梁瀬口バス停(かつらぎ町) 旅人:Shino 2014年6月9日(月)放送

今回は、緑に囲まれた、かつらぎ町の梁瀬口バス停を出発しましたヾ(@^▽^@)ノ

梁瀬口バス停

少し歩くと、ひらがなで「おとり」とかかれた看板を発見!

「おとり」って何? お店の人に聞いてみると…

「おとり」とは何かお店の人に聞いてみる

答えは、アユ。

アユの釣り方の1つ、「友釣り」で使うんだとか。

アユをおとりにして、アユを引っかけて、釣り上げるんだそうです

「おとり」のアユをみせてもらうことに…

「おとり」のアユを見せてもらう

いまは17cmくらいだけど、7月後半になると23~24cmくらいまで成長するらしい…

6月前半には、オス・メスの判別がはっきりとし、キュウリやスイカの香りがしてくるらしいのですσ(^◇^;)

「おとり」のアユを見せてもらう

本当かな? その頃になったら、確かめに来たいです

「おとり」のアユを見せてもらう

もともと、お父さんが釣りをやっていて、小さい頃から魚釣りに連れていかれて・・・、

自分もその魅力にはまってしまったそう。

「友釣りが一番面白いですね」って。

同じ魚で釣るのはアユの友釣りだけとか。

「いろんな人に助けてもらって、友が友を呼んでこのおとりを売らせてもらっています」とおっしゃっていましたヾ(@°▽°@)ノ

お友達とのステキなつながりが、この「おとり」販売につながっているのですね(゚∇^*)⌒☆

長い階段が続く道

歩いていると、長い階段にたどりつき、

子ども達の元気のいい声が聞こえたので行ってみると… そこは小学校。

小学校

子ども達がお昼休憩に、一輪車で遊んでいました(・。・)

一輪車で遊ぶ子供たち

先生にお話をうかがって、びっくり(;゜〇゜)

先生にお話をうかがってびっくり

これで全校児童らしいのです… その数、5人!

全校児童5人

子どもがいなくて、おととしは1年間休校、去年再開されたとか。

ちなみに一輪車は、「何か目標になるものを」ということで始めたそうです

一輪車で遊ぶ子供たち

そんな学校に、先生が感動したある出来事がありました。

それは・・・ 去年、「先生!」って呼ばれて、見てみると、

一輪車に乗った4人の児童が手をつないで、横一列にすっと進んできたのです。

みんなで乗れるようになったんですね~。

今度は、一輪車を始めてまだ2か月の1年生も入って、5人で挑戦です。

「できるはず!」と先生。さて…

5人で挑戦

できました! 先生も大喜びでした(*^o^*)

この日、和歌山は梅雨入りでした

この日、和歌山は梅雨入りとか。

雨が降ったり、やんだりする中、いろいろ探索しながら結構歩いたかな…?

気づけば、見晴らしのいい山の上へ☆

向かいの山に民家発見

と、向かいの山に民家発見(?_?)

あんな所に人が住んでいるんですか?それを確かめに向かいの山に登ることに。

向かいの山に登ることに

細く急な坂道を進むと…

向かいの山から見えたあの家がありました

ありました、家が…。

向かいの山から見えたあの家がありましたヾ(@°▽°@)ノ

花園池ノ窪地区

花園池ノ窪地区。

家が全部で4軒。1軒にひとりずつ、全員で4人暮らしているとか。

この日はひとりお出掛けで、残りの3人にお話をうかがいました。

花園池ノ窪地区のみなさんにお話をうかがいました

「この人やいしょ、テレビによう出てるのは!」って、わびたびを見てくれているお母さんもいました。

花園池ノ窪地区のみなさんにお話をうかがいました

お父さんによれば…姫3人に、殿ひとり、とか。

山を下って、病院に行く時も、殿が車で連れていってくれるそうです。

花園池ノ窪地区のみなさんにお話をうかがいました

「トマトひとつできても、うちにあるから食べるか?ってくれるし、そこらにも植えとるけど、もろて食べる方が多い」と、なんだかうれしそう☆

お互いに支えあう、家族のようなつながりで、うらやましく感じました☆

住めば都…本当にそうですねヽ(^。^)ノ

大きな恐竜を発見

小雨がパラつく中を、さらに歩くと、大きな恐竜を発見☆

大きな恐竜を発見

「あの上に乗りたいな」なんて思っちゃった

旧・花園村の恐竜ランド

旧・花園村の恐竜ランド。

平成4年に村営として誕生、年間10万人以上が訪れたこともあるとか。

平成17年に民営化したそうです。

中にもまだ20体くらいありますよ、とのことなので、案内してもらいました(*^^)/

恐竜ランドを案内してもらいました

安全のためにヘルメットをかぶって、いざ洞窟の中へ突入

元は、銅の採掘場だったんですって!

恐竜ランドを案内してもらいました

いきなり、大きな恐竜の足の骨が! 模型だそうですが・・・

足でこの大きさって、恐竜はいったいどれほど大きかったのだろう (/'ロ')/

いきなり現れる恐竜にもびっくり

いきなり現れる恐竜にびっくり

いきなり現れる恐竜にもびっくり

赤ちゃんの恐竜、小さくてかわいくて、これなら家で飼ってみたくなりました。

赤ちゃんの恐竜

さらに、大きな鏡の前では…

赤ちゃんの恐竜

鬼の姿に変わる自身の姿にびっくり、これは私の心の鬼ではないですよね?

鬼の姿

これは、何か新しいことをしようと考え、6年前に「極楽洞」を新たにオープンしたそうです(・。・)

お願いしておきました

私は、やっぱり、「天国がいい、極楽浄土の天国で」…ちゃんとお願いしておきました

お願いしていける所ではないですよね?

日頃の行いを清く正しくしなければだめですよね

日頃の行ないを清く正しくしなければだめですよね~☆

恐竜ランド

そんなこんなで梁瀬口バス停の旅は無事終了

人口の少ない町でしたが、愛がいっぱいつまった町で、ハラハラドキドキさせてくれた町でしたv(=∩_∩=)

また、遊びに行きたいです(^0-)V

※クリックするとNHKサイトを離れます

ページトップへ

これまでのわびたび

麻生津小学校(紀の川市)
旅人:わんだーらんど
1月16日(月)放送
野上八幡宮(紀美野町)
旅人:Shino
12月26日(月)放送
かえる大橋(印南町)
旅人:わんだーらんど
12月19日(月)放送
秋津野ガルテン(田辺市)
旅人:Shino
12月12日(月)放送

旅人

わんだーらんど

わんだーらんど

和歌山住みます芸人として、県内のメディアやイベントで活動中。

2人とも和歌山生まれの和歌山育ち。
谷坂俊輔(右)は紀美野町出身、東岸誠(左)は美浜町出身。

県立向陽高校で、同級生だったことがきっかけでコンビを結成する。
和歌山県を、明るく楽しく元気に盛り上げるため奮闘中!

【コメント】

187cmのダテメガネです(谷坂)
ギャグや漫才、モノマネよりも釣りが得意です!(東岸)

Shino

Shino

和歌山をこよなく愛し、歌い続けるポップロックバンド「Shino+」のボーカルとして活動中

生まれも育ちも和歌山県印南町…かえるの国

明るい性格で、おばあちゃんおじいちゃん好き

時には、子どもの歌のお姉さんとして愛され、アニソンや童謡なども歌っています。

【コメント】

情熱の薔薇の色、赤が好きです
Shinoを町で見かけたら気軽に声をかけてくださいね