藤並駅(有田川町) 旅人:Shino 2014年5月26日(月)放送

今回は有田川町の藤並駅を訪ねましたヾ(@°▽°@)ノ

藤並駅

駅前には、事前にロケ予定をテレビで知ったお母さんたちが待ってくれていました(・o・)

テレビで見てくれたお母さんたち

「有田と言えば、みかんですが・・・」とたずねると、こちらのお二人もみかん農家。

こちらのお二人はみかん農家

一方、こちらのお母さんは愛媛から嫁いでこられたとか。ライバル・愛媛県の出身!

愛媛から嫁いでこられたお母さん

ここで禁断の質問。「和歌山と愛媛のみかん、どちらがおいしいですか?」

お答えはもちろん、「和歌山」。ありがとうございます。

和歌山のみかんを実家に送っているそうで、「おいしい」って好評のようですヾ(@^▽^@)ノ

やっぱり、有田のみかんは日本一☆

さて、旅の開始。

はじめに駅の観光案内所で聞いてみると・・・

駅の観光案内所で聞いてみると

「今は、田口川砂防公園でほたるがたくさん飛びますよ…」と教えてくださいました。

田口川砂防公園に向かうと、あちこちに「田口ホタル劇場」というのぼりが!(・_・ゞ-☆

田口ホタル劇場

きれいな川が流れるその近くで作業されている人たちが・・・。

作業されている人たち

のぼりを立てたり、白いラインを引いたり・・・。

作業されている人たち

10年前から、ホタルの飼育を手がけている地元ボランティアのみなさんです。

初めは6匹しか飛ばなかったが、今は1000匹以上も飛ぶようになったらしい…スゴイですね。

作業されている人たち

「のぼりの“ホタル劇場”って、どこかのお芝居みたいでしょ…。

でも本当に劇場になるんです。ほたるの乱舞する時間がだいたい決まっていて、

一斉に光りだすんです。自然になんですけどね…」と

なんだかうれしそうヾ(@°▽°@)ノ

ホタルの乱舞

金粉をまぶしたように光っていて、まるでイルミネーションのようでした。

まるでイルミネーションのよう

今年は6月2日ごろまでが見頃とか。どんな劇場になるのかなぁ! 楽しみにしています。

作業されていた皆さんと
有田川を見渡して

有田川を見渡しながら、橋を渡って…次の出会いを探しました。

1本の巨大な松の木

1本の巨大な松の木を発見したので、向かってみると…。

そこは西光寺というお寺。お坊さんにお話をうかがいました。

西光寺のお坊さん

高さ約15m、推定樹齢350年というこの松。2年に1回、樹木医さんに来てもらい、マツクイムシ用の薬を地面に打ち込んでもらうなど、有田川町の誇りになるように世話をしているそうです。

町指定の天然記念物です。

町指定の天然記念物

20年前までは、境内の、この松の近くで盆踊りを行っていたそうです。

地元の人たちの楽しい思い出とか。

地元の人たちの楽しい思い出

その後、枝が横に張り出してきたので、今では盆踊りはできなくなったそうですが、

この立派な松を見に、たくさんの人が来てくれるので、

「縁を結んでくれるすばらしい松だ」とおっしゃっていました。

私もその松に魅了されて、行っちゃったというわけで…素敵なご縁をありがとう(゚∇^*)⌒☆

大きなハウスを発見

町を探索しながら、歩いていると、大きなハウスを発見。

外からのぞいてみると、赤い実がたくさんなっている!

作業されている人にお話をうかがうことに(・。・)

お話をうかがうことに

中に入ると、赤いさくらんぼがいっぱい☆

赤いさくらんぼがいっぱい
聞いてみると

和歌山でさくらんぼ!? 珍しくて、聞いてみると・・・

家がもともと農家で、さくらんぼ好きだったお父さん。

自分が食べたいからという理由でさくらんぼ作りを始めたとかσ(^◇^;)

お母さんによれば、「私と話すより、木と話す方が好き」なんですって!? 笑

もしかして、木にも1本1本名前がついているのでは? ←私の想像です

家族みんなでお仕事されています

ご夫婦に、息子さん・・・家族みんなでお仕事されている

あったかくて甘いさくらんぼのような家族だなって思いましたヾ(@^▽^@)ノ

さて、気になるお味は・・・ いただきまーす。

いただきまーす

甘くて、ジューシーヽ(^。^)ノ

有田川町のさくらんぼは、家族の愛がいっぱい詰まった果実でした♪

家族のみなさんと

ありがとうございました(^-^)

そんなこんなで藤並駅の旅は終了。今回も、新しい発見が多い旅でした。

藤並駅周辺まだまだ歩きたいな、もっともっと隠れた何かがありそうな予感がしましたv(^o^)

たくさんの出会いに感謝です☆

※クリックするとNHKサイトを離れます

ページトップへ

これまでのわびたび

麻生津小学校(紀の川市)
旅人:わんだーらんど
1月16日(月)放送
野上八幡宮(紀美野町)
旅人:Shino
12月26日(月)放送
かえる大橋(印南町)
旅人:わんだーらんど
12月19日(月)放送
秋津野ガルテン(田辺市)
旅人:Shino
12月12日(月)放送

旅人

わんだーらんど

わんだーらんど

和歌山住みます芸人として、県内のメディアやイベントで活動中。

2人とも和歌山生まれの和歌山育ち。
谷坂俊輔(右)は紀美野町出身、東岸誠(左)は美浜町出身。

県立向陽高校で、同級生だったことがきっかけでコンビを結成する。
和歌山県を、明るく楽しく元気に盛り上げるため奮闘中!

【コメント】

187cmのダテメガネです(谷坂)
ギャグや漫才、モノマネよりも釣りが得意です!(東岸)

Shino

Shino

和歌山をこよなく愛し、歌い続けるポップロックバンド「Shino+」のボーカルとして活動中

生まれも育ちも和歌山県印南町…かえるの国

明るい性格で、おばあちゃんおじいちゃん好き

時には、子どもの歌のお姉さんとして愛され、アニソンや童謡なども歌っています。

【コメント】

情熱の薔薇の色、赤が好きです
Shinoを町で見かけたら気軽に声をかけてくださいね