NHK和歌山 守るプロジェクト

ラジオ防災講座

「守る 和歌山大学防災講座」の後継番組として、平成27年4月から和歌山県内のコミュニティFMとNHK和歌山放送局が、防災と地域おこしに関する番組を共同で制作し放送しています。

【放送予定】

ラジオ防災講座 第5回 「災害時の外国人支援」
8月4日(金) 午後6:00〜6:50  【FM/和歌山県域】
災害時に県内で暮らす外国人を支えるために出来ることとは。阪神・淡路大震災後に外国人被災者支援のために誕生した、神戸市の「FMわぃわぃ」理事の日比野純一さんを「FMはしもと」のスタジオに迎えて考えます。
【スタジオゲスト】
 日比野純一さん(インターネット放送局「FMわぃわぃ」理事)
【電話インタビューゲスト】
 阿部裕美さん(元「陸前高田災害FM」パーソナリティ)
【スタジオキャスター】
 向井景子さん(FMはしもと)
 今城和久(NHK和歌山放送局)

【これまでの放送】

ラジオ防災講座 第4回 「ジオパークに学ぶ災害史」
7月7日(金) 午後6:00〜6:50  【FM/和歌山県域】
和歌山の独特な地形に学ぶ、過去の災害の歴史と教訓とは。
地震学者で、日本ジオパーク委員会・委員長の尾池和夫さんをゲストに迎えて考える。
【スタジオゲスト】
 尾池和夫さん(日本ジオパーク委員会・委員長、元京都大学総長)
【インタビューゲスト】
 江種信之さん(和歌山大学災害科学教育研究センター・副センター長)
【スタジオキャスター】
 宇和千夏さん(エフエムワカヤマ)
 今城和久(NHK和歌山放送局)

ラジオ防災講座 第3回 「災害時の呼びかけ」
6月2日(金) 午後6:00〜6:50  【FM/和歌山県域】
災害が発生した際に迅速な避難行動を促す効果的な呼びかけとは?
防災心理学が専門で、災害報道に関する研究も続ける、京都大学防災研究所教授の矢守克也さんをゲストに迎えて考えます。
【スタジオゲスト】
 矢守克也さん(京都大学防災研究所教授)
【スタジオキャスター】
 宇和千夏さん(エフエムワカヤマ)
 今城和久(NHK和歌山放送局)

ラジオ防災講座 第2回 「防災教育の今」
5月12日(金) 午後6:00〜6:50  【FM/和歌山県域】
自ら考案した防災学習グッズを用い防災教育を続ける、名古屋大学減災連携研究センター長の福和伸夫教授をFM TANABEのスタジオに迎え、田辺市立新庄中学校の「新庄地質学」の紹介を交えて、防災教育について考えます。
【スタジオゲスト】
 福和伸夫さん(名古屋大学減災連携研究センター・センター長)
【スタジオキャスター】
 洞周作さん(FM TANABE)
 今城和久(NHK和歌山放送局)

ラジオ防災講座 第1回 「避難生活に備える」
4月7日(金) 午後6:00〜6:50  【FM/和歌山県域】
新年度第1回のテーマは「避難生活に備える」。南海トラフの大地震で最大45万人が避難生活をおくると想定される和歌山県。その時に備えて何ができるか。熊本地震の避難生活で見えた課題や対策をもとに、各地の被災地を訪ねてきた上富田町の防災士、幾島浩恵さんをゲストに迎えて考える。
【スタジオゲスト】
 幾島浩恵さん(防災士・上富田町在住)
【スタジオキャスター】
 志賀和美さん(FMビーチステーション)
 今城和久(NHK和歌山放送局)
【インタビューゲスト】
 竹内裕希子さん(熊本大学大学院先端科学研究部准教授)

▲ ページの先頭へ