担当:坂本

2017   5   30   (火) 放送

演劇をもっと身近に

 
坂本

和歌山市に今年、結成10周年を迎えた劇団があります。
率いるのは和歌山市出身の劇作家。 記念公演を前に、より多くの人に演劇を楽しんでもらおうと稽古に励む様子を取材しました。

今年でちょうど結成10周年を迎える劇団「Fling Fish Sausage Club」
毎回、地方都市で暮らす人々の日常をテーマにした作品を上演しています。
今回のテーマは「服」。
服を着ることの意味を考える高校生が主人公です。

この劇団を率いているのは、和歌山市出身の劇作家、松永恭昭さんです。
戦前、甲子園で活躍したピッチャーの生涯を描いた作品をはじめ、数々の脚本を手がけ、全国的な脚本コンテストで入賞したこともあります。
この劇団をつくったきっかけは、ふるさと和歌山を拠点に演劇活動をしたいという思いでした。

今回の出演者は和歌山大学の学生や卒業生など5人、もともと全員松永さんの作品のファンでした。
役者の一人、藤乃るいさんは「いつか、松永さんの台本で出てみたいと思っていたのでうれしいです。張り切ってます。」と話していました。
松永さんは、台詞回しについてのアドバイス、さらに一人一人と話し合いそれぞれの演技の幅を広げていきます。

一方、予算の限られた地方劇団ゆえ、照明や音響、裏方の作業なども松永さん自ら担当します。
そんな松永さんに地元の人も協力しています。
和歌山市出身の舞台美術家・ステファニーさんは、セットの製作を手伝ったり、安く借りられる劇場を準備したりしています。
ステファニーさんは、「松永君が20代で立ち上げた劇団。東京や大阪で見て楽しいなって思っていたものが和歌山でも見られる。長続きできるように私たちも応援して行きたい。」といいます。

松永さんはこれからの劇団について
「和歌山の劇団じゃなくて日本の劇団になっていきましょうよ。ゆくゆくは世界にいけたらいいね。」
と夢を語ってくれました。
和歌山に演劇を楽しめる場所を作り、将来はもっと大きなステージへ。
最高の作品を作るための奮闘が続きます。

次回の公演「服を決められない乙女とオシャレ女王」は
今週末の6月3日(土)と4日(日)の午後7時半から 和歌山市の劇場「ゲキノバきたまち」で行われます。

私もお芝居を見るのが好きなので、和歌山の演劇がもっともっと広まるのが楽しみです。

このページのトップに戻る
担当:坂田

2017   5   23   (火) 放送

県消防学校初の女性教官

 
坂田

和歌山県消防学校に初の女性教官が誕生して1年。
現在どんな思いで指導にあたっているのか取材しました。

真剣なまなざしで訓練に励む学生の中で、たった一人女性の姿が松田由香里さんです。
松田さんは平成18年に消防士となった後、責任感や協調性が評価され、去年、県内消防学校初の女性教官に抜てきされました。

松田さんが救命士を目指したきっかけは、おばあちゃんが倒れた時優しく声をかけてくれた救急隊員の存在だったそうです。
その後、夢がかない消防士になったものの、訓練は厳しくて何度もくじけそうになったといいます。
松田さんは「自分がしんどいなと思った時教官からかけていただいた言葉で、学生時代の半年間を乗り越えられたので、私も学生の支えになれたらなというふうに感じています。」と話していました。

教官になって2年目を迎えた松田さんに大きな変化がありました。
1年目は主に先輩教官の補佐役として務めてきましたが、この春からは一人で指導する時間ができたのです。
更に、講義の内容も増え、学生に分かりやすく伝えようと毎朝1時間早く出勤し資料をまとめています。

この日は、ポンプを使った放水訓練の指導です。
決められた手順を守らないと大けがにつながりかねないため、掛け声など細かいところまで厳しく教えます。

体力を養うためのトレーニングでは、松田さんも学生と同じ8キロのホースを担いで走ります。
過酷な訓練のなか、松田さんは遅れた学生を励まします。
学生たちも、その心遣いに支えられているといいます。
学生「優しいんですけれども、叱ってくれるところは叱ってくれる、とても素晴らしい教官です。」
学生「優しい雰囲気というか、自分たちを癒やしてくれるような雰囲気があるのでとても落ち着きます。」

松田さんに教官を務めてきたからこそ感じる喜びがあります。
それは、初めての卒業生たちとの再会です。
学生たちとの会話が松田さんの励みになるといいます。

松田さん「学生たちと話をしていて、人のため和歌山県の皆さんのために頑張っているんだなって思うところが本当にうれしいところで、やりがいを感じます。
体力はいりますけど、やっぱりこの仕事は女性目線や考え方も非常に重要なんです。
皆さんの役に立つ消防士をより多く育てていきたいと思います。」

訓練中は厳しい松田さんですが、つらそうな学生を見つけては優しく声をかける心遣いが印象的でした。
また、松田さんは現在、2人のお子さんのお母さんでもあります。
教官として母として活躍している姿が同じ女性としてとても素敵だなと感じました。

このページのトップに戻る
担当:辻

2017   5   16   (火) 放送

全国優勝!小学生ボクサー

 
辻

和歌山市にこの春、小・中学生のボクシング全国大会で優勝した小学生がいます。 日頃のトレーニングの様子をご紹介します。

和歌山市にあるスポーツジムは、熱気でいっぱい!
サンドバックを打つ中学生の中に、ひときわ小柄な男の子がいました。

和歌山市内の小学6年生、武山十吏睦(とりむ)くん11歳です。
テレビで見たボクシングの試合をきっかけに、小学2年生から始めたといいます。

そして、この春開催された小・中学生のボクシング全国大会の34kg級で、見事優勝しました。
十吏睦くんは、最初小学生クラスでしたが、本人の希望で中学生の上級クラスへと移りました。

レベルの高い選手の姿を間近で見て、「『自分も上のクラスへ行くんだ』とずっと思っていました。今は、憧れていた先輩たちと同じ練習ができてうれしい。」と話します。

この日、ロープ登りのトレーニングを見せてもらいました。
先輩たちは足を使わず、腕・肩・腹筋を使ってスイスイと何度も登っていきます。

その姿に刺激を受け、十吏睦くんも必死にロープ登りに挑みます。
この練習では、相手の攻撃に耐えるための体幹を鍛えているそうです。
そんな十吏睦くんですが、負けが続き試合に出るのがつらかった時期があったといいます。

そのとき、十吏睦くんを支えたのが、父・泰寛さんでした。
「ボクシングはやめたくない、じゃあ自分の意思を貫け。負けてもいい。ただ、悔いが残らないように試合に挑め。お父さんは応援するから。」

「楽な気持ちでプレッシャー抱えやんでいいよって言ってくれて、また試合出るのが楽しくなってきて、やりたいなってなってきました。」
泰寛さんの言葉で、十吏睦くんに笑顔が戻ったといいます。

仲間に刺激を受け、家族に支えられ、日々練習を続ける十吏睦くん。
「夢はオリンピックに出て金メダルをとって、活躍することです。」

オリンピック金メダルという大きな夢に向かって、これからもがんばってください!

このページのトップに戻る
担当:坂本

2017   5   9   (火) 放送

ママたちが作る親子の広場

 
坂本

和歌山市内に子育てママたちが交流できる場があります。
そこで活躍するのが、自身も子育て中のママたち。育児しながらまた働きたい。
その第一歩として、この春から新しくボランティアスタッフを始めた女性を中心に、ママたちの取り組みを取材しました。

お母さんが子どもを連れて交流できる場所、「ドレミひろば」が和歌山市にあります。
年間一人200円で、誰でも利用することができます。
この広場、子育て中のお母さんたちを中心に作るNPOが、和歌山市から委託を受け開設。
年間およそ500組の親子が訪れます。

この広場はお母さんたちの交流の場というだけではないんです。
NPOでは、子どもを育てながら働くことも応援しています。
まずは、ボランティアスタッフとして無償で広場の運営に携わり、次は給料の支払われる有給スタッフに。
最後は、また企業に就職できるよう就労支援も行っています。
この仕組みは、NPO代表の上田茜さんが、自身の子育て経験の中で母親支援の必要性を感じて作りました。

(写真右 上田茜さん)

先月も、一人のお母さんがボランティアスタッフとしてデビューしました。
2歳の娘がいる森下早千子さんです。
出産をきっかけに保育士の仕事を辞めましたが、子育て中も家に閉じこもりたくないという思いから活動を始めました。
子どもと一緒に活動できるのがこの広場の魅力です。
森下さんは、この日も新人ママの話に耳を傾けました。
「離乳食はいつはじめるのか?」「トイレトレーニングは?」など、話は尽きません。
相談をするお母さんたちは、「森下さんは話が聞き上手でついついたくさんしゃべってしまう。」といいます。
森下さんはこのような経験を生かしてまた幼稚園などで働きたいと思っています。

(写真右 森下早千子さん)

より多くの人にこの活動を知ってもらおうと、NPOは地域のイベントにも積極的に参加しています。
この日は、和歌山城で行われたイベントで、親子で遊べる無料のスペースを運営しました。
工作ブースやダンボールで遊べるコーナーなど、ボランティアスタッフさんたちで一緒に作ります。
訪れたお母さんたちは「無料で、親子で遊べてお母さんたちと話もできる。こんなありがたい場所はない。」といいます。

お母さんたちが作る親子のための広場。
支え合いながら子育てが出来る場所を目指して、活動が続きます。

このページのトップに戻る
担当:坂田

2017   5   2   (火) 放送

紀州漆器を広めたい

 
坂田

600年以上の歴史がある海南市の紀州漆器。
その魅力を広めたいと活動する女性がいます。紀州漆器に寄せる思いを取材しました。

独特の光沢を放つ色、手触りのよさ、丈夫で長持ちするのが特徴の紀州漆器です。

しかし、漆塗りの習得には10年、檜を乾燥させるのに3年はかかるため現在は、プラスチックと 合成塗料を使う漆器が主流となり手軽に楽しめるようになりました。

現在、親子で紀州漆器に携わる職人さんを訪ねました。
この道24年の、谷岡公美子さんと、お父さんの敏史さんです。
親子2代で技術が認められた伝統工芸士として活躍しています。

公美子さんは、紀州漆器の魅力をたくさんの人に伝えたいと、お父さんの指導のもと腕を磨き伝統工芸士なったのです。
いまでは、女性ならではの視点を生かし、紀州漆器でネックレスやブローチなども作っています。

谷岡さんは海外からの観光客が増えるなか、紀州漆器の魅力をたくさんの人に伝えたいと、漆器に粉で色をつける「蒔絵」体験の講師を積極的に務めています。
「漆器っていうのは(英語で)JAPANっていうように日本の伝統文化ですし、海外の方に少しでも日本の伝統文化を知ってもらうチャンスになる。」と話します。

谷岡さんは、ただ講師を務めるだけでなく外国人の参加者と交流しながら体験を楽しんでもらいたいと、体験中に使う単語をノートに書き留めたり、仲間と一緒に中国語と英語の冊子を作るなど、さまざまな取り組みをしています。

そしてこの日、体験会場となる紀州漆器の展示や販売をしている「うるわし館」には、台湾から8人の参加者がやってきました。
谷岡さんは、参加者をあたたかく迎え入れます。まず、好みの絵柄のついた弁当箱を選んでもらいます。 そしていよいよ指導開始です。谷岡さんは熱心に指導します。
参加者はまず、のりの役割をする塗料を塗っていきます。
一心不乱に取り組む参加者たち。そして、メインとなる色付けです。
谷岡さんは参加者に寄り添うように話します。
参加者も好みの鮮やかなデザインに仕上がっていく様子に満足そうです。

谷岡さん「楽しかったって言ってくれたので本当によかった。紀州漆器って知ってるよって、みんなが思ってもらえるように。そして海外のお客さまも多いですから、紀州漆器を体験してきたって外でもっと広げていただけるように頑張っていきたいと思います。」と話しています。

紀州漆器の魅力をより多くの人に。谷岡さんはこれからも日本の伝統文化を引き継いでいきます。
私も実際に蒔絵体験をさせていただきました。
「自分だけのオリジナルの作品」だと思うととても嬉しなりました。
皆さんもチャレンジしてみてください!

このページのトップに戻る