最近の放送レシピ

2018年11月7日 放送

冷やごはんでつくるきりたんぽ鍋

今回は、災害時でも作れる防災メニュー。停電になったときに、炊飯器に残って冷たくなったごはんを使って、きりたんぽをつくります。野菜もたくさんとれて体も温まるきりたんぽ鍋をご紹介します。

講師の紹介

さん

垣淵 浩子さん

田辺市出身

料理研究家、特に、野菜の普及活動に意欲を燃やす野菜ソムリエとして、新聞への寄稿、梅農家として梅の魅力伝道活動も手掛ける。各地で料理教室も開催し、手作りの良さをアピール。

趣味

・剣道 五段・焼きケーキ菓子の考案

ひとこと

「食べたもので人はできている」といいますが、食べたもので、健康になり、活力もわくのだと思います。
おいしいものがあふれている世の中ですが、手作りで家庭の味を楽しんでほしいです。

立野 眞生さん

立野 眞生さん

和歌山市出身

和歌山市中央卸売市場内の仲卸店の三代目。近年は、地元の生産者さんから直接仕入れる旬の新鮮野菜に力を入れています。野菜のプロとして向上すべく毎日が勉強の日々。私的には野菜ソムリエとしても活動中。

「WA食WA菜」では、旬の食材を紹介します。

ひとこと

和歌山は優れた食材の宝庫です。
その食材の向こう側には、それを作ったり守っている人達がいます。
そんな人達や取り組みも、食材と一緒にご紹介していきたいと思っています。
私自身、勉強と捉えて取り組みますのでどうぞよろしくお願いします!

山本 友理さん

山本 友理さん

和歌山市市出身

クッキングアドバイザー、調理師、栄養士、野菜ソムリエ。県内の料理教室の講師として活躍する3児の母。
子どもたちに食べることの大切さを教える活動にも力を入れています。 数々の料理コンテストで優勝の経験も。
現在は夢だったパン屋を和歌山市内にオープンし、各地で開催されているフードイベントに参加するなど、日々奮闘中!

ひとこと

おいしい料理のまわりには、笑顔がいっぱい!
料理には、人を幸せにできる力があります!
簡単で楽しいアイデア料理をご紹介し、たくさんの方に幸せをお届したいな~と思っております。