未来の研究についてご紹介します。

10(火)は、
科学の各分野の一線で活躍する専門家が、
宇宙人が地球にやって来たときの対応について真剣に議論します。
シミュレーション型ドキュメンタリーで描く、
知的生命体への対応策とは?

11(水)は、
チップを身体の中に埋めこんだり、
新型の義手や義足をつけて、特殊な能力を手に入れた
実在の人々の物語。
人間とサイボーグの境目はどこなのか考えます。

12(木)は、進歩を続ける生殖医療がテーマ。
“理想の赤ちゃん”を、親の好みで作り出すことができる時代・・・
倫理と技術のバランスを考えます。

13(金)は、
犯罪捜査に劇的な変化をもたらしてきたDNA鑑定について。
世界各国の捜査現場での実績や最新状況を検証。
個人の遺伝子情報のビックデータ化のリスクや盲点にも目を向けます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | 固定リンク | コメント(0)