旬の達人 旬の食材

平成20年9月18日(木)放送 クリ

  今回は、これからが旬のクリをご紹介します。


種類と選び方

クリ

<クリの種類と特徴>
秋の食材といえば、クリは欠かせませんね。各地で、クリ拾いなども始まっていますが、ちょうど今から来月中旬ごろまでが旬です。

クリは、全国で栽培されていますが、最も広く栽培されているのは「筑波」(つくば)という品種です。香りが高く、粒が大きいのが特徴で、日持ちもするため、加工品としても使われます。このほかにも、クリにはさまざまな種類があります。

一部をご紹介すると・・・「丹沢」(たんざわ)、「銀寄」(ぎんよせ)、「石鎚」(いしづち)、「利平」(りへい)、「国見」(くにみ)、「岸根」(がんね)、「伊吹」(いぶき)・・・。

クリにもたくさんの種類があるのですね。
クリは、昔から、貴重な栄養源として、特に水田の少ない山間部で重宝されてきました。歴史が長く、深くその土地に根付いた食べ物であったため、土地や人名にちなんだ名前が多いのではないかとも言われています。

<選び方のコツ>
目安として、次の3つが挙げられます。
皮に張りとツヤがあるもの。
手に持って重いもの。(水分が含まれていて新鮮な証拠です。)
ふっくらとしているもの。(中身がつまっていておいしいでしょう。)



おいしい食べ方 レシピ

  お手軽モンブラン
お手軽モンブラン<材料> (4人前)
【クリーム】
@クリ(皮付き)  500g  A生クリーム  70g   B砂糖  大さじ2
C塩  大さじ1       Dラム酒  小さじ1   Eココアパウダー  小さじ1/2

【生地】
@市販のホットケーキ用の粉 100g   Aバター 20g   
B卵 1個       C砂糖 60g     D牛乳 60cc

作り方

 クリーム作り
@ クリが全部つかるくらいたっぷり水を入れ、塩を入れる。

A 30〜40分ゆでる(一晩水につけていた場合)。

B クリの実をとりだし、フードプロセッサーで細かくする。

C 砂糖、香り付けにラム酒、ココアパウダーを入れる。

D 生クリームを加え、全体にしっとりするまで混ぜる。

 生地作り
E 常温に溶かしたバターに卵を加え混ぜる。

F Eに、砂糖と牛乳、市販のホットケーキ用の粉を加え、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

G カップに注いで、ラップをし、鉄板に水を張ったレンジで、およそ3〜4分ほど蒸す。

H 蒸しあがったケーキに、クリームを渦巻き状に絞り、最後にクリを乗せて完成。


ポイント

・クリは一晩水につけておくと、短時間でゆでることができます。
・フードプロセッサーがなければ、ザルなどで裏ごしをしてください。
・ココアパウダーを加えるとほんのりクリ色に仕上がります。


一言メモ

 <キャスターからの一言>
 市販のホットケーキの粉を使うことで簡単にモンブランができますよ。
 クリをたっぷり使ったクリームは、クリそのままの甘さと食感が残り、とてもぜいたくな一品です。
 この時期ならではのデザートをぜひお試しください。

Copyright NHK(Japan Broadcasting Corporation)All rights reserved.
許可なく転載することを禁じます。
一覧へもどる 和歌山放送局トップへ