おすすめ番組

※放送予定は変更になる場合があります。

※番組ホームページへのリンクはPCサイトに移動する場合があります。

9月 1日(土)

ウィークエンド関西
FM

午前7:30〜8:00

神々をまつる「熊野三山」へ至る参詣道「熊野古道」。夏にうってつけなのが“川の参詣道”です。紀伊山地から河口の新宮市を繋ぐ熊野川のことで、いま、歴史をたどる昔ながらの川下り体験が、外国人の心を掴んでいます。川の参詣道を起点に、時を超えて人々が行き交う街の姿を見つめます。
【旅人】坂田智恵子リポーター(NHK和歌山放送局)

9月 7日(金)

ごごナマ 助けて!きわめびと
「叱りたくないのに叱っちゃう…」
FM和歌山放送

午後1:06〜2:00

子供や家族にガミガミとうるさく叱ってしまう…とお悩みのあなたに、叱らずにすむ方法を伝授!その極意は「ほめる」。それができないから困るのよ、という人はチェック!教育経論家・親野智可等さん流「ほめ方の極意」ほめれば人は変わる?

ラジオ防災講座
第6回「紀伊半島豪雨7年〜避難してもらうためには〜」
周波数はコチラ和歌山放送

午後6:00〜6:50

2011年9月の紀伊半島豪雨からことしで7年を迎えます。和歌山県内では60人の犠牲者を出す惨事となりましたが、このとき教訓の1つとして残されたのが「避難行動のあり方」でした。災害が発生する前に大雨警報、洪水警報、土砂災害警戒情報が出ていたにも関わらず、それらの情報は避難のきっかけにはなりませんでした。また、避難を試みようとしたときにはすでに浸水が始まっていて、結果的に逃げられなかった人が多数存在しました。今年7月の西日本豪雨でも課題となった避難行動のあり方や、どうしたら住民に避難してもらえるか、専門家の分析を交えながら話を進めます。
【ゲスト】
 城下英行さん(関西大学社会安全学部准教授)
【スタジオキャスター】
 泉清(FM TANABE)
 横林良純 (NHK和歌山放送局)

えぇトコ
FM

午後8:00〜8:40

熊野古道の終着点・熊野本宮大社のある田辺市本宮町。山深き里で暮らす達人たちを訪ねます。本宮大社近くの田んぼ、8月末既に稲刈りが始まっていました。台風に見舞われることが多く早めに収穫するそうです。米作り名人にまきと釜で炊いた新米を振る舞っていただきました。夜、タモを持ち川に向かう人が。ついていくと、そこには川エビ、そしてなんと巨大な天然ウナギも。熊野の自然をかけめぐる達人と共に、山の初秋を満喫します。

9月 14日(金)

おはよう関西
FM

午前7:45〜8:00

海の生き物を育むアマモの群生地を再生しようと和歌山県である実験が行われています。「バイオセメント」と呼ばれるブロックにアマモの種を植え、海底に沈めるというものです。環境への影響を抑えながらアマモの繁殖が出来ると期待されています。

ごごナマ
FM

午後2:05〜2:55

和歌山県紀の川市フルーツガーデンから、土肥ポンタが生中継!この秋、大注目の旬フルーツ、おいしい見分け方のコツは?「朝採りイチジク」のおいしさと健康の秘密とは?地元農家さんが教える “とっておきイチジク料理” が続々登場〜♪

9月 16日(日)

こころの時代
FM

午前5:00〜6:00

インドで生まれ、平安時代、空海によって日本にもたらされたマンダラ。それから1200年、日本では、従来の姿とは大きく異なるマンダラが次々と登場しました。自然を大きく扱ったものや、一頭の鹿が描かれたもの。そこにはどんな祈りが込められているのでしょうか。そして、現代に生まれた受精卵が中心に描かれた「生命誌マンダラ」。マンダラの持つ可能性はさらに広がっています。日本で独自の発展を遂げたマンダラの世界を読み解きます。

えぇトコ選
FM

午前7:45〜8:25

熊野古道の終着点・熊野本宮大社のある田辺市本宮町。山深き里で暮らす達人たちを訪ねます。本宮大社近くの田んぼ、8月末既に稲刈りが始まっていました。台風に見舞われることが多く早めに収穫するそうです。米作り名人にまきと釜で炊いた新米を振る舞っていただきました。夜、タモを持ち川に向かう人が。付いていくついていくと、そこには川エビ、そしてなんと巨大な天然ウナギも。熊野の自然を駆け巡る達人と共に、山の初秋を満喫します。

9月 21日(金)

えぇトコ
FM

午後8:00〜8:40

夏の観光シーズンが過ぎた秋こそ白浜が面白い!海の達人は、小さな船から糸を垂らし、めったに取れない高級魚メイチダイを狙います。川の達人は、日置川の秘密の場所で1キロもあるという巨大ウナギを狙います。にぎわいの夏が過ぎ、実りの秋を迎える白浜。地元の人だけが知る本当の白浜と出会います。

▲ ページの先頭へ