和歌山生まれのイチゴ・まりひめを使った料理


キャスターの黒杉愛です。
3月。日中暖かい日が多くなってきて、すっかり春ですね!

3月18日放送のギュギュっと元気は日高川町へ。
和歌山県で開発され、県内でのみ育てられているイチゴ、
まりひめを育てているハウスを訪ねました。



まりひめをはじめ、イチゴはビタミンCがたっぷりで、
アントシアニンなど抗酸化作用のある栄養素が含まれています。

大きさもさまざま、大きいものはニワトリの卵くらいのサイズにもなるそうです!

赤色が濃く、実がやわらかく、甘みと酸味のバランスがいいのが特徴のまりひめ。
もちろん、そのまま食べるがおいしいのですが・・
今回は垣淵浩子さんに、まりひめがさらにおいしくなる!
アイデア料理3品を教えていただきました。
レシピをご紹介します!


【イチゴの生春巻きサラダ】
■材料(2人分)
・生春巻きの皮・・2枚
・野菜    ・・30g
・イチゴ   ・・4コ
・レモン汁  ・・大さじ1と1/2
・オリーブ油 ・・大さじ2/3
・塩     ・・小さじ1/4
・こしょう  ・・小さじ1/4

■作り方
1、イチゴのへたを取って細長く切ります。
2、乾燥した生春巻きの皮をぬらし、その上に野菜とイチゴをのせて包みます。
3、四等分すればでき上がりです。


(ドレッシングの作り方)
1、袋にイチゴを入れてつぶします。
2、塩、コショウ、レモン汁、オリーブ油を入れて混ぜます。
(ポイント)レモン汁を入れることで、色がよくなります。
3、つぶしたイチゴを入れてさらに混ぜ、サラダにそえれば完成です。

【イチゴの大福風】
■材料(2人分)
・生春巻きの皮 ・・2枚
・イチゴ    ・・4コ
・あんこ    ・・10g
・クリームチーズ・・10〜15g
■作り方
1、ぬらした生春巻きの皮の上に、イチゴ、クリームチーズ、あんこをのせて巻きます。
2、真ん中で切れば出来上がりです


【イチゴ牛乳】
■材料(2人分)
・イチゴ   ・・2〜3コ
・はちみつ  ・・大さじ1(約15g)
・牛乳    ・・400ml

■作り方
1、つぶしたイチゴとはちみつと牛乳を混ぜてできあがりです。


イチゴの大福風は、皮が薄いのでまりひめの鮮やかな赤色も楽しめます。
イチゴ牛乳は、甘すぎずさっぱり飲めます。
ぜひ作ってみてください!



黒杉愛

ページトップへ

煮ても焼いてもおいしい!旬の春菊を使った料理


こんにちは!キャスターの黒杉愛です。

2月19日放送のギュギュっと元気では、春菊を使った料理を作りました。

11月~3月にかけて旬を迎える春菊。
カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄分や、
免疫力を高めるとされるβカロテンが豊富に含まれます。

春菊、私は鍋に入れて毎日のように食べていますが、
独特の香りや苦みがちょっと苦手・・という方もいらっしゃるかもしれません。

春菊は、品種によって香りや苦みに違いがあるんです。
葉っぱの色が濃く、細かく切り込みのあるタイプのほうが、
香りや苦みが強めです。

一方、葉が丸くて平たいものはマイルドです。

そして、春菊はあくが強いイメージがありますが、生で食べられるんです!
鍋やおひたしなどで食べることが多い春菊、
実は油で調理するとβカロテンを効率的に摂取でき、独特の香りもマイルドになります。

今回は山本友理さんに、春菊を炒めて作る料理、
「春菊と豚肉のトマトオイルパスタ」の作り方を教えていただきました。
レシピをご紹介します!


【春菊と豚肉のトマトオイルパスタ】
■材料(2人分)
・スパゲッティ   200g
・春菊       1束(150g)
・豚肉    150g
・トマト缶     1/2缶
・にんにく     1片

・オリーブ油    大さじ3
・赤ワイン 大さじ2
・顆粒(かりゅう)スープの素(もと)  大さじ1
・しょうゆ     小さじ1


■作り方
1、鍋に塩を入れ、スパゲッティをゆでます。
2、フライパンにオリーブ油、刻んだにんにくを入れ、
油になじませて、きつね色になるまでじっくり炒めます。
3、豚肉を炒め、赤ワインを入れます。
4、春菊を入れて炒めます。

5、さらにトマト、しょうゆ、顆粒スープの素を入れて味付けをします。
6、ゆでたスパゲッティをよく混ぜます。
(ポイント)よく混ぜて、油とトマトの水分をなじませるとよりおいしくなります。
7、お好みで春菊の天ぷらを揚げてのせれば、でき上がりです。


肉の臭みをとるために入れる赤ワインは、他のお酒を使っても大丈夫です。
また、豚肉の代わりにウインナーなどを使ってもおいしくできます。
鍋やおひたし以外の春菊料理、ぜひ作ってみてください。




黒杉愛

ページトップへ

大根役者?いえいえ、冬の食卓の千両役者!布引だいこん料理

キャスターの黒杉愛です。

12月、寒い日には毎日でも鍋やおでんを食べたくなりますね・・。
(鍋が好きすぎて、私は昔、冬の間毎日鍋を食べ続ける生活をしていましたが、
さすがに今は家族から不評なので、2~3日に一回におさえています・・。)

そんな、あたたまる料理に欠かせない冬野菜といえば、大根。
12月18日放送のギュギュっと元気では、出荷の最盛期を迎えている
和歌山市の特産・布引(ぬのひき)だいこんの畑にうかがいました!

一面に広がる畑!
後ろには紀三井寺も見えています。


布引だいこんは、細かい砂地をいかして育てられる大根。
他の土地の大根より成長がはやく、やわらかいのが特徴です。
皮をむかずに食べられるんです!



大根には消化を助けるジアスターゼや、塩分を排出するカリウムなどが含まれています。
今回は垣淵浩子さんに、大根を使ったチヂミと、
すりおろしのたれの作り方を教えていただきました。



【大根のチヂミ】
■材料(4人分)
・大根        1/2本 
・大根の葉      少々
・豚バラ肉(薄切り) 100g
・干しエビ      10g

・塩       小さじ1
・酒       小さじ2
・薄力粉     大さじ6
・ごま油     大さじ2


■作り方
【大根のチヂミ】
1、大根を皮ごと千切りにします。大根の葉も細かく切ります。
それをボウルに入れ、塩を入れてもみ込みます。
2、別のボウルに豚肉、酒、しょう油を入れて下味をつけます。
3、大根の水気をよくきって豚肉のボウルに入れ、干しエビ、薄力粉を加えて混ぜます。
4、フライパンにごま油をひき、先ほどの大根を丸く入れておよそ3分焼きます。
5、焼き色が付いたらひっくり返し、ふたをして火が通るまで焼けばでき上がりです。



【大根のすりおろしだれ】
■材料(4人分)
・大根おろし            1/3本分
・しょうゆ             150cc
・酢                50cc
・果汁(ゆず、すだち、かぼすなど) 大さじ1
・果物の皮             少々



■作り方
大根をすりおろし、ボウルに入れ、酢、しょうゆ、ゆずなどの果汁、果物の皮を入れ、混ぜればでき上がりです
(ポイント)
大根は、葉に近い青色の部分の方が甘いので、今回は青い部分を使って甘いすりおろしだれにします。また、すりおろすときに力を入れすぎず優しくすりおろすと、辛くなく食べやすくなります。

生で食べても、加熱してもおいしい布引だいこん。
一味違った料理、ぜひ作ってみてください。



黒杉愛

ページトップへ

岩出の特産・クロアワビタケを、クロスギがご紹介します・・

黒杉愛です。
気づけば11月。秋もどんどん深まっていますね。
サツマイモや梨など、秋に旬を迎える食べ物がお店に並んでいますが、 秋の味覚といえば、キノコも・・!
10月16日放送のギュギュっと元気では、 岩出市の新たな特産品にしようと栽培されている、 「クロアワビタケ」をご紹介しました。

このキノコ、アワビに似たこりこりとした食感が特徴の高級食材。
かつては和歌山県内で栽培されていましたが、 およそ2年前から再び栽培されているんです。
工場で温度や湿度を厳しく管理しながら栽培されています。

クロアワビタケには食物繊維やビタミンB群が豊富!
青果仲卸のたてのまさおさんに、クロアワビタケのおいしい料理を教えていただきました!
「クロアワビタケのバター炒め」と「クロアワビタケのリゾット」のレシピをご紹介します。


【クロアワビタケのバター炒め】
■材料(4人分)
・クロアワビタケ・・200g
・ベーコン・・2枚
・レタス・・2枚
・パプリカ(黄色)・・1/2コ
・オリーブ油・・大さじ1
・しょうゆ・・小さじ1
・バター・・10g
・こしょう・・少々


■作り方 【クロアワビタケのバター炒め】
1、フライパンにオリーブ油を入れ、ベーコンを炒めます。
クロアワビタケを手でさいて入れます。 2、バター、しょうゆを入れて、パプリカ、レタスを入れてさっと炒めます。
3、最後にこしょうで味をととのえれば出来上がりです。
(ポイント)クロアワビタケは、手でさくと、断面からよく味がしみ込みます。

【クロアワビタケのリゾット】
■材料(4人分)
・クロアワビタケ・・100g
・米・・75g
・玉ねぎ・・1/4コ
・オリーブ油・・大さじ1
・白ワイン・・大さじ1
・バター・・10g
・顆粒(かりゅう)だしの素(洋風)・・小さじ2
・粉チーズ・・大さじ1
・塩・こしょう・・少々
・水・・300g


■作り方
【クロアワビタケのリゾット】
1、フライパンにオリーブ油を入れ、みじん切りした玉ねぎを透明になるまで炒めます。
2、生の米を入れ、クロアワビタケを入れて炒めます。
3、さらに白ワインを入れ、だしを数回に分けて入れます。水分がなくなったら再びだしを入れ、これを繰り返します。
4、最後に、塩、粉チーズ、バターで味付けし、こしょうをかければ出来上がりです。
(ポイント)米は少し芯が残るくらいに、中火で15分ほど煮込みます

ぜひ、クロアワビタケ、食べてみてください!

黒杉愛

ページトップへ

免疫力アップでかぜ予防!カボチャを使った料理

黒杉愛です。
さて、11月20日放送のギュギュっと元気では、
カボチャの料理をご紹介しました!


カボチャにはβカロテンが豊富に含まれています。
βカロテンは体内でビタミンAに変わります。
ビタミンAは免疫力アップさせ、かぜ予防にもおすすめの食材!
さらに、疲労回復に効くビタミンB1や、皮の部分には食物繊維もたっぷり。

今回は、カボチャを丸ごと使って作る料理2品、
「カボチャの丸ごとグラタン」と「カボチャコロッケ」をご紹介します。


【カボチャ丸ごとグラタン】
■材料(2人分)
カボチャ・・・・・・1コ(600g)
玉ねぎ・・・・・・・中1/4個
厚切りベーコン・・・2枚
プチトマト・・・・・2コ
ブロッコリー ・・・・2房(小房に分けたもの)

バター・・・・・・・大さじ2
小麦粉・・・・・・・大さじ2
牛乳・・・・・・・・150CC
顆粒(かりゅう)スープの素・・・小さじ1
塩こしょう・・・・・少々
チーズ・・・・・・・60グラム
パセリ・・・・・・・適量
パン粉・・・・・・・適量


■作り方
【カボチャ丸ごとグラタン】
1、カボチャを洗って丸ごとラップで包み、電子レンジに4~5分かけます。
(ポイント)レンジにかけることでカボチャが柔らかくなり、包丁で切りやすくなります。

2、ラップを取って半分に切り、スプーンで種とわたを取りのぞきます。
さらに実の部分をすくい取ります。
(ポイント)皮は器になるので、実を取りすぎないように注意してください。

3、中に入れるグラタンを作っていきます。
フライパンでバターを溶かし、中火で玉ねぎ、ベーコンを炒めます。
玉ねぎが透明になったら弱火にして、小麦粉を入れます。
さらに牛乳を少しずつ加えてよく混ぜます。
カボチャの実の部分を入れ、調味料で味付けをします。
火を止めてトマトを入れます。
(ポイント)トマトを入れることで、カボチャの甘みに対して酸味がアクセントになり、よりおいしくなります。

4、グラタンをカボチャの器に入れていきます。
カボチャの器をホイルで包み、作ったグラタンを入れます。
ゆでたブロッコリー、チーズ、パン粉、パセリをかけて、オーブンでこんがり焼けば
でき上がりです。

【カボチャコロッケ】
カボチャの丸ごとグラタンを食べ終わった後に残ったカボチャの器を再利用して作る、
コロッケもご紹介します。


1、あたためたカボチャの器をボウルに入れ、つぶします。
2、お好みでベーコンやチーズを加え、カレー粉を入れます。
3、塩こしょうを入れてよく混ぜて丸め、小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げれば、コロッケの完成です。


カボチャを丸ごと使って、見た目も華やかなグラタン、パーティー料理にもぴったりです!
コロッケは皮も残さず使えます。ぜひ作ってみてください。




黒杉愛

ページトップへ

”ギュギュっと元気“になれるしぼりかす、おからの料理!

キャスターの黒杉愛です。
8月も残りわずか。夏休みをとって、旅行や海水浴、お祭りなど 夏の思い出を作られた方も多いのではないでしょうか。

私は8月3日の夜、和歌山市で行われた 紀州おどり「ぶんだら節」に参加しました!

「ギュギュっと和歌山」の「わびたび」のコーナーでもおなじみ、 和歌山住みます芸人のわんだーらんどさん率いる「飛び入り連」。
当日飛び込みで、はっぴを借りて、踊りに参加することができるんです!

辻リポーターと勝田リポーターと参加しました。
和歌山城前の大通りを、踊りながら通ります。
踊ったのは初めてでしたが、見よう見まねで何とか踊りきりました!

じっとしていても汗をかく日。
踊り終わったら汗びっしょり!でも、ふと吹く風が涼しく、気持ちよかったです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、まだまだ暑さが続いています。
食欲が落ちてきた・・という方にもおすすめの、元気になれる料理をご紹介します!

8月21日放送の「ギュギュっと元気」、 山本友理さんに「おから」を使った料理を教えていただきました。

豆腐を作る際にできるしぼりかすである「おから」。
食物繊維、イソフラボン、たんぱく質、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。
白和えなど、和風の料理のイメージがありますが、今回は洋風の料理、 「ガレット」と「サラダ」の作り方をご紹介します。


【おからガレット】
■材料(4枚分)
・おからパウダー・・・・・・20g
・米粉・・・・・・・・・・・40g
・豆乳・・・・・・・・・・・400g
・塩・こしょう・・・・・・・適量
・卵・・・・・・・・・・・・4個
・チーズ・・・・・・・・・・100g
・ベーコン・・・・・・・・・4枚
・プチトマト・・・・・・・・8個
・パセリ・・・・・・・・・・少々


【おから煮明太サラダ】
■材料(4人分)
・生おから・・・・・・・・100g
・にんじん・・・・・・・・30g
・しいたけ・・・・・・・・2枚
・長ねぎ・・・・・・・・・1/2本
・ベーコン・・・・・・・・2枚
・水・・・・・・・・・・・300cc
・顆粒(かりゅう)だしの素・・・・・・大さじ1
・だししょうゆ・・・・・・50cc
・みりん・・・・・・・・・50cc
・ごま油・・・・・・・・・大さじ2
・マヨネーズ・・・・・・・大さじ4
・明太子・・・・・・・・・40g


■作り方
【おからガレット】
1、 ボウルに、おからパウダーと米粉を入れ、よく混ぜ合わせます。
(おからパウダーとは、市販されているもので、生のおからを乾燥させ、細かくパウダー状にしたもの。生のおからより日持ちがして、お菓子などいろいろな料理に使えます。)
2、 豆乳を加え、ダマにならないようによく混ぜ合わせます。さらに塩こしょうで味をつけます。
3、 フライパンに油をひき、生地を入れます。焼き色がつくまで焼き、シートの上にのせます。
4、 ベーコンで囲いを作り、真ん中に卵をのせます。
5、 トマト、チーズ、パセリをのせ、四角い形になるように生地の端を折り曲げます。
6、 さらにチーズをのせて、シートのままオーブンまたはフライパンで焼きます。
7、 ふたをして、チーズが溶けるまで焼けばできあがりです。


■作り方
【おから煮明太サラダ】
1、 鍋にごま油、生のおからを入れ、パラパラになるまで炒めます。
(ポイント)生のおからは、あらかじめ炒めると豆臭さが取れ、味がしみ込みやすくなり、おいしく仕上がります。
2、 刻んだベーコン、ねぎ、しいたけ、にんじんを入れ、炒めます。
3、 そこへ水を入れ、だしの素、みりん、しょうゆを入れて、水分がなくなるまで煮込みます。
4、 ボウルに入れて冷ましたら、マヨネーズと明太子を加えて味を調えればできあがりです。

暑い時期には、おからパウダーと、凍らせたバナナと牛乳をミキサーにかけて作る、 バナナおからスージーもおすすめです。ぜひ作ってみてください。

黒杉愛

ページトップへ

”コーン”なにおいしい!岩出のとうもろこし

黒杉愛です。
7月17日放送の「ギュギュっと元気」、 今回は、たてのまさおさんのご紹介で 岩出市のとうもろこし農家さんの畑へおじゃましました!

夏に旬を迎えるとうもろこし。
糖分や油分、ビタミンB群が含まれていて栄養豊富、 暑い夏にぴったりの食材なんです!
とれたてのとうもろこし、生でかじらせてもらいましたが、 みずみずしくておいしかったです!

さらに今回は、とうもろこしを使ってフライパン1つでできる簡単料理を2品、 たてのさんに教えていただきました。
レシピをご紹介します!

【とうもろこしとチーズのカリカリ焼き】
■材料
・チーズ         ・・100g
・イタリアンパセリ    ・・少々
・とうもろこし(加熱済み)・・1本


【とうもろこしごはん】
■材料
・バター         ・・10g
・とうもろこし(加熱済み)・・1本
・みりん         ・・大さじ1
・しょう油        ・・大さじ1
・ごはん         ・・2杯分(400g)


■作り方
【とうもろこしとチーズのカリカリ焼き】
1、 ゆでたとうもろこしの実を、包丁で芯からそぎ落とします。
(ポイント)
とうもろこしはゆでてもいいですが、皮を一枚だけ残したまま電子レンジにかけると 手軽に柔らかくできます。皮がない場合はラップに包んで電子レンジにかけてください。
(ポイント)
実をそぎ落として残った芯は、炊飯器に入れて炊き込みごはんのだしとして使えます。
2、フライパンに、チーズ、イタリアンパセリ、とうもろこしをほぐして入れ、 カリカリになるまで焼きます。
3、ひっくり返して裏面も焼いたらでき上がりです。


■作り方
【とうもろこしごはん】
1、 フライパンでバターを溶かし、ゆでたとうもろこしを炒めます。
(ポイント)
ゆでたとうもろこしを使うことで、フライパンで焼くときに実がはねるのを防げます。
2、みりん、しょうゆを入れます。
3、最後に炊いたごはんを入れて混ぜればでき上がりです。

カリカリ焼きは、チーズの油分と塩味を利用するので 油なし・調味料なしで作れます。お酒のおつまみにもぴったり!

とうもろこしごはんは、バターとしょう油の味付けがとうもろこしによく合います。
ごはんがあれば、バーベキューなどでも手軽に作れる料理です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
梅の雨と書いて「梅雨」。
先月の「ギュギュっと元気」でも、みなべの梅の料理をご紹介しましたが、 梅雨の時期には梅酒などをつける方も多いかと思います。

私は、今年の梅雨は、梅ジュースを漬けてみました!
もちろん和歌山産の南高梅を使いました。
梅酒も大好きなのですが、今回は子供でも飲めるように、梅ジュースで・・

青梅を買って、家でしばらく追熟させて、黄色く完熟したら 水で洗ってへたをとります。

そして、水気をとって、梅ジュースのもとと一緒にびんの中へ、 でき上がりまでおよそ2週間。どんな味になるのか楽しみです!

黒杉愛

ページトップへ

やっぱり、みなべの梅は、うめ~!

黒杉です。
6月19日放送の「ギュギュっと元気」、 今回は、和歌山特産の梅を使った元気になれるレシピをご紹介しました!

「WA食WA菜」でもお世話になった 垣淵浩子さんの梅林へ!
実は垣淵さん、みなべ町の梅農家でもいらっしゃいます。

細い山道を登ったところに広がる梅林。
見晴らしがよく、海も見渡せます!

収穫した南高梅を使って作ったのは、 梅エキスと梅ジャムです。
レシピをご紹介します!

【青梅で作る梅エキス】
■材料
・青梅 ・・1kg


【搾りかすで作る梅ジャム】
■材料
・梅の果汁の搾りかす ・・適量
・水 ・・搾りかすの3倍の量
・砂糖 ・・搾りかすと水を合わせたものと同じ量
・レモン汁 ・・少々


■作り方
【青梅で作る梅エキス】
1、 洗った梅の種を取ります。(専用の種取り機、または包丁で取ります)
2、 果肉の部分をフードプロセッサーまたはジューサーにかけます。フードプロセッサーなどがない場合は、酸に強いプラスチック製などのおろし金ですり下ろします。
3、 さらしなどで包み、汁を搾ります。
4、 果汁を、酸に強いホーロー鍋や土鍋などで煮ます。
5、 あくを取りながら、汁気がなくなる手前まで煮詰め、 熱いうちにびんなどに入れればでき上がりです。


■作り方
【搾りかすで作る梅ジャム】
1、搾りかす適量と、かすの3倍の量の水を鍋で煮ます。
2、あくをとって、搾りかすと水を合わせた量と同じ量の砂糖を加えて、およそ15分程煮ます。
3、最後にレモン汁を加えて5分ほど煮詰めればでき上がりです。

梅エキスは、はちみつと混ぜて、ヨーグルトにのせて食べたり、 梅ジャムは、クラッカーにクリームチーズをのせて、 その上からかけて食べたりするのもおすすめだそうです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、さらにご紹介。
毎月最終水曜日にお送りしている、 ギュギュっと和歌山のコーナー、写真家の照井四郎さんの「写真館」。
今年度からリニューアルしました!

変わったのは、まずオープニング映像のイラスト。
かわいいイラスト版の照井さん・・似てますよね!

そして、ワンポイントアドバイスのコーナーが出来ました。

写真を撮影するときに気を付けるポイントを、 照井さんが解説してくださいます!
ぜひ撮影の際の参考に!
(写真は収録前の打ち合わせの様子です)

さらに、ギュギュっと和歌山の番組最後でも、 紹介しきれなかった作品を1日1点ご紹介しています。
(番組内容により、ご紹介できない日もあります)

ぜひ、お気軽に、ご応募ください!

黒杉愛

ページトップへ

5月、お茶の季節におすすめのレシピ!

5月、新緑の季節、お茶の季節ですね!
(といっても、もうすぐ5月が終わってしまいますが・・)
お茶をおいしく頂けるこの季節に、おすすめの料理があるんです!

5月22日に放送した「ギュギュっと元気」のコーナー。
今回は、去年までの「WA食WA菜」から引き続きお世話になっている クッキングアドバイザーの山本友理さんに、元気になれる料理を教えていただきました!

ふだん捨ててしまう茶がらには、実は栄養がたくさん含まれているんです。
捨てるのはもったいない!その茶がらを使ったクッキー、 そして、よく使う野菜、それぞれの栄養素にあった調理法で 栄養をむだなくとれるスープのレシピをご紹介します。

【茶がらクッキー】
■材料(50枚分)
・茶がら・・・・・・・・20g
・無塩バター・・・・・・200g
・砂糖・・・・・・・・・250g
・卵(Mサイズ)・・・・・・・1コ
・薄力粉・・・・・・・・340g
・抹茶・・・・・・・・・20g
・ベーキングパウダー・・8g
・塩・・・・・・・・・・少々

【栄養満点 野菜スープ】
■材料(2人分)
・にんじん・・1/2本(50g)
・玉ねぎ・・・1/4玉(80g)
・キャベツの葉・・1枚(60g)
・豚肉・・・・80g
・春雨・・・・10g
・かりゅうスープの素(もと)・・小さじ2
・しょうゆ・・・・・大さじ1
・水・・・・・・・・600cc
・トマトケチャップ・・小さじ1
・ごま油・・・・・・・大さじ1
・塩こしょう・・・・・少々

■作り方
【茶がらクッキー】
1、 ボウルに、室温に戻したバターを入れて混ぜます。
2、 そこへ砂糖を入れて白っぽくなるまで混ぜます。
3、 溶いた卵を少しずつ入れて混ぜ、さらに茶がらを入れます。
4、 薄力粉、ベーキングパウダー、抹茶、塩をふるいながら入れ、さっくりと混ぜます。
5、 半分ぐらいの量を取ってひとまとめにし、棒状に伸ばしてラップをし、冷凍庫で一晩寝かせます。
6、 固まったら8ミリぐらいの厚さに切って、オーブンの天板にのせ、170度で25分焼きます。
7、 お茶の香りが漂う、茶がらクッキーの出来上がりです。

■作り方
【栄養満点 野菜スープ】
1、 鍋に油をいれ、豚肉を炒めます。そこへ玉ねぎ、にんじんを入れ、さっと炒めます。
2、 水を入れ、キャベツを入れて煮込みます。
3、 かりゅうスープの素、しょうゆ、ケチャップ、春雨を入れ、塩こしょうで味を調えて煮立たせれば完成です。

まさか、茶がらがこんなにおいしいクッキーに・・!!
山本さんによりますと、茶がらにはビタミンEが含まれているそう。
油に溶けやすい性質のため、今回のようなバターを使った料理や、 野菜炒めに入れたり、てんぷらの粉に混ぜて使うのもおすすめだそうです。
ぜひ試してみてください。

黒杉愛

ページトップへ

新年度、新番組、新コーナー!

新元号に替わる前に、一足早く新番組がスタートしました!

4月から始まった、「ギュギュっと和歌山」
8年間続いた「あすのWA!」に代わる番組として、 新メンバーを迎えて、お伝えしています。

スタジオのセットも変わりました!
先日、番組のスポット(番組開始の短い告知映像)を撮影。

スタジオの後ろのライトは色が変えられるそうです・・。

3月29日の「あすのWA!」最終回は涙、涙。
安田アナウンサーは引き続き、「ギュギュっと和歌山」内のいろんなコーナーや 夜8時45分からのニュースなどに出演されます!

「安田ロス」になっている皆さん、ご安心ください。笑

新番組開始に伴って新コーナーも始まりました。
「ギュギュっと元気!」。 昨年度までの「WA食WA菜」に代わるコーナーで、 元気になれる話題をお伝えしていきます。 辻紗樹キャスター、黒杉で担当します。
4月17日放送分では、有田市の畑から、元気になれる食材・にんにくの芽をご紹介。

有田のにんにくの芽の特徴や、簡単に作れるおいしい料理を教えていただきました。

ここでちょっとレシピをご紹介!

「にんにくの芽と豚肉の炒めもの」
にんにくの芽100gと豚肉100gを炒め、焼き肉のたれ大さじ2を混ぜればできあがり。

「にんにくの芽とキムチの炒めもの」
にんにくの芽100gを炒め、キムチ100gと水大さじ2を入れて、さらに炒めてできあがり。

「わかやま見つけ隊」リポーター陣はもちろん、 押尾アナウンサー、辻紗樹キャスター、黒杉ら キャスター陣もどんどん県内各地に出かけて、取材しますよ!
4月5日は和歌山市の高校で行われたチューリップフェアを取材。

チューリップの歌を歌いながら登場・・
歌って、踊って?、楽しくお伝え出来たらと思います。

JR和歌山駅構内には、巨大番組ポスターも貼られていました。

「あすのWA!」同様、「ギュギュっと和歌山」、 和歌山県民の皆さまに愛される番組を目指します!

よろしくお願いします!

黒杉愛

ページトップへ

まだまだ料理修行中・・

久しぶりの更新です。
気付けば夏が終わり、すっかり秋!

夏は加太海水浴場で 職場仲間でのバーベキューに初参加し はしゃいでみたり、

休みの日には 那智勝浦町と串本町へ旅行に。
大門坂から熊野那智大社、那智の滝。
まぐろ丼を食べ、串本町の橋杭岩に行ったりと、 王道の観光コースを回ってみたり。

中継など、仕事では何度も訪れていますが、 完全プライベート旅行では初!

仕事だけでなく、 ちゃっかりプライベートでも 和歌山、楽しんでいます!

さて、私が和歌山局でキャスターとして2013年度からスタートした「WA食WA菜」のコーナー。
2年ぶりに復帰して、再び担当させていただくことに!
当時は山本友理さんとコンビ? を組ませていただいていましたが、
(山本さんに教えていただいた『瓦そば 和歌山風』は、今でも我が家の定番メニューです!)
復帰後は、たてのまさおさん、垣淵浩子さんともご一緒させていただいております。

その「WA食WA菜」の、 放送までの流れをちょっとご紹介させていただくと・・

ロケ当日。
車に機材を載せて、出発?!

エプロンとマイクを付けて、撮影開始!
マイクは、ピンマイク。

中継や、外でのリポートなどでも、このタイプのマイクを使うことが多いです。
よいしょ・・

ちなみに、エプロンはこの三色のパターンがあります。
これも5年前と変わっていません(笑)。

今回の担当は、たてのさん。
おいしそ?に、撮ってもらいます。

撮影を終えて、帰ってきてからは パソコンとにらめっこで編集作業。
字幕スーパーを入れ、BGMをつけ、ナレーションを入れて完成です!

毎日の食卓のレパートリーのご参考に、 6年目の「WA食WA菜」もどうぞ引き続き、ぜひご覧ください!


そして・・ 今回の安田アナウンサー通信。

「あすのWA!」の本番前、 安田アナウンサーのルーティンをこっそりご紹介・・。
こちら、

コーヒー片手に、バナナを食べています!
「あすのWA!」本番前によく見かける光景。
本番直前に、エネルギーチャージ!?

あ、見つかっちゃった!

黒杉愛

ページトップへ

あじさいの季節に、再会

坂本キャスターもブログで書いていましたが、 あじさいの季節ですね。

あじさいを見ると、思い出す取材先があります。
4年前、「あすのWA!」内で あじさいの名所を3日連続生中継でご紹介する機会がありました。

その時のブログはこちら

そのうちの一つ、和歌山市砂山にある家の庭。
久しぶりに訪ねてみたら・・

今年も、いろんな種類のあじさいが見事に咲いていました!

「あれ、黒杉さん?」

中継でお世話になった方が、気付いて声をかけてくださいました。
ちょうど、あじさいの植え替え作業の真っ最中!
この日は梅雨の晴れ間で、気温28度・・暑い中、本当に大変です。

4年前の中継の記念写真を家の中に飾ってくれていたりして、 そのときの思い出話や、近況報告など、お話しできて懐かしかったです。

和歌山に戻ってきて約3か月。お便りコーナーのメールや、取材先の方から 「和歌山、戻ってきたんやね~」と声をかけていただくことも多いです。
温かく迎え入れてくださる和歌山の皆さんと再会できて、うれしくなります。

(こちらの庭、あじさいの季節は無料開放されていて、誰でも見に行くことが出来ます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてもう一か所。和歌山城の鶴の渓。
こちらもあじさいの名所として有名ですね。

あすのWA!」の番組冒頭、季節の話題などを話す時間があり、 いつも安田アナウンサーと一緒に 「きょうはどんな話にしようか・・」と考えています。

6月初旬には、 「そろそろあじさいの話題を!」ということで、気になって、 安田アナウンサーと、休み時間に自転車で見に行きました。

石垣に囲まれた場所で、静かに、咲いていました。
こちらのあじさいは、青紫色がメイン。

あじさいと安田さんの笑顔・・癒やされますね!

そのほかの取材先、 和歌山市の森林公園も、有田市の仁平寺も、岩出市の県・植物公園緑花センターもおすすめ。
ああ、早く見に行かないと、あじさいの季節が終わってしまう・・!!

今の時期だけ楽しめるあじさい、 見に出かけてみては!

黒杉愛

ページトップへ

和歌山に、帰ってきました!

皆さま、お久しぶりです!
・・覚えていただいていますでしょうか・・。

2013年度~2015年度までの3年間、 「あすのWA!」のキャスターをしていました、黒杉 愛(くろすぎ めぐみ)です。

ご縁があって、今年度から、NHK和歌山放送局で 再びキャスターを務めることになりました!

2年ぶりの和歌山。
(といっても、観光などでちょくちょく遊びに来ていたのですが・・)

和歌山城の桜もちょうど満開!

変わらず見事に咲いている様子を見て、 あ~、和歌山に戻ってきたんだなあと実感しています。

お城の忍者にも再会。

和歌山に戻ってこられたうれしさから、 お城を背景に、こんな写真も撮りました。
NHK大河ドラマ「西郷どん」のポスター風に・・。

ちなみに本物の西郷どんポスターはこちら。

このはしゃぎっぷり。

ちなみに、三脚を立てて、一人で撮影しました。
なので、こんな失敗写真も。

高く飛びすぎました・・。
和歌山の皆さんに楽しんでいただけるように!
さらなる飛躍を目指し、元気に頑張ります!

これから、また、「あすのWA!」キャスターとして 和歌山県の皆さんにお目にかかれること、楽しみにしております!
よろしくお願いいたします。

黒杉愛

ページトップへ

スタジオでも、季節を感じるあれこれ

「ガチョーン!!」、のような形!?

 

黒杉愛

ページトップへ

大河ドラマ「真田丸」、いよいよ出陣!

「真田丸」、いよいよ、放送開始です!

黒杉愛

ページトップへ

夏の旅は、ここへ!

外国?1

外国?2

ここは・・外国!?

黒杉愛

ページトップへ

古墳にハニワに、大興奮!!

黒杉 黒杉

似てる!?


黒杉愛

ページトップへ

梅雨への備え

黒杉

梅雨の、必需品です!

黒杉愛

ページトップへ

新年度、変わります!

八木、伊丹、黒杉

新年度の「あすのWA!」、変わります!

黒杉愛

ページトップへ

少しも寒くない!?冬の楽しみかた

黒杉

暦の上では、もう春!ですが・・まだまだ寒い!

黒杉愛

コメント (2)

ページトップへ

今年1年を、振り返る

八木、今城、黒杉

明日、12月26日(金)の「あすのWA!」は特別版でお届けしま~す!

キャスター3人で、WA!ポーズ!

黒杉愛

コメント (4)

ページトップへ

12月、冬仕度

集合写真

「いつもにこにこ、仲睦まじく!」

黒杉愛

コメント (4)

ページトップへ

いざ、全国の舞台へ!

和歌山市立貴志中学校合唱部の皆さん

和歌山市立貴志中学校合唱部の皆さん

和歌山市立貴志中学校合唱部の皆さん

心をひとつに、夢の舞台へ!!

黒杉愛

コメント (4)

ページトップへ

夏といえば…

夏といえば、やっぱり、「祭」ですよね!わっしょい!

粉河祭

先月、あすのWA!内の中継コーナーで「粉河祭」(こかわまつり)の準備の様子をご紹介しました。

黒杉愛

コメント (3)

ページトップへ

スタジオ、こんな感じです!

NHK和歌山放送局 スタジオ

あすのWA!

こちらが、いつも「あすのWA!」でニュースをお伝えしている席ですが…

黒杉愛

コメント (4)

ページトップへ

梅雨のひとコマ

鮮やかなあじさい!

梅雨を彩る、鮮やかなあじさい!

黒杉愛

コメント (4)

ページトップへ

春、いろいろ!

しだれ桜

和歌山に、春が来ました!

黒杉愛

コメント (3)

ページトップへ

2013年から2014年へ!

今年初めてのブログです!

2014年!今年初めてのブログです!

黒杉愛

コメント (3)

ページトップへ

果物の王国 わかやま!

私たち、和歌山局くだものシスターズでっす!

私たち、和歌山局くだものシスターズです!

黒杉愛

コメント (4)

ページトップへ

黒杉愛

コメント (6)

ページトップへ

ハッピバ~スデ~!

伊丹アナ

おめでとうございま~す!!

黒杉愛

コメント (5)

ページトップへ

朝ドラと大河ドラマの舞台へ!

じぇじぇ!久しぶりのブログです!

じぇじぇ!久しぶりのブログです!

黒杉愛

コメント (10)

ページトップへ

魅力がいっぱい あり、だがわ!!

有田川町

有田川町の自然を満喫!してきました。

黒杉愛

コメント (8)

ページトップへ

棚からぼた餅、ならぬ…

高野山

私も、高野山に行ってきました!

黒杉愛

コメント (14)

ページトップへ

和歌山の「えぇトコ」、ご紹介します!!

黒杉、デューク更家さん

デューク更家さんと和歌山のええとこ、歩いてきました!

黒杉愛

コメント (4)

ページトップへ

料理、勉強中!

黒杉、山本さん

お料理コーナー、担当します!

黒杉愛

コメント (2)

ページトップへ

ここからお伝えしています!

黒杉・児林

「あすのWA!」で、デビューしました! 黒杉 愛 (くろすぎ めぐみ)です!

黒杉愛

コメント (10)

ページトップへ

はじめまして☆和歌山!!

「春風の  花を散らすと見る夢は  覚めても胸の  さわぐなりけり」

和歌山城の桜

黒杉愛

草野茜

宮崎文子

コメント (24)

ページトップへ

NHK和歌山放送局のアナウンサー・キャスターがつづるブログ。随時更新!

カレンダー