NHK和歌山 守るプロジェクト

挑戦!NHK 防災サバイバル (平成29年度)

災害への備えや避難の際に役立つ知識を楽しみながら身につけようというNHKのイベント「挑戦!NHK防災サバイバル」。

今回は、12月5日(火)、7日(木)、8日(金)の3日間、田辺市の紀南文化会館で開催され、県内10校の小学生の皆さん合わせて312人が参加しました。

参加者の皆さんには、60分の制限時間内で「実際に行動してみよう」「新しい情報に敏感になろう」をテーマに、様々なゲーム形式のミッションをクリアしながら防災について考えてもらいました。

 

 



美浜町立和田小学校のみなさん

美浜町立和田小学校


湯浅町立田栖川小学校のみなさん

湯浅町立田栖川小学校


有田市立宮原小学校のみなさん

有田市立宮原小学校

有田市立宮原小学校


串本町立潮岬小学校のみなさん

串本町立潮岬小学校


田辺市立田辺第三小学校のみなさん

田辺市立田辺第三小学校

田辺市立田辺第三小学校


田辺市立秋津川小学校のみなさん

田辺市立秋津川小学校


串本町立西向小学校のみなさん

串本町立西向小学校


田辺市立芳養小学校のみなさん

田辺市立芳養小学校

田辺市立芳養小学校


日高川町立山野小学校のみなさん

日高川町立山野小学校


田辺市立会津小学校のみなさん

田辺市立会津小学校

田辺市立会津小学校

田辺市立会津小学校


●参加した小学生のみなさんの感想(一部)

・はじめて知ったことや、体験したことがたくさんあってすごく勉強になった。
・一人だとわからない問題(ミッション)もあったけど、チームで協力してできたからよかった。
・家に帰ったら、今日学んだことを家族に話したり、逃げる場所やそのルートについて話し合いたいと思った。
・防災についての話を聞くだけでなく、実際に行動することで避難する自信がついた。
・地震が発生したときに自分がいる場所を考えたり、周りの状況を見て行動したりすることが大切だと思った。


●参加した先生の感想(一部)

・60分という制限時間の中で、しっかりと防災について経験させることができた。学校ではここまで場の設営、準備はできない。振り返りの場もあり、知識として学ぶことができた。
・体験だけでなく、体験内容の意義や効果を確認してもらえたので、子供たちの防災に対する意識を高めることができた。
・仲間と協力し、知恵を出し合って活動する楽しさを経験させることができてよかった。
・防災について学ぶだけでなく、子供たちの持っている判断力や行動力、協調性等についても見ることができてよかった。



NHK和歌山放送局では、南海トラフの巨大地震などの災害に備えて、犠牲者ゼロを目指す「守る」プロジェクトを進めており、今後もこのような防災のイベントを実施していく予定です。