2016.3.16

「九度山・真田ミュージアム」がオープン

      

   NHKの大河ドラマ「真田丸」で注目の集まる戦国武将・真田幸村こと信繁とゆかりの深い 九度山町に真田ミュージアムが完成し、3月13日、
   オープニングセレモニーが行われました。
   「真田丸」の主人公幸村は、徳川家康らと戦う「大坂の陣」を前に、10年あまりにわたって九度山町で暮らしていました。
   町ではこの機会に、幸村の足跡を伝え町の活性化に結びつけようと「九度山・真田ミュージアム」を建設しました。
   セレモニーにはおよそ70人が参加して、幸村の義理の父となる大谷吉継役を務める、俳優の片岡愛之助さんらがテープカットを行いました。


      

      真田ミュージアムは、武家屋敷をイメージした600平方メートルほどの白壁の鉄骨造りの平屋建てで、九度山で過ごした時代や、
      幸村の戦いぶり、幸村に仕えたとされる真田十勇士の伝説などを映像や手紙で紹介しています。
      また大河ドラマの出演者の写真やサイン、撮影に使われた衣装なども展示しています。
      片岡愛之助さんは「このミュージアムには、ドラマでは描かれていない歴史の裏側なども紹介されていてすごく楽しめます。
      ぜひたくさんの方に訪れてほしい」と話していました。

2016.3.4

「NHK和歌山放送局開局80周年記念展」開催

      
 
      

NHK和歌山放送局では、「NHK和歌山放送局開局80周年記念展〜ありがとう・これからも〜」を、和歌山県民文化会館で3月2日〜7日まで開催しています。
本展では、和歌山放送局の「あゆみ」や「NHKわかやまカレンダー・フォトコンテスト」の入賞作品の他、今年の大河ドラマ「真田丸」のパネルなどを展示しています。

2016.3.2

「真田丸」列車が運行を開始


      

NHKの大河ドラマ、「真田丸」のラッピング列車の運行がJR和歌山線で始まり、橋本市の駅で出発式が行われました。
この列車は、大河ドラマ「真田丸」の放送に合わせて、JR西日本が走らせるもので、車体には、堺雅人さんが演じる主人公、真田幸村こと信繁の写真などがあしらわれています。

      

3月1日はJR和歌山線の橋本駅で出発式が行われ、地元の自治体の関係者などがテープカットを行って列車の運行開始を祝いました。
そして、駅を出発した列車が、真田家ゆかりの九度山町に近い高野口駅に着くと、大勢の地元の人たちから温かい出迎えを受けていました。

2016.1.25

NHK大河ドラマ「真田丸」パネル展




NHK大河ドラマ「真田丸」パネル展が、道の駅『柿の郷くどやま』体験・研修施設にて開催中です。
これは九度山・真田ミュージアムの開館に向けたプレオープン企画として、真田信繁(幸村)の生涯を描くNHK大河ドラマのストーリーを紹介しています。
・開催期間:1月24(日)〜3月10日(木)
・開催場所:道の駅『柿の郷くどやま』体験・研修施設

2016.1.12

わかまる「成人式」に出席!!(九度山町)

詳しくはこちら

2016.1.12

2016年大河ドラマ『真田丸』、「松」役の木村佳乃さんが、和歌山県九度山町でぶっつけ本番の旅をします。

2016.1.12

いよいよ1月10日(日) 大河ドラマ『真田丸』がスタートします!!

2016年313 日(日)
[総合] 午後8時00分〜 [BSプレミアム] 午後6時00分〜
2016年319 日(土)再放送
[総合] 午後1時05分〜

※放送予定は急きょ変更になる場合があります。ご了承ください。


第10回 「妙手」

北条と徳川との突然の和睦に、真田家はとまどっていた。信繁(堺雅人)と信幸(大泉洋)は浜松城に乗り込み家康(内野聖陽)とじか談判。真田のために新たに城を造るよう要求する。しかし、家康は真田にとって大切な沼田領を北条に渡せと言い出す。一方、梅(黒木華)から嬉しい知らせを聞いた信繁は奮起。真田家の苦境を打開するため、一度は裏切った上杉景勝(遠藤憲一)の心を動かそうと、単身で春日山城に向かう。

詳しくはこちら


2016.1.12

ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯 大河ドラマ真田丸スペシャル

2016年大河ドラマ「真田丸」ゆかりの地で、「ブラタモリ」と「鶴瓶の家族に乾杯」、2つの番組がコラボします。タモリさんと笑福亭鶴瓶さん2人が旅をするのは、真田家の本拠地である長野県上田市。旅には、大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁(幸村)を演じる堺雅人さんが同行します。同じ日、同じ時間に、上田市で、タモリさんは、ブラタモリ流に町の歴史・地形にこだわった旅をし、鶴瓶さんは、家族に乾杯流に土地柄・人柄にこだわった旅をします。それぞれの旅を通して、大河ドラマ「真田丸」ゆかりの場所・上田を浮き彫りにします。

出演 : タモリ、笑福亭鶴瓶、堺雅人、小野文惠アナウンサー、桑子真帆アナウンサー
ナレーション : 草g剛、久米明


詳しくはこちら

2015.12.22

“和歌山の真田丸”な人たちを紹介する『私の真田丸』始まる

『私の真田丸』
和歌山から真田丸!大河ドラマ「真田丸」の主人公である真田信繁(幸村)は、「日本一の兵」とも呼ばれ、数々の伝説とともに人々に愛されてきました。
「雌伏」「弱者の兵法」…など、その生きざまに憧れ、また、自らの「志」として奮闘する“和歌山の真田丸”な人たちを紹介します。


放送部編   3月9日(水) 午後2:49〜2:50【総合】(和歌山県域)


ボクサー編  3月10日(木) 午後1:50〜1:51【総合】(和歌山県域)


花火師編   3月8日(火) 午後2:49〜2:50【総合】(和歌山県域)




2015.12.2

2016年大河ドラマ『真田丸』メインポスタービジュアルが完成!

2016年大河ドラマ『真田丸』のメインポスタービジュアルが完成しました。

コンセプトは、
「ニッポンに赤い風を吹かせよう!」

アートディレクターは水口克夫さん。フォトグラファー瀧本幹也さん、コピーライター太田恵美さんと、日本のトップクリエーターが集結。鎧(赤備え)を身にまとった主人公・真田信繁(幸村)を演じる堺雅人さんの凛とした姿と、その背後で、たなびく“赤い”旗が戦国を駆け抜けた風を感じさせます。

キャッチコピーは、
「今だって、愛と勇気の旗をかかげていいんだ。」

家族愛にあふれ、冒険を好んだ戦国ヒーロー・真田信繁(幸村)の生き方を表現すると同時に、いまを生きる人々へ、“前に進もう!”というメッセージになっています。

このポスターは、12月中旬から日本全国の真田ゆかりの地やNHK各放送局などで掲出予定です。


【アートディレクター・水口克夫氏のコメント】
プロジェクトが始まった9月初旬、具体的なビジュアルイメージもないまま屋敷プロデューサーたちが待つロケ地・上田市へ打ち合わせに向かった。上田市街が見渡せる真田の里で堺さんと長澤さんの撮影を見学していると、爽やかな初秋の風が吹き抜けた。−−−戦国の世を風のように駆け抜けた真田信繁(幸村)。三谷幸喜×堺雅人コンビで描かれる信繁像は、きっといまの日本に勇気の風を送ってくれるだろう。そんな思いをポスターに定着しました。

詳しくはこちら









2015.11.25

「花燃ゆ」から「真田丸」へ バトンタッチ

バトンタッチセレモニーでは、プレゼント交換が恒例行事。
今年も、ドラマゆかりの地にちなんだ品が交換されました。「花燃ゆ」の井上さんから「真田丸」の堺さんへ送られたプレゼントは、「シルクのストール」。
群馬県が開発した「ぐんま200」という蚕から作られた生糸で、繊細に織り上げられた逸品です。堺さんは「年末のロケでみんなで首に巻いて、結束を高めたいと思います」とジョークを交えながらお礼を言いました。堺さんから井上さんへ送られたのは、真っ赤な「信州特産のリンゴ」。
真田家といえば、赤い甲冑が有名。同じく燃えるような赤い皮に包まれたピカピカのリンゴを笑顔で受け取りました。
残りの「花燃ゆ」の放送を「見どころがたっぷり」と自信を見せた井上さん。最後までどうぞ、お見逃しなく!
また、「真田丸」は、2016年1月10日(日)から放送スタート! こちらにも、ぜひご期待ください。
詳しくはこちら

2015.11.11

「真田丸」コーナーを設置!

平成28年度のNHK大河ドラマ「真田丸」を盛り上げようと、和歌山局でもコーナーを設置しました。ドラマの紹介や県下の様々な取り組みなどを紹介していきます!

2015.9.24

「真田丸」出演者を新たに発表!

24日、東京・渋谷のNHK放送センターでは、来年放送のNHKの大河ドラマ「真田丸」で豊臣家側の登場人物を演じる出演者9人が新たに発表され、信繁役の堺雅人さんも出席して記者会見が開かれました。
このうち、秀吉最愛の側室、茶々役は大河ドラマ初出演となる竹内結子さんが演じることになりました。また秀吉の正室、北政所役を鈴木京香さん、豊臣家に絶対的な忠誠を誓う石田三成役を山本耕史さん、そして茶人、千利休役は桂文枝さんが演じることになりました。
会見では、茶々役の竹内さんが「これまでさまざまな方が茶々を演じていて、そこに加えていただけることをとても光栄に感じます」と話しました。 また、大河ドラマ初出演となる桂文枝さんは、「私も千利休と同じ大阪の堺出身で、ぴったりちゃうかなと思っています。史実では秀吉に自害を命じられますが、私は一生懸命生き抜いて歴史を変えたいと思います」と冗談を交えながら抱負を語りました。
大河ドラマ「真田丸」は、今月1日からすでに撮影が始まっていて、2016年1月10日(日)から1年間放送されます。
詳しくはこちら

2015.9.7

幸村の特別列車を運行へ

 

NHKの大河ドラマ「真田丸」が来年放送されるのを前に、南海電鉄ではことし11月から九度山町を走る高野線で幸村をイメージした特別列車を運行することになりました。
列車は幸村の赤い甲冑をイメージして車体や座席を赤にするほか、真田家の家紋である六文銭や結び雁金をあしらいます。 南海電鉄では「幸村をイメージした特別列車に乗って大坂の陣で活躍した日本一のつわもの、真田ゆかりの地に足を運んでもらいたい」と話しています。
特別列車は、南海電鉄高野線の大阪・難波駅と高野町の極楽橋駅の間で、11月からおよそ1年間運行される予定です。

2015.7.10

「真田丸」出演者発表!

10日、新たな出演者21人が発表され、すでに主役の真田信繁役が決まっている堺雅人さんも出席して会見が開かれました。
このうち、信繁最大の宿敵・徳川家康役を内野聖陽さん、信繁の兄・真田信幸役を大泉洋さん、信繁の父・真田昌幸役を草刈正雄さんが演じることになりました。
撮影はことし9月から始まる予定です。


詳しくはこちら








2015.4.22

「真田丸」の推進協議会設立

 

大河ドラマ「真田丸」の放送を観光客の呼び込みにつなげようと、和歌山県は地元の自治体や観光協会などと協議会を設立し、この日県庁で初めての会合を開きました。
協議会では、放送に合わせてパンフレットやホームページなどを作るほか、ゆかりの寺や住居跡などを巡るツアーを実施したり、物産展を開いたりするなど観光キャンペーンに取り組む予定です。

2015.4.21

高野町で大河ドラマ「真田丸」の撮影!

戦国武将、真田幸村の生涯を描く大河ドラマ「真田丸」が来年放送されるのを前に、4月21日、高野町で町の風景などの撮影が行われました。
真田幸村は「大阪冬の陣」などで豊臣方について奮闘したことで知られ、この戦いの前の10年あまりにわたって九度山町で隠棲生活を送るなど、和歌山県とゆかりの深い戦国武将です。
この日はNHKの撮影担当者が、高野山「奥之院」参道の入り口近くにある寺で、高さ10メートルほどもある満開の桜を丁寧に撮影していました。このほかにも夕焼けや雲海などを撮影する予定となっています。


・平成28年 大河ドラマ「真田丸」
・作:三谷幸喜  主演:堺雅人
・平成28年1月〜12月 放送予定


♦ 関連サイト ♦

» NHK大河ドラマ『真田丸』  ホームページへ

» NHKドラマ  ホームページへ

» NHK長野放送局  大河ドラマ「真田丸」ご当地サイト へ

» NHK前橋放送局  大河ドラマ「真田丸」ご当地サイト へ

» NHK大阪放送局  大河ドラマ「真田丸」ご当地サイト へ

▲ ページの先頭へ