2018年01月19日 (金)シリーズ 銀世界でのチャレンジ


ピョンチャンオリンピックへと熱気が高まるウインタースポーツ。
雪深い斜面から、南極大陸まで、人間の新たな可能性に挑む人々もーー。
白銀の世界で繰り広げられる挑戦の物語をつむぎます。

23(火)は、
冬のオリンピックの花形競技の昔と今を徹底比較。
トップ選手がかつての装備で、世界記録に挑みます。

24(水)は、
スキー・エアリアルで、“女子では初”の大技に挑むリディア・ラッシラ選手に密着。
母親アスリートの飽くなき闘争心を圧巻の映像で!

25(木)は、
ヨーロッパ・アルプスの“空飛ぶ救急救命隊”。
ヒットしたドラマよりも“迫真”で“スリリング”な実話です。

26(金)は、
世界初・南極の観測基地の移動プロジェクト。
本国イギリスで話題を集めた作品です。
氷の亀裂の脅威が迫るなか、隊員たちの運命やいかに? 
前代未聞の挑戦に密着します。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2018年01月12日 (金)シリーズ 音をつむぐ


年のはじめに、耳を澄ませて味わって下さい。
「音」にまつわるドキュメンタリーの秀作を、アンコール放送でお届けします。

16(火)は、
その名も「サウンドハンター」たちの驚きの創作活動について。
私たちの暮らしのまわりにあふれる多様な音から、どんな音楽が産みだされるのでしょうか?

17(水)は、
盲目のフルート奏者と、彼女を助ける最新技術の物語。

18(木)は、
若手音楽家たちが、名器を借り受けるために競争する「楽器バンク」が舞台。

19(金)は、
クラシック音楽界最大のミステリー。
「バッハの代表作を作曲したのは、実は妻だった!?」 事の真実を探ります。


投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2018年01月01日 (月) シリーズ "ドッグ"な物語


2018年は“戌年”。
年の初めに、「人類最良のパートナー=Man’sBest Friend」とも呼ばれる犬についての、4つのストーリーをお送りします。

9(火)は、
“愛犬家大国”イギリスで制作される数多くの犬のドキュメンタリー番組の中から選んだ1本。
最新の科学的な知見も満載、犬好きにはたまらない50分です。

10(水)の原題は「Ice Dogs=氷の犬」。
ブリザードにも負けない、強靭な身体能力を持つ犬が駆ける世界をゆきます。

11(木)は、ペット界にも押し寄せるクローン技術の動きについて。
愛犬を失いたくない・・・切実な飼い主たちの声とは。

12(金)は、一転、
人間のご都合主義が飼い犬に及ぼしている過酷な現実を、米国ロサンゼルスで探ります。
大都会の片隅で、荒れた社会の底辺を漂流する犬たちの悲痛の叫びが聞こえてきます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:23:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2018年01月01日 (月)「もう一度見たい!」投票受付開始しました


いつも、BS世界のドキュメンタリーをご覧いただき、
ありがとうございます。

番組HPでは、
「第17回 もう一度見たい! 世界のドキュメンタリー」の
投票受付を開始いたしました!

見逃した番組、
もう一度じっくり見たい番組がありましたら、
どうぞご投票ください。

投票結果をふまえたラインナップを
2018年4月以降(予定)に放送します。

ページ上部のバナー
『もう一度見たい!世界のドキュメンタリー 投票受付中』
をクリックして、投票ページへお進みください。
対象番組や、番組内容もご覧いただけます。
(おひとり5番組まで、投票できます)


みなさまのご投票を
番組スタッフ一同、心よりお待ちしております!

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:00:03 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(1)

2017年12月25日 (月)ドキュランドへようこそ!「みんなのための資本論」


BS世界のドキュメンタリーで放送し、視聴者の皆様から好評を得た番組をEテレで放送します。

1/4(木)は、日本でも大ブームとなったピケティ「21世紀の資本」に先駆けて、アメリカの経済学者が格差拡大に警鐘を鳴らした作品。
労働長官もつとめたロバート・ライシュによる白熱教室が、いまの経済システムの矛盾を鋭く突きます。

Eテレ・1/4(木)夜10時~
「ドキュランドへ ようこそ!」を、ぜひご覧下さい!

詳細はこちらをご覧ください ↓

http://www4.nhk.or.jp/P4471/

 

 

 

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:03 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(2)

2017年12月22日 (金)元日は 人気作品を13本一挙再放送!


元旦の午前0時(大晦日深夜)から11時50分まで、
これまで放送した中で人気の高かった13作品を一挙再放送します。


●1日(大晦日深夜)午前0時~5時50分
「サージェント・ペパー ~ビートルズの音楽革命~」
「豪華客船ルシタニア沈没の真実」     
「息子が語る“母ダイアナ”」     
「ユーラ ごみ捨て場の少女」     
「 チェルノブイリ“鋼鉄シェルター・プロジェクト”のすべて」
「100歳から始まる人生」     
「ニューヨーク“駅食”革命」

●1日午前6時~11時50分
「喜劇王対決 チャップリンVSキートン」
「ナチスのファースト・レディー」
「鷲とライオン ヒトラーVSチャーチル」(前編)
「鷲とライオン ヒトラーVSチャーチル」(後編)
「アフター・ヒトラー(前)」
「アフター・ヒトラー(後)」

2018年もBS世界のドキュメンタリーをお楽しみください!

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:55 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月22日 (金)受賞作アンコール


番組でご紹介した作品の数々が、
今年も世界各国のコンクールで栄冠に輝きました。
うち4つの作品をまとめて再放送します。

26(火)は「難民村の郵便配達夫」。
4月の初回放送時に
「ドキュメンタリーには台本があるのか?
下手な芝居より饒舌で、最後の主人公の決心が胸に響いた」
との反響が寄せられました。
黒海沿岸の国々で共催するブルガス国際映画祭で最優秀賞に。

27(水)は、
あのサンダンス映画祭のドキュメンタリー・コンペ部門で
審査員大賞に選ばれた「アレッポ 最後の男」。
内戦の最前線で戦う男たちに密着した映像は圧巻です。

28(木)は、
“死の海”と呼ばれるほど難民の溺死が相次ぐ地中海から。
救助船の24時間に密着し、モンテカルロ・テレビ祭の赤十字賞に輝きました。

29(金)は、
権威ある国際エミー賞を受賞した「サウジアラビアUNCOVERED」。
報道規制が厳しい王国で、どうやってこんなシーンを撮っていったのか・・・
世界の制作者も驚きをもって見つめた作品です。

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:54 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月22日 (金)「世界の大都市 魅惑の屋上ライフ」一挙再放送!


世界中から観光客が集まる有名都市の、
知られざる“屋上ライフ”を伝える異色の紀行番組を一挙再放送いたします。

23日(土)午前5時~
舞台はパリ。
歴史的な美しい街並みの上で育つ「美味しいもの」など、粋なパリジャンの暮らしを紹介します。

23日(土)午前6時~
ガウディの奇抜な建物が並ぶバルセロナの屋上迷宮を旅します。

23日(土)午前7時~
近代都市の象徴であるニューヨークの摩天楼の上にある意外なものとは・・・。
あなたの知らないニューヨークです。

24日(日)午前6時~
タンゴやグラフィティなど自由なパフォーマンスの楽園、ブエノスアイレスの魅力をたっぷり紹介します。

24日(日)午前7時~
東京の屋上に息づく伝統文化の素晴らしさを堪能します。

投稿者:かめこ | 投稿時間:16:50 | カテゴリ:スタッフブログ | 固定リンク | コメント(0)

2017年12月15日 (金)シリーズ ぬくもりの赤い糸


寒い年の瀬に、ほっと心が温まる物語・・・
家族や友達、大切な人に会いたくなる4つの作品をお届けします。

19(火)は、
大空港の到着ゲートにカメラをすえて、
別離の後の再会の瞬間を見守るドキュメンタリー。
大勢の人々が行き交う旅と人生の交差点で、愛情と絆が交錯します。

20(水)は、
自宅アパートが、シリア内戦の前線地帯となった
アレッポの一家の物語。
年少の妹が迫撃砲の音を聞き分け、
遊びのなかにも戦闘状況が投影されている切ない日常から、
4人の姉・兄らと新天地へ向かう旅路が始まります。

21(木)は、民族音楽の演奏が圧巻。
タジキスタンで「国の宝」と言われていた“パパ”が
絶大な権力で仕切る一家の、赤い糸で結ばれた
愛憎あふれる家族関係を描きます。

22(金)は、
ジャマイカのボブスレーチームを題材にした映画
「クール・ランニング」を思い起こさせる実話です。
スウェーデンで“厄介者”扱いされていた
ソマリア難民が主人公となる、夢物語のような挑戦とは?

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:02 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(1)

2017年12月09日 (土)世界のドキュメンタリー選


その死後70年以上たってなお、その名が人々の口に上り、
その思想が現代社会に波紋を投げかけ続けるナチス・ドイツの指導者
アドフル・ヒトラーにまつわる4作品を、再放送でまとめます。

12(火)は、
その著書「わが闘争」の再出版をめぐる騒動をドイツから。

13(水)は、
数々の暗殺計画を生き延びた強運ぶりに、
フランスの制作陣が再現ドラマで肉迫。

14(木)は、ベルリンの地下壕で
自殺に追い込まれるまでの過程を目撃した人々の、生々しい証言録。

15(金)は、ご存知ノルマンディー上陸作戦を、
新たな映像技術で徹底的に見せます。

投稿者:かめこ | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:シリーズ解説 | 固定リンク | コメント(0)