メニューを開く メニューを閉じる

BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY

●イベント・コンテスト概要
NHK和歌山放送局では、来年2月4日(土)に「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」を開催します。 ふだんから使えていざという時に役立つ“防災デザイン”を提案するファッションショー、「BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY」。みなさまからご応募いただいた444点のデザイン案から選ばれた作品を“BOSAI FASHION”として発表し、デザインと機能性を両立させた新しい防災のカタチを提案します。

●BOSAI FASHIONとは?
近い将来起きるとされる南海トラフの巨大地震とそれに伴う巨大津波。 最悪の場合、和歌山県では最大19メートルの津波がおしよせ、 26万棟の建物が全半壊し、県民の半数近くの44万人が避難を余儀なくされると想定されています(※和歌山県想定より)。 家や身の回りのものを失ったとしても、人間の身体を最も近くで守ってくれるものは服です。 しかし、一般に「災害時に役立つ服」と聞いたとき、一番に思い浮かぶのは「カタイ・つまらない・おしゃれじゃない」そんなイメージではないでしょうか? そのイメージをとりはらい、ふだんから身につけることができて、いざという時に役に立つ服や、避難所で使うと沈んだ気持ちが少し和らぐようなファッション。 ―それがNHK和歌山の提案する「BOSAI FASHION」です!



イベントは大盛況のなか終了!
444点の応募から選ばれた9点のデザインを基に製作された作品が発表されました。

集合写真

イベントの様子は放送でお楽しみいただけます。
ぜひご覧ください!


紀の国スペシャル
BOSAI FASHION RUN-AWAY RUNWAY ~楽しくそなえて 楽しくおでかけ~
4月2日(日)午後1:50~2:33 
笑いあり、涙あり、感動のフィナーレあり。
 NHK和歌山が提案する新しい形の防災イベントが 和歌山市の和歌の浦アート・キューブで行われました。
 ふだんから使うことができ、いざというときに役に立つ防災ファッションショー。
 どれもおしゃれで防災機能が満載!! さまざまアイデアがたくさん詰まっています!
 楽しく災害に備えるためのショーの模様や舞台裏をたっぷりお届けします!
 【ゲスト】 篠原ともえ,太刀川瑛弼(デザイナー),牧紀男(京都大学防災研究所教授)
 【モデル】 本谷紗己
 【司 会】 今城和久(NHK和歌山放送局アナウンサー)


また。WAKA葉サポーターの皆さんにも、今回のイベントを見学・体験していただきました。
WAKA葉サポーターの活動記録はコチラから