第8回ラジオ防災講座

横林です。
11月9日(金)放送予定の「ラジオ防災講座」。
テーマは「あなたの放送が命を救う ~高校生による臨時災害放送局~」です。

大規模な災害が発生した際、被災した地域の情報をきめ細かく伝える「臨時災害放送局」。
東日本大震災では、多くの臨時災害放送局が立ち上がりました。
私はこの6月まで岩手県で勤務していましたが、臨時災害FM局のパーソナリティーにインタビューするなど、一緒に仕事をした経験があります。

南海トラフ巨大地震に備え、10月29日に、御坊市の県立日高高校で臨時災害放送局の運営訓練が行われました。
運営に携わるのは高校生。取材や原稿作成、アナウンスに至るまで、一連の放送プロセスをすべて体験していただきました。

今回はそのとき放送した模擬番組を、ダイジェスト版でお送りします。

11月9日(金)  FMラジオ 午後6:00~6:50  放送予定です。

横林良純

ページトップへ

11月5日「世界津波の日」ラジオ特番

11月5日は、安政の南海地震の大津波から人々を救ったとされる、広川町に伝わる「稲むらの火」の逸話をもとに国連が定めた「世界津波の日」です。
和歌山局では、ことしも「世界津波の日」に合わせて、ラジオの特別番組を放送します。

近い将来起きるとされる「南海トラフ巨大地震」。
今後30年以内に70%から80%の確率で発生するとされています。
犠牲者を1人でも少なくするために、私たちには、今、何ができるのでしょうか。

11月5日の「世界津波の日」にちなみ、 太平洋沿岸の和歌山県で進められている津波からの避難対策、 災害が起こる前に、街に住めなくなった場合を考えて「疎開」を前提とした地域どうしの交流など、 さまざまな取り組みをリポートでご紹介します。

番組では、防災の専門家である関西大学特別任命教授の河田惠昭(かわた・よしあき)さんや、 女優の山谷花純(やまや・かすみ)さんをスタジオゲストに迎え、 「稲むらの火」の逸話が残る広川町の中学生とともに、津波から命を守るには何ができるか考えます。

世界津波の日ラジオ特番「みんなで語ろう!南海トラフ巨大地震 ~生き抜くためには~ 」
放送は、ラジオ第1で11月5日(月) 午後2時5分からの予定です。
☆なお、都合により放送日が延期になる可能性もありますのでご了承ください。
放送予定が、ラジオ第1で11月13日(火)午後2時5分からと変更になりました。
スマートフォンのアプリ「らじる★らじる」でも聞くことができます。
災害への備えとして、この機会に是非ダウンロードしてくださいね。

藤澤義貴

ページトップへ

はじめまして!!

みなさま、はじめまして!
気象予報士の吉見泰広です。
10月から週3回「あすのWA!」で気象情報を担当させていただいています。
県内のお天気を、詳しく、わかりやすくお伝えします。
どうぞよろしくお願いいたします。

好きなお天気は、「風」です。
世界中を駆け巡る偏西風、裏路地のおいしそうな匂いを運ぶ穏やかな風。
様々な風の表情にロマンを感じます。
(あまり強すぎる風は困りますが…)

親しみやすく、いざというときには頼りになる。
皆さまにそう思っていただけるように、がんばります!!

吉見泰広

ページトップへ

まだまだ料理修行中・・

久しぶりの更新です。
気付けば夏が終わり、すっかり秋!

夏は加太海水浴場で 職場仲間でのバーベキューに初参加し はしゃいでみたり、

休みの日には 那智勝浦町と串本町へ旅行に。
大門坂から熊野那智大社、那智の滝。
まぐろ丼を食べ、串本町の橋杭岩に行ったりと、 王道の観光コースを回ってみたり。

中継など、仕事では何度も訪れていますが、 完全プライベート旅行では初!

仕事だけでなく、 ちゃっかりプライベートでも 和歌山、楽しんでいます!

さて、私が和歌山局でキャスターとして2013年度からスタートした「WA食WA菜」のコーナー。
2年ぶりに復帰して、再び担当させていただくことに!
当時は山本友理さんとコンビ? を組ませていただいていましたが、
(山本さんに教えていただいた『瓦そば 和歌山風』は、今でも我が家の定番メニューです!)
復帰後は、たてのまさおさん、垣淵浩子さんともご一緒させていただいております。

その「WA食WA菜」の、 放送までの流れをちょっとご紹介させていただくと・・

ロケ当日。
車に機材を載せて、出発〜!

エプロンとマイクを付けて、撮影開始!
マイクは、ピンマイク。

中継や、外でのリポートなどでも、このタイプのマイクを使うことが多いです。
よいしょ・・

ちなみに、エプロンはこの三色のパターンがあります。
これも5年前と変わっていません(笑)。

今回の担当は、たてのさん。
おいしそ〜に、撮ってもらいます。

撮影を終えて、帰ってきてからは パソコンとにらめっこで編集作業。
字幕スーパーを入れ、BGMをつけ、ナレーションを入れて完成です!

毎日の食卓のレパートリーのご参考に、 6年目の「WA食WA菜」もどうぞ引き続き、ぜひご覧ください!


そして・・ 今回の安田アナウンサー通信。

「あすのWA!」の本番前、 安田アナウンサーのルーティンをこっそりご紹介・・。
こちら、

コーヒー片手に、バナナを食べています!
「あすのWA!」本番前によく見かける光景。
本番直前に、エネルギーチャージ!?

あ、見つかっちゃった!

黒杉愛

ページトップへ

第7回ラジオ防災講座

横林です。
毎月1回放送している「ラジオ防災講座
今回のテーマは「ライフライン寸断!そのときあなたは」です。

ことしは台風が相次いで和歌山県に接近しています。
中でも、9月の台風21号では県内の広い範囲で停電し生活に大きな影響が出ました。
そこで、ライフラインの寸断にどう備えておけばいいのか、またライフラインが寸断したときにどう対処すればいいのか。
千葉県浦安市で東日本大震災を経験し、それを教訓に災害への備えについて各地で講演活動などを行っている、防災士で防災アドバイザーの岡部梨恵子さんにお話を伺いました。

FM和歌山スタジオで収録しました。

番組の中でご紹介した「パッククッキング」で作ったご飯とチキンライス。
普段ほとんど料理をしない私。 果たしてお味は?!

横林良純

ページトップへ

マイコンカーにかける青春!

外を歩いていると、ひんやりとした風を感じるようになりました。
着実に季節は秋に向かっていますね!

さて、先日14日の「WA!っとライブ」では、 紀北工業高校ものづくり研究部におじゃましました!

8月に長野県で開催された、 文化部のインターハイともいわれる「全国高等学校総合文化祭」の 産業(工業)部門 マイコンカーラリーにて、 優勝、準優勝、そして出場者全員が入賞と輝かしい成績を収めた皆さんです。

●中継でのウラ話●
中継の準備中、そして本番中も、 合間を見ては粘着テープのついたローラーでコースを掃除していた皆さん。
実は、少しでもほこりがあると、コースアウトの原因になってしまうそうです!
プログラミングだけでなく、掃除も大事なんです…!

コースを掃除する3年生の木村部長


マイコンカーを手にした皆さんの目のきらめき、とても素敵でした。
皆さんは次回12月に行われる近畿大会に出場予定とのことです。
そこで勝ち進み、全国大会での活躍を期待しています!
がんばってくださいね!(*^^*)

ありがとうございました♪

辻 由布子

ページトップへ

9月7日(金)放送 ラジオ防災講座

横林です。
9月7日(金)、今年度6回目の「ラジオ防災講座」の放送です。

今回のテーマは「紀伊半島豪雨7年~避難してもらうためには」です。
平成23年9月の紀伊半島豪雨では、県南部を中心に、ところによっては総雨量が1000ミリを超える記録的な大雨となり、大規模な土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎました。和歌山県内では56人の方が犠牲となり、5人の方の行方が分かっていません。
ここ最近も、西日本豪雨のような記録的な大雨や台風の接近が相次いでいます。
いつどこで起きてもおかしくない豪雨災害に備え、紀伊半島豪雨の教訓を生かしながら避難してもらうための取り組みについてご紹介します。

ゲストは、関西大学社会安全学部准教授の城下英行さんです。
防災教育が専門です。
「ラジオ防災講座」の放送予定は
9月7日(金) NHK-FM 午後6時からです。
是非、お聞きください。

横林良純

ページトップへ

西日本の旅

こんにちは。坂田智恵子です。
「西日本の旅」のロケで新宮市を訪ねました。
ここには世界遺産の熊野古道があり、海外からの人も増え、熊野古道エリアを流れる熊野川では川舟下りも体験できます。
この日は残念ながら台風20号の影響で舟には乗れませんでしたが、 熊野川 川舟語り部の福辻京子さんに熊野川の歴史や、川舟下りの魅力について教えてもらいました。

福辻さんが持っている篠笛。 舟の上でのとっておき演出なんです・・・
どんな音色なんでしょうか?
番組でお楽しみください!(^-^)

その後訪ねたのが、川原屋横丁。
昔ながらの外観のおみやげ物屋さんが並んでいます。

大正時代、熊野川流域の河原には交易の場所として宿屋や雑貨屋、鍛冶屋が建ち並んでいました。
今でも、こうした当時の様子が再現されています。 まるで当時のにぎわいが聞こえてくるようでしたよ☆

西日本の旅は
【NHK総合テレビ】(関西地域)
9月1日(土)午前7時30から
「ウィークエンド関西」で放送します。

新宮の魅力がたっぷりと詰まった旅になっていますので
是非、ご覧ください♪

坂田智恵子

ページトップへ

100回目の夏。

行ってきました、甲子園!!!

今年は、100回記念大会ということで、 各都道府県から「ふるさとリポーター」が甲子園に集まり、 スタンドの様子やふるさとをお伝えしています!
私は、大会3日目 第2試合、「智弁和歌山高校」のふるさとリポーターを担当し、 ふるさと紹介では、智弁和歌山のある和歌山市で、今年再建60周年を迎える「和歌山城」を紹介しました♪

初戦当日、 試合の3時間半前、朝7時には球場に到着したという保護者のみなさんと、バス34台で応援に駆けつけた1200人の生徒たちがスタンドから熱い声援を送りました。
白と赤の帽子をかぶった生徒たちがつくる名物「C」の文字も。

大応援団を率いたのは、ハチマキを巻いた27人の生徒たちです。
甲子園のためだけに期間限定で結成され、 毎日、野球部にも負けないくらいの練習を重ねてきました。
私が事前取材で学校を訪れたときも、野球部のグラウンド横での走り込みや、筋力トレーニングをしている姿を見かけました。

さらに、球場には1人暮らしをしている選手たちに、おいしい食事で支えている中野喜実雄さんも応援に駆けつけていました。
中野さんは、海南市で食堂を営んでいて、親元を離れ頑張っている選手を毎日「おかえり」と迎え、栄養満点の夕食を振る舞っています。
中野さんの作る“自家製梅ジュース”は選手たちの大好物で、甲子園に向かうときにも持たせたそうです。

中野さんは、
「選手たちはもう息子、孫みたいな存在。落ち込んでいたら気にかけて声をかけるし、活躍したらたくさん褒めて一緒に喜びます。甲子園も思いっ切りやってこいよと声をかけました。」と話していました。

ちなみに選手たちが好きなのは、こちらの「カツ丼」
実は、私も甲子園に出発する前日お店にお邪魔して、頂いてきました!!
夏バテ気味でしたが、とってもおいしくって元気が出ました。

多くの人が一生懸命応援を続ける中、2回裏の攻撃で先制点を挙げた時には、 「わっしょい! わっしょい!」という喜びの声と笑顔がスタンドに溢れました。

しかし、4回表、近江高校の2ランホームランで同点に追いつかれます。
ここで負けるわけにはいかない。
その後、何度もチャンスをつくるもののなかなか打線がつながらず、得点にはなりません。

回を重ねるごとに手を合わせ、祈るようにマウンドを見つめる人が増えてきました。
しかし、その思いも届かず、 最後の攻撃で1点返すも3対7で敗れ、初戦敗退となりました。

試合終了の瞬間、時間が止まったかのような静けさと 「まさか初戦で・・・」という悔やむ声が聞こえてきました。
しかし、涙を流しながらアルプス応援席まで選手たちが挨拶に走ってきたときは、 「ここまで努力してきたことは知っている。お疲れ様。」
「甲子園に連れてきてくれてありがとう。」という声と温かい拍手が送られました。

試合後、キャプテンの文元洸成(ふみもと・こうせい)選手に
「試合の後、平田龍輝(ひらた・りゅうき)選手(当日の先発ピッチャー)にどんな声をかけましたか。」と聞くと、 「平田で負けたら、俺らの負け。新チームになってからずっとエースとしてよく投げてくれた。と言いました。平田にはごめんと言われたけれど、そう言わせてしまった僕のほうが申し訳ない。悔しい。ただ、俺らのピッチャーがお前で良かったよと伝えました。」
と話してくれました。

悔しさの残る夏にはなりましたが、後輩たちがこの気持ちをしっかりと受け継いで、 またこの場所で晴らしてほしいです。
これからもずっと応援しています!.

坂本七菜

ページトップへ

8月3日(金)「ラジオ防災講座」

横林です。
8月3日(金)「ラジオ防災講座」今年度5回目の放送となります。

今回のゲストは、静岡大学教授の牛山素行(もとゆき)さんです。
牛山さんには、私が東京のラジオセンターで仕事をしていたころからお世話になっています。

今回のテーマは「西日本豪雨 ~情報は伝わったか~ 」です。
西日本の広範囲で記録的な豪雨となり、200人以上の方が犠牲となった今回の大災害。
気象庁や自治体などから、身を守るためにさまざまな情報が出されましたが、犠牲者をなくすことはできませんでした。
情報は、住民たちにきちんと伝わったのか? 牛山さんとともに検証します。
「ラジオ防災講座」の放送予定は
8月3日(金) NHK-FM 午後6時からです。
是非、お聞きください。

横林良純

ページトップへ

暑い?熱い!夏

こんにちは、辻です!
和歌山でも猛暑が続きますね・・・
そんな暑い中ではありますが、さらに“熱い”ニュースをお届けします!

以前、「WA!かやま見つけ隊」で取材した、 上田頼飛監督率いる男子デフバスケットボール(※聴覚障害者によるバスケットボール競技)
日本代表選手たちが、「U-21デフバスケットボール世界選手権」に出場!
結果は…

世界大会、準優勝!!!
アメリカやスペインをはじめ、名だたるデフバスケ強豪国が参加したこの大会。
準優勝は、アジア勢初の快挙です!

2021年には聴覚障害者によるオリンピック、「デフリンピック」が開催される予定で、 出場を目指しこれからも奮闘していくとのことです。
皆さん、おつかれさまでした。
そしておめでとうございます(*´◒`*)

さて、続いてはお知らせです!

7月21日(土)「ウィークエンド関西」の中で、 『まちかどウォッチング』のコーナーに出演させていただくことになりました。
今回訪れたのは、「紀伊風土記の丘」(和歌山市)・・・テーマはそう、「埴輪(はにわ)」!

和歌山でしか見られない貴重~な埴輪や、 手作り埴輪の頂点を決める「HANI-1選手権」の様子まで!?

街中の静かな“ハニワブーム”に迫ります。
みなさんのハニワ熱に、わたしも圧倒されました・・・!
是非ご覧下さいませ!(*^^*)

【NHK総合テレビ】近畿地方向けの放送です!
7月21日(土)午前7:30~
「ウイークエンド関西」内 『まちかどウォッチング』コーナー
~密かなブーム!埴輪づくりが大人気~

○●最後に少し小噺♪●○
実は以前、黒杉キャスターも番組内で紀伊風土記の丘で埴輪作りに挑戦していまして…
その時の放送を、当時大学生だったわたしは実家で見ていました(° °)
なんとその埴輪、まだ和歌山局にあるのです…!

じゃん!
今年、富山局に異動された、今城アナウンサーの埴輪!

今城アナウンサーにも、黒杉キャスターにも、そしてこちらのハニワにも、 直接会える日が来るとは、当時は夢にも思っていませんでした。
人生何があるか分かりませんね(^ω^)笑

夏も本番、「熱中症対策」など十分になさってください!

辻 由布子

ページトップへ

あじさいの季節に、再会

坂本キャスターもブログで書いていましたが、 あじさいの季節ですね。

あじさいを見ると、思い出す取材先があります。
4年前、「あすのWA!」内で あじさいの名所を3日連続生中継でご紹介する機会がありました。

そのうちの一つ、和歌山市砂山にある家の庭。
久しぶりに訪ねてみたら・・

今年も、いろんな種類のあじさいが見事に咲いていました!

「あれ、黒杉さん?」

中継でお世話になった方が、気付いて声をかけてくださいました。
ちょうど、あじさいの植え替え作業の真っ最中!
この日は梅雨の晴れ間で、気温28度・・暑い中、本当に大変です。

4年前の中継の記念写真を家の中に飾ってくれていたりして、 そのときの思い出話や、近況報告など、お話しできて懐かしかったです。

和歌山に戻ってきて約3か月。お便りコーナーのメールや、取材先の方から 「和歌山、戻ってきたんやね~」と声をかけていただくことも多いです。
温かく迎え入れてくださる和歌山の皆さんと再会できて、うれしくなります。

(こちらの庭、あじさいの季節は無料開放されていて、誰でも見に行くことが出来ます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてもう一か所。和歌山城の鶴の渓。
こちらもあじさいの名所として有名ですね。

あすのWA!」の番組冒頭、季節の話題などを話す時間があり、 いつも安田アナウンサーと一緒に 「きょうはどんな話にしようか・・」と考えています。

6月初旬には、 「そろそろあじさいの話題を!」ということで、気になって、 安田アナウンサーと、休み時間に自転車で見に行きました。

石垣に囲まれた場所で、静かに、咲いていました。
こちらのあじさいは、青紫色がメイン。

あじさいと安田さんの笑顔・・癒やされますね!

そのほかの取材先、 和歌山市の森林公園も、有田市の仁平寺も、岩出市の県・植物公園緑花センターもおすすめ。
ああ、早く見に行かないと、あじさいの季節が終わってしまう・・!!

今の時期だけ楽しめるあじさい、 見に出かけてみては!

黒杉愛

ページトップへ

初めてのラジオ防災講座

横林です。いつもありがとうございます。
6月27日(水)、今城アナウンサーから引き継いだ「ラジオ防災講座」を収録しました。

もちろん、宇和千夏さんにお会いするのも、エフエムワカヤマさんにお邪魔するのも初めての経験でしたが、みなさんにご協力いただき、スムーズに収録することができました。

今回のテーマは「大規模災害時の後方支援」です。
6月18日、大阪府の北部で大きな地震があり、建物やライフラインに被害が出ましたが、この地震でも全国から支援の手が差し伸べられています。
災害が広域化すればするほど、1つの自治体だけでは対応することが難しい状況になります。
災害が起きる前に、自治体などの防災機関が連携して対応できる仕組みづくりの大切さについて、兵庫県立大学大学院准教授の阪本真由美さんにお話を伺います。
また、2011年の東日本大震災の際、津波で被災した岩手県沿岸部の自治体を独自の仕組みで支援した岩手県遠野市の市長、本田敏秋さんにもお話を伺っています。

「ラジオ防災講座」は7月6日(金)午後6時から、NHK-FMで放送です。
是非、お聞きください。

横林良純

ページトップへ

ご無沙汰しております!気がつけば・・・9ヶ月ぶりのブログ更新です。(わぉ。)
今世界が盛り上がっているワールドカップサッカーは、4年に一度。
それに比べたらいいペースではないでしょうか ♪(?)
そして、たまにしかないからこそ、ありがたみがある!!
そういうこともありますよね???(という新しい言い訳を考えてみたのですがいかがでしょうか。苦笑)

さてさてそのワールドカップサッカーですが、 日本代表が決勝トーナメントに進出して大変盛り上がっていますね~!
私も毎回、画面を通して応援しています (>∇<) 
やはり母国の活躍は、魂が燃えますね!!

そう! 誰しもが持っている、魂!!!!!
そして、NHKで魂といえば・・・?! 「民謡魂」ですよね!!!!(無理やり感、ありますかね?笑)

6月10日、紀の川市で公開収録が行われました。
今回は、私もお邪魔していました。再会したい方がいらしたからです。

司会の塩屋紀克アナウンサーです♪
実は、私が長崎局でピヨピヨのひよっこだった頃に、デスクとして大変お世話になった方なのです。
ポン酢が大大大好きな方なので、和歌山特産の「梅」「みかん」「ゆず」を使ったポン酢を手土産に持って行ったら、とても喜んでもらえました。
グッジョブ、私。

そしてステージでは、久しぶりに塩屋さんの名司会っぷりをじっくり聴ことができて本当に良かったです。
今回は、世界初といわれる全身麻酔手術を行った外科医・華岡青洲や、醤油発祥の地として全国にその技術を伝えていった「和歌山の“進取の精神”」をキーワードに話をつないでいて、和歌山に住んでいることが誇らしげに思える内容でした。
そして、ゲストの皆さんが歌いあげる民謡や、室井滋さんの朗読も素晴らしく、アツい魂を感じる充実した2時間でした。

さて、その模様が!この度テレビで放送されます!!
会場に行けなかった方も、会場で楽しまれた方も再び、楽しんでいただけたらと思います(*^^*)

【 民謡魂 ふるさとの唄「和歌山県紀の川市」 】
7月1日(日) NHK総合 午後3時5分~3時49分

柴崎尚美

ページトップへ

梅雨の楽しみ

すっきりしない天気が続いていますが、コンサートに行ったり、 アジサイを見にドライブしたりと、週末は県内各地に出かけています!

16日の土曜日は、5月に放送した、 あすのWA!「紀州人」のコーナーに出演していただいたチェロ奏者の谷口賢記さんの演奏を聴きに行ってきました。

心地よい音色にとても癒やされ、あっという間の2時間でした。

そして、別の休日には有田市へアジサイの撮影に!

さまざまな色、初めて見る形、たくさんの種類を見ることができました♪
私の一番のお気に入りは、

淡い青色の小さい花が集まって1つの形になっているこちら。
とにかく可愛い!!!!!
何度もシャッターを切りました。
街中でもところどころアジサイを見かけますが、 雨が降った後の雨粒のついたアジサイもまた風情があっていいですよね(^^)♪
季節の変わり目でもありますので、 体調管理には充分お気をつけくださいね。

そう言っている私は、 連日盛り上がっているワールドカップを見ていて 少々、寝不足ですが・・・笑
NHK和歌山放送局の1階ロビーには 85インチ大画面モニターがあり、 迫力あるスーパーハイビジョンで ワールドカップの模様を放送しています。

日本代表、勝って欲しい!精一杯応援します(^^) (

是非遊びに来て下さいね♪

坂本七菜

ページトップへ

十数年ぶりに帰ってきました!!

みなさま、お久しぶりです!
十数年ぶりに和歌山に帰ってきた横林良純です。

6月8日から本格的に和歌山で仕事をしています。
5月下旬、引継ぎのため和歌山局にお邪魔した際、かつて一緒に仕事をしていた方もいらっしゃって、 とても懐かしく感じました。

そのときに撮影した和歌山城。久しぶりに見た美しい姿に感動して、思わず1枚撮影しました。

さて、十数年前は夕方ニュースのキャスターを担当していました。証拠の写真はこちら。

20代後半の私です…。
今後は、和歌山の魅力を全国に発信していくとともに、地震や津波、水害への備えについてしっかりと伝えていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします!!

横林良純

ページトップへ

また会う日まで

和歌山でゆっくり過ごせる最後の週末、白浜で温泉や地ビールを満喫してきました。
以前からよく間違えられるんですが、左が安田アナウンサーで、右が今城です。
偶然ペアルックのようになってしまい、余計にややこしいですけれども。

あっという間に駆け抜けた4年間でした。
防災番組の制作や、旬の味覚の生中継、時には大好きな音楽の話題も。公私共々お世話になった和歌山の皆さん、本当にありがとうございました。
間もなく次の任地、富山放送局へ旅立ちます。
和歌山放送局アナウンスのメンバーをこれからもよろしくお願いします。
またお目にかかる日まで、さようなら。

今城和久

ページトップへ

高野山と花園で

今から4年前。東京から和歌山へ転勤が決まったとき、最初に連絡したのが高野山に住む林くんでした。我々が幼い頃、神戸のジュニア・オーケストラで林くんはバイオリン、僕はコントラバスの担当。
毎週練習のために高野山から通っていたのだと大人になってから気付き、そのガッツに感服したものです。

今回「ラジオ防災講座」の制作で高野山を訪ね、林くんやご近所の皆さんに、普段土砂災害に対してどのように備えているか、インタビューさせてもらいました。
加えて高野山の麓、かつらぎ町の旧花園村にもお邪魔し、昭和28年の紀州大水害を経験した新谷さんにも当時のお話を伺いました。

梅雨や台風で土砂災害の危険性が高まる時期を前に、是非体験者の声に耳を傾けてみてください。
「第3回 ラジオ防災講座」放送は、あすFMラジオで6月1日(金)午後6時からです。

今城和久

ページトップへ

スポーツ観戦♪

先日の12日(土)、 春の高校野球近畿大会 和歌山県予選
「智弁和歌山」対「向陽」の試合を見に行ってきました!!

春のセンバツで準優勝と大活躍した智弁和歌山と母校・向陽の試合!
すっきりとした青空の下、 グラウンドでは選手の大きな掛け声が、 スタンドでは応援の声が響き、大盛り上がり(^^)

試合は向陽が先制したものの、結果は、 8対1で智弁和歌山の勝利でした。

さらに、次の日も紀三井寺に。
和歌山県サッカー選手権大会 決勝 「アルテリーヴォ和歌山」対「海南FC」を観戦しました。
雨の中で始まった試合、前半は0対0。
アルテリーヴォ和歌山が後半35分に先制点をあげ、試合が動きました。
このまま試合が終わるかも・・・と思っていましたが、後半アディショナルタイム、 海南FCが劇的な同点ゴールを決め、延長戦に。

延長戦開始直後、アルテリーヴォ和歌山の10番、 白方選手がエースの意地を見せるシュート、 これが決まり、決勝点となりました。
白熱した試合を見られて大興奮!!

スポーツが大好きな私、 実は、高校生時代に海南FCの女子チーム「シャウト」に所属していました(^^)
大学時代もサッカーやフットサルをしていたんです!

(大学時代のチームメイトと)
会社に入ってからも、みんなでフットサルをしたりすることも。

(坂田リポーター・辻リポーターと)
最近、どんどん暖かくなってきましたし、 これからもスポーツ観戦なども含め、県内をあちこちたくさん訪れたいと思います!!

この写真は、野球観戦から帰ってきた私に、天気がいいんだからどこかに連れて行けと飛びついてきた愛犬とお出かけした時のもの(笑)

坂本七菜

ページトップへ

4年ぶりの舞台で

あす(25日)の「あすのWA!」の「きらり紀州人」コーナー、ゲストは昨年度、和歌山県文化奨励賞を受賞したチェロ奏者の谷口賢記さんです。
有田川町での思い出や、来月の和歌山公演についてのインタビューです。

ちょうど4年前にも、同じメディア・アート・ホール(和歌山市)の舞台でバイオリン奏者の澤和樹さんにお話を伺いましたが、今回も!図々しくピアノ伴奏に立候補。
今回は「あすのWA!」のテーマ曲も谷口さんと演奏しました。
どうぞお楽しみに。

今城和久

ページトップへ

気になるその後とGW♪

こんにちは、リポーターの辻です。
新緑がまぶしい季節になりましたね!
お天気に恵まれた今年のGW、色んなところへ遊びに行ってきました~!

●岩出市の旧県会議事堂、道の駅 ねごろ歴史の丘●
私が持っているこちらのドリンク・・・皆さん覚えていらっしゃるでしょうか?

去年11月放送のリポートでご紹介した、「ミルク・ソーセキ」です!
(ミルクセーキと、かつて旧県会議事堂で講演した夏目漱石をかけあわせた、ご当地スイーツ)
以前取材した井村さんたちのグループのレシピが基になっているんです。
味は取材時からアレンジされていますが、フローズン状のドリンクでこれからの時期にぴったり!
甘くておいしかったです(*´﹃`*)

●北山村の「いかだ下り」!●

職場のみんなと行ってきました!
360度、見渡す限り美しい山々!そして川には稚アユの姿も!(写真、撮り損ねました。。。涙)
激流ポイントでは、両サイドから迫りくる水しぶきにみんなで叫びました(笑)
澄んだ空気が気持ちよかったです♪

途中、いかだ師さんの「こっち山は和歌山県でそっちの山は三重県。あそこに見える山は奈良県だよ。」という案内が印象的でした。これも飛び地ならではですね~!

風がきつい日でしたが、いかだ師の皆さんのお陰で無事終了しました。
ありがとうございました!

●そして最後に、兵庫県淡路島●

高校時代の友人と一緒に訪れました!
地元・和歌山で就職したのをきっかけに、また会うようになったんです。
これも故郷ならではのご縁だなと実感…(^^)♪
連休中、元気をたっぷり充電できました!

夏に向かって日差しもきつくなってきました。
皆さま、どうか体調管理にお気をつけ下さい。

辻 由布子

ページトップへ

南海トラフ巨大地震とは

和歌山では毎日のようにどこかで見聞きする「南海トラフ巨大地震」。
今後30年以内に発生する確率が、これまでで最大の70%から80%に引き上げられました。
その最新の想定や今すぐ備えるべきことについて、今月11日の「ラジオ防災講座」で考えました。

ゲストは、南海トラフ巨大地震による和歌山県の被害想定をまとめた、河田惠昭さん(関西大学社会安全研究センター長)。
「減災」という言葉の生みの親でもあります。
先週のNHKでの放送に続いて、共同制作を行うコミュニティーFMの「エフエムワカヤマ」「FMはしもと」「ビーチステーション」「FM TANABE」でも同じ番組が流れる予定です。

今城和久

ページトップへ

春の味覚

こんにちは。坂田 智恵子です。

今年度も県内のさまざまな場所を訪ねていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

春といえば山菜ですね。
山に行くと、ワラビやゼンマイなどさまざまな山菜を見かけますが、今が旬の「こごみ」の取材に紀美野町に出かけました。

「こごみ」は、山菜独特のアクが少なく、食物繊維やビタミンが豊富で健康食材としても注目されています。

調理法も簡単で、さっと湯がくだけでもおいしいのですが、この日は地元イタリア料理のシェフの協力のもと、新しいレシピの試作会が開かれました。
どんなお味なんでしょうか?

この続きは
4月17日(火)18:30~ 「あすのWA!」WA!かやま見つけ隊コーナー
4月18日(水)11:30~ 「ぐるっと関西おひるまえ」
で放送予定です!

みなさん是非ご覧ください。

和歌山には他にもおいしいものがいっぱい!
田辺市磯間の湊浦漁港内にある、地元漁師の女性部の皆さんで運営する「湊浦漁協食堂」にも行ってきました。
ここでは、水揚げしたばかりの新鮮な「しらす丼」が味わえます。
とってもおいしかったですよ(*^_^*)

この日は天気もよく、海を眺めながら頂く新鮮なしらす丼は最高でした!

まだまだ他にも!
先日、紀の川市にある「めっけもん広場」を訪ねると、

開催されていたイベントでフルーツティーの販売がありました。
イチゴに、キウイに、みかんに・・・
果物の甘い香りが口いっぱいに広がり、紀の川市産のおいしい果物を味わうことができました。

これからも和歌山の「おいしいもの」を探しに県内を駆け巡ります!

坂田智恵子

ページトップへ

新年度!ポスター撮影

4月に入り、新年度を迎えました。
リポーター2年目も、張り切ってがんばります!

さて先日、新年度に向けた「あすのWA!」ポスター写真撮影が行われました♪
黒杉キャスターが復帰され、さらににぎやかに(*^^*)

NHK和歌山放送局ホームページの、とある場所で見られる「WA!」のポーズ3人です!
是非探してみて下さい!(笑)

私たちリポーター3人は、引き続き「WA!かやま見つけ隊」を担当します。

これからまた1年、和歌山各地の話題をお届けしていきます。
よろしくお願いします!

辻 由布子

ページトップへ

新年度も毎月第1金曜に

新年度も「ラジオ防災講座」は、NHK FMで毎月第1金曜日の午後6時スタートです。
一回目の放送は「被災後の住宅再建」をテーマに、室﨑益輝さん(兵庫県立大学減災復興政策研究科教授)をゲストに迎えてお送りします。

先日「エフエムワカヤマ」で収録後、室﨑さんとパーソナリティの津山理美さんと一緒に。
阪神・淡路大震災当時、神戸大学でお勤めだった室﨑さんは、仮設住宅の調査研究など被災地の課題と向き合い、その後も各地の災害現場を訪ねては提言を続けてこられました。
いつもニコニコ穏やかな室﨑さんですが、被災地の直面する不条理には一緒に怒り、災害に遭った人たちの悲しみや苦しみ、時には優しさに一緒に涙する横顔も。
かつて故郷神戸の復興を調査し研究者を志していた私が、学生時代から最も尊敬する防災のプロのお一人であり、勝手に父と慕う人物です。

今月で熊本地震から2年。益城町では仮設団地の自治会長の宮永和典さんから現状と課題について伺い、南阿蘇村では自宅の再建に臨む皆さんにインタビューしました。
仮設住宅での生活は遠いどこかの話ではありません。
和歌山でもいつかその日がやってきます。来る大災害を前に、今どんな準備ができるのか。
放送はあす6日(金)です。

今城和久

ページトップへ

和歌山に、帰ってきました!

皆さま、お久しぶりです!
・・覚えていただいていますでしょうか・・。

2013年度~2015年度までの3年間、 「あすのWA!」のキャスターをしていました、黒杉 愛(くろすぎ めぐみ)です。

ご縁があって、今年度から、NHK和歌山放送局で 再びキャスターを務めることになりました!

2年ぶりの和歌山。
(といっても、観光などでちょくちょく遊びに来ていたのですが・・)

和歌山城の桜もちょうど満開!

変わらず見事に咲いている様子を見て、 あ~、和歌山に戻ってきたんだなあと実感しています。

お城の忍者にも再会。

和歌山に戻ってこられたうれしさから、 お城を背景に、こんな写真も撮りました。
NHK大河ドラマ「西郷どん」のポスター風に・・。

ちなみに本物の西郷どんポスターはこちら。

このはしゃぎっぷり。

ちなみに、三脚を立てて、一人で撮影しました。
なので、こんな失敗写真も。

高く飛びすぎました・・。
和歌山の皆さんに楽しんでいただけるように!
さらなる飛躍を目指し、元気に頑張ります!

これから、また、「あすのWA!」キャスターとして 和歌山県の皆さんにお目にかかれること、楽しみにしております!
よろしくお願いいたします。

黒杉愛

ページトップへ

秋もすっかり深まってきましたね。

・・・という文章を打ったところで止まっているブログ原稿を今、更新しています。
お久しぶりです、柴崎です。
「便りがないのは元気な証拠」という事で、皆さん目をつぶってあげて下さい…(本当にごめんなさい;;)

さて、それこそ本当に楽しい和歌山生活はあっという間に過ぎて行き、2度目の春を迎えました。
去年に比べて桜の開花が早かった今年。 早速和歌山局のみんなでお花見に行ってきました。

和歌山城の桜は本当に見事ですね!!!!!!
満開の桜と共にライトアップされたかっこいい天守閣、そしておいしいご飯。
幸せをかみしめました・・・。(*´~`*)

そして・・・、春は別れの季節でもありますね。
“わびたび”のコーナーにご出演されていたshinoさんが、この度ご卒業されることとなりました。
明るく元気で皆さんに愛されるキャラクターが私も本当に大好きでしたし、 プライベートでも仲良くさせてもらっているお姉さんのような存在のshinoさんが「あすのWA!」を卒業してしまうのはとても寂しいですが・・・(;;)
新しい命を授かられたという事で、それはとっっっっっってもうれしいニュース!!!!
また元気なお姿を見せてくださるのを、皆さんと一緒に楽しみにしたいと思います☆(*^v^*)

最後に皆さんにもshinoさんの笑顔の写真をおすそわけ・・・♪
番組終了後、わんだーらんどのお二人とスタジオでパシャリ☆

本当に6年間、お疲れ様でした!!!

柴崎尚美

ページトップへ

冬も和歌山満喫!

こんにちは、辻です!
3月に入り、厳しい寒さも緩み春の日差しを感じることが多くなりましたね。
前回のブログから時間が空いてしまい、今年こそこまめなブログ更新を頑張ります!

さて私の2018年は、毎年1月1日に和歌山城で開催されている「新春つれもて歩こう走ろう会」から始まりました!
小学生のときの友人と参加しました♪

(参加者に先着でもらえる、干支のメダルです。)


2月のピョンチャンオリンピック期間中に休暇で白浜を訪れました。
実は幼い頃少しの間だけ白浜にいたこともあり、新鮮さもあり懐かしい旅行になりました (^^)

なんと、偶然パンダの「特急くろしお」に乗れました~! (*´꒳`*)
座席もパンダで、すでに気分は「白浜観光!」です…♪

白浜のスイーツを食べ歩いたり・・・

また、訪れた中でも「三段壁」の景色は圧巻でした。
冬の海の美しい青! しばらく、ただひたすら眺めていました。
スイセンの風にそよぐ姿も見ていて心地よかったです。
三段壁の洞窟では、洞窟内の波がすごい迫力で・・・!
見ていて飲み込まれそうな勢いでした!

仕事以外で白浜を訪れたのは子どもの頃以来で、久しぶりにゆっくりしました。
幼い頃見た風景と、大人になって改めて見る風景とは、同じ場所でもまた違うものですね。

1年間リポーターとして県内を巡る中、和歌山生まれなのに新しい出会いと魅力がたくさんありました。
故郷だからと知っていたつもりだったこともあり、改めて和歌山と向き合い奮闘した1年でした。

さて、今年度もあとわずか!
残りも目いっぱい、和歌山県内を駆け巡ります!

辻 由布子

ページトップへ

東日本大震災7年を前に

一年ぶりの全編生放送となった「第10回ラジオ防災講座」、お聞きいただけたでしょうか。次回の「防災講座」は通常通り第1金曜日、2月2日の放送です。
今回は東北からのメッセージと共にお送りします。

東日本大震災から7年となるのを前に、東北の沿岸部から集団移転を果たした宮城県岩沼市の玉浦西地区の事例をご紹介し、和歌山で計画策定が進む「事前復興」について考えます。
先日訪ねた玉浦西地区には、春は緑でいっぱいになるという公園がありました。住民の皆さんが毎月のように集い、手入れを続けてきたそうです。被災した後にどんなまちづくりを進めるか。
今から和歌山で準備できる事とは。多くのヒントがありました。どうぞお聞き下さい。

今城和久

ページトップへ

あけましておめでとうございます

遅ればせながら、あけましておめでとうございます!!

最近は特に寒い日が続いてますね。
我が家では、愛犬2匹にストーブを占領されております。。。苦笑
さて、去年はリポーターとして県内各地に取材に行かせてもらいました。
地元出身の私ですが、和歌山の旬の味 “シロウオ漁” を初体験したり、海南市で作られている国産のシュロを使った “たわし” を取材したりと、和歌山の新しい魅力をたくさん発見しました。
やっぱり和歌山ってええとこやなあ~と改めて感じました ^^
そして新年は、以前取材した開智高校男子バレーボ-ル部を応援するため、全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)が開催されている東京体育館に行ってきました。
熱気に包まれた会場で行われた初戦は、長野県代表・創造学園との対戦、エース岡本選手を中心にしっかりと点数を重ね、見事勝利!!

しかし、残念ながら三回戦・山口県代表・高川学園にフルセットの末、惜敗。
無念の敗退となりました。
残念ながら日本一を見届けることはできませんでしたが、選手たちの最後までボールを追う姿、本当にかっこよかった!!
開智高校バレー部のみなさんお疲れ様でした。これからも応援しています!

さらにその後も埼玉県に移動して、高校サッカー準決勝。
千葉県代表・流通経済大柏vs長崎県代表・長崎総科大付属の試合を観戦しました ♪

こちらも強豪校対決、見応えのある試合でした (^^)
新年早々、大好きなスポーツ観戦ができ、選手たちの熱い戦いを見て、私ももっともっと頑張ろうと意気込んでます!!

今年も県内のたくさんの場所を訪れたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

最後の写真は、先日24歳の誕生日に大学時代の親友たちと群馬県の伊香保温泉旅行に行った写真です ♪
この季節、暖かいお風呂が最高ですね~ !!
みなさまも体調にお気をつけくださいませ。

坂本七菜

ページトップへ

今年も残すところわずかに

こんにちは。坂田智恵子です。
4月にご挨拶してから、早いもので8ヶ月が経ち、あっという間に12月。
今年ももう残すところわずかとなってしまいました。
ブログの更新ができていなくて本当にすみません。

この8ヶ月間、リポーターとして県内各地に出かける機会も増え、新たな出会いや和歌山の魅力を発見しながら日々を送ってきました。

さて、和歌山といえば、みかんに柿など、果物の栽培が盛んですね。
紀の川市では、今年のクリスマスに合わせて傷がついたり商品にできないフルーツを使って、「フル-ツ・クリスマスリース」のワークショップが行われました。

私も参加させていただき、地域おこし協力隊の尾方千春さんに教えてもらいながら、オリジナルのリースを完成させました。

このリース部分も含め、全て紀の川市のものでできているんです。
フルーツ・クリスマスリースがどのようにできているのか、
この続きは
12月12日(火)18:30~「あすのWA!」 ~WA!かやま見つけ隊コーナー~
12月13日(水)11:30~「ぐるっと関西おひるまえ」
で放送される予定です!
みなさんぜひご覧になってください。

それから、先日、柴崎キャスターと南紀白浜空港までドライブしてきました。

この日は天気もよく、車中から見えた海がとてもきれい!
水平線までよく見えましたよ。

その他この8ヶ月、いろんなところへ行って和歌山を満喫してきました♪

高野山へ行ったりパンダに会いに行ったりと、訪ねたいところはまだまだ尽きません。
これからも和歌山の魅力を探しにいろんなところへお邪魔したいと思います!

坂田智恵子

ページトップへ

家庭でできるサバイバル術

熱中症の心配もないし、蚊もいないし、冬こそキャンプ!と、ゲストの林美由貴さん(和歌山県キャンプ協会理事)はおっしゃいます。確かにたき火を囲むのも楽しそう(かく言う私はこれまで一度も自分でテントを張ったことがありません・・・ごめんなさい)。

12月1日(金)放送の「ラジオ防災講座」のテーマは「家庭でできるサバイバル術」。
キャンプの達人、林さんからは、限られた材料や道具を災害時に生かす方法を、白浜町消防本部予防課の真鍋幸伸さんからは、家庭で起きる事故の防ぎ方について伺います。
放送はNHK FMであす(1日)午後6時からです。

今城和久

ページトップへ

「稲むらの火」を世界に

11月5日の「世界津波の日」に広川町の「稲むらの火の館」で行われた公開生放送、朝から会場にお越し下さった皆さん、そして番組を聞いて下さった皆さん、ありがとうございました。

ゲストに関西大学准教授の奥村与志弘さん、和歌山出身の女優の岡本玲さんを迎えてお送りした2時間の特別番組で、津波防災に取り組む和歌山や鎌倉、更にはインドネシアやメキシコなど国内外の最新の動きをご紹介しました。
最後に客席から声を聞かせてくれた、地元の広小学校のみんなの「濱口梧陵さんの思いをこれからも受け継いでいきたいです。」という力強い言葉も印象的でした。

今月の「ラジオ防災講座」では、この日の放送の内容を振り返り、「稲むらの火の館」の﨑山光一館長とともに、津波防災を見つめなおします。
放送はNHK FMで、今日(10日)午後6時からです。

今城和久

ページトップへ

半年がたちました

お久しぶりです、辻です!
和歌山局リポーターとして、半年がたちました。
初めてで慣れないことも多く右往左往していましたが、 少しずつ新しい環境に慣れてきたように感じます。
不器用ながらこれからもたくましく頑張ります!

さてこの半年、たくさんのことがありました! (*^^*)

6月の「WA!っとライブ」ではフラダンスグループの皆さんにお世話になりました!

初の生中継ということで、現場では出演者の皆さんより緊張してしまって(苦笑)
「落ち着いてやれば大丈夫よ!」「がんばれ!」と、逆に皆さんに励ましていただきました(;▽;)
あのときの温かさは忘れません…ありがとうございました (涙)。
本番では、ダンスはもちろん、その他の所作や身のこなしも優雅で!
皆さんのふだんの過ごし方が、ダンスの中にもにじみ出ていたんですね。(見習わなくてはと心底思いました。)

そして、8月に取材した神島高校 経営科学科の皆さんについては・・・続報が!
摘果みかん」を使った商品開発の取り組みが、 この度「早摘みみかんスムージー」としてついに完成したそうです!!

皆さんのすごいところは、素材を生かした味を出すのはもちろん、アレンジ力!
摘果みかんの果肉の食感を生かしたスムージーが、なんと摘果みかんのコンポート丸ごと1つのせた一品に仕上がっています! おいしそう!

私が8月に取材で訪ねた際は、試作の最初の段階でした。
その後もずっと完成を目指して取り組んでいたんです。
これからも皆さんの「和歌山らしさ」を生かした商品開発、応援しています!

また、つい先日9月の「WA!かやま見つけ隊」でご紹介した、 「わかやま城下町 ロゲイニング2017」にキャスターみんなで参加してきました!!
(※ロゲイニング・・・制限時間内に定められたチェックポイントを巡って写真を撮影し、どれだけ得点できるかを競うスポーツ。スタート地点から遠くて難しい場所ほどポイントが高く設定されています。)
市内の名所を時間いっぱい駆け回り、取材で訪れた不老橋にも歩いて向かいました!
この日は天気も良く、思い出に残るきれいな一枚が撮れました♪

和歌山のグルメを回ったり・・・ 県のマスコットキャラクター「きいちゃん」にも会いましたよ~!

その他「和歌山城の忍者とじゃんけんし、勝ったらポイントがもらえる」という企画もあり、 私たちのチームからは坂本リポーターが挑みました!
じゃんけん、ぽん!

見事勝利しました~!! ポイントゲットに、みんなで跳ねて大喜びです(笑)
ロゲイニング、わたしたちの総合順位は83チーム中、44位でした!
時間ギリギリまで駆け巡りましたから! 奮闘したと思います!(笑)
この日は坂田リポーターが参加できなかったので、またみんなでいろんなところを訪れたいです!
もちろん仕事でも、そしてお休みの日にも和歌山のいろんなところへどんどん巡っていきたいと思います♪

辻 由布子

ページトップへ

「心のケア」とは

真剣な面持ちで、避難所の「心のケア」について話し合う皆さん。
和歌山赤十字看護専門学校の学生さんたちです。

この日の実習では「震度7の地震発生から2週間たった避難所」という設定で被災者役と看護師役に分かれ、被災地での心のケアについて考えました。
被災者役のメンバーは「受験勉強中の中学生」や「日本語がわからない外国人」など、直前に示された情報をもとに役柄になりきります。
不安な気持ちにどうすれば寄り添えるのか。
苛立ちを隠せない人との接し方とは。
看護師役の皆さんも全力で向かい合います。

「ラジオ防災講座」、今月のテーマは「被災後の心のケア」です。
熊本地震の震源地の益城町では、自らも被災しながら町民支援を続けた役場の皆さんからお話を伺いました。
和歌山でもいつの日か求められる時が来る、大災害後の「心のケア」。
熊本地震でのケースをもとに、是非皆さんも考えてみて下さい。
ゲストは、全国各地の被災地で「心のケア」に取り組んできた、和歌山赤十字看護専門学校 副学校長の高岸壽美さん。
放送は10月6日(金)午後6時から、NHK FM「第7回 ラジオ防災講座」です。

今城和久

ページトップへ

ハッピーバースデー

8月、改めて宣言した「ブログの1ヶ月1回更新」。
なんとか1回目の9月は死守できました。(笑)
それにしても、前回のブログからもあっという間に時間が過ぎた気がします・・・。
まさに光陰矢のごとし・・・。

さて、9月の連休に両親が和歌山へ遊びに来てくれました。
「パンダに会いに行こう!」と、白浜町の動物公園に車を走らせ行ってきました。

パークに着くなり小走りで向かうはもちろんパンダブース!
奇しくもこの日は、「結浜」の1歳の誕生日!!!
配布されたオリジナルのサンバイザーをつけて、皆さんと一緒にお祝いです ♪

お母さんの「良浜」に甘えながらも、ケーキに興味津々の結浜は、本当に可愛すぎました~ ♪♪

(思い出しながら、また自然と顔が緩みます)
もうすぐ親離れの時期を迎え、良浜と別々の部屋で暮らすようになるそうですが、 私たちはいつまでも見守っているよ~。 これからもすくすく元気に育ってね。

その後、結浜のお姉ちゃんたち「桜浜」「桃浜」のところに向かいました。
この双子ちゃんは、私が人生で初めて会ったパンダ!! 個人的に、愛着のあるパンダなのです。
2年半前、私が初めて和歌山へ旅行に来た時はまだ小さな赤ちゃんでしたが・・・
すっかり大きくなった姿での再会に、感動すら覚えました。
スヤスヤと眠る桃浜に・・・

桜浜は・・・

大きくなっても、やんちゃ! 頭から転げ落ちていました。(笑)
「ゴチン!」とすごい音がしましたが、その後も元気に走り回っていましたよ! 元気!!
まだまだ子供らしい二頭の可愛い姿に癒やされました。

また9月は、結浜のお父さん「永明」の誕生日でもあることは、「あすのWA」の中でもお伝えしましたが・・・
9月はもうひとつバースデーが!!

そう! 私です(笑)
ありがたいことに、仕事の後、同僚に祝ってもらいました ♪
現在、和歌山局のアナウンス女性陣は、キャスターとしては私一人という形ですが、 リポーターの3人ともとっても仲良しです !(*^^*)
仕事内容は違えど、みんな同じフロアで一生懸命がんばっている姿に励まされながら、 私も毎日の放送に臨むことができています。

受け売りではありますが、 「誕生日」は私にとって、「祝ってもらう」というより「自分の周りの環境に感謝する日」です。
様々な人に支えていただきながら放送局で今もこうして働くことができて、 皆さんからも応援のメッセージをいただけて・・・
育ててくれた両親にも、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、テレビで見かけてくださったり、時間を割いてこうしてブログをここまで読んでくださったり・・・
色んな方とのご縁に感謝を忘れず、新しい一年もしっかり顔晴っていきたいと思います。

改めて、今後ともどうぞよろしくお願い致します ♪(*^^*)

柴崎尚美

ページトップへ

新宮の「母」と ~あれから6年

この夏、久々に新宮の「かあちゃん」を訪ねました。

6年前の紀伊半島豪雨で、新宮市熊野川町でも土砂崩れや熊野川の氾濫が相次ぎ大きな被害が出ました。
当時、地元の女性の皆さんの加工組合が運営していた、農産物の販売店「かあちゃんの店」も全壊。
ようやく本格的な店舗で再スタートを切った後に、「ウィークエンド関西」の中継でお邪魔しました。
水害を乗り越えた「かあちゃん」たちはこの日も元気いっぱい!
代表の竹田愛子さん自慢の「めはりずし」はやはり絶品でした。

毎月お送りしている「ラジオ防災講座」、今回のテーマは「紀伊半島豪雨から6年」です。
最新の土砂災害対策や、被災経験を語り継ぐ取り組みをご紹介します。
まずこちらの門のような形をした構造物、名前は「透過型砂防えん堤」といいます。

真下に立つとその巨大さが分かります。
砂防えん堤とはダムのような設備で、「透過型」は土砂災害が発生した際、格子状に組まれた金属の間から水は通しますが流木や大きな岩はせき止めます。

那智勝浦町にある県土砂災害啓発センターで主査の西岡恒志さんと、国土交通省国土技術政策総合研究所の木下篤彦さんから、模型でその仕組みを説明いただきました。

木を模した割り箸や石は水に押し流された後、えん堤の所で留まりました。
センターでは、この模型やパネルを使って土砂災害発生のメカニズムや、最新の対策について学ぶことができます。
番組の中でも詳しく説明します。
放送は9月1日(金)午後6時から、NHK FM (和歌山県域)「第6回ラジオ防災講座」です。

今城和久

ページトップへ

"クジラ愛" と "生命の神秘"をご紹介!!

皆さんこんにちは!柴崎尚美です。
最初のご挨拶のブログから、4ヶ月以上空いてしまいました(T∇T;)
前の神戸局でのご挨拶で、「皆さんに元気な姿をお見せできるよう、1ヶ月に1回更新、宣言!!!」
・・・をしたはずなのですが、あっという間に、もう夏が終わろうとしています。(白目)

えぇ、、、。和歌山での生活が充実しすぎて、感覚的にはまだ1ヶ月くらいしか経ってない気持ちなんです。(すごい言い訳ですね。笑)

でも本当に、地域のお祭りに出かけることもあれば、市場で新鮮な魚介類に舌鼓を打ったり、特産の南高梅で初めて梅酒を自分で漬けてみたりと、和歌山ライフを楽しんでいます★\(^0^)/

私はどこにいても、筆不精なところも含めて私は私で変わりません♪
ということにしておいてください(T∇T)(またすごい言い訳が飛び出しました。笑)

さて!そんな私が満を持して筆を取った理由!! ・・・そう!! 
番 宣 で す !!!!
明日(26日)の「ウィークエンド関西」の中で、『西日本の旅』に出演させていただくことになりました。
私が今回訪ねたのは、和歌山県南部に位置する太地町です★★

私のふるさと長崎にも捕鯨文化があるのですが、この太地町も「クジラの町」ということで以前からとても行きたかった場所で、こうしてさっそく仕事で訪れることができてうれしかったです。
町の入り口には、大きなクジラのモニュメントがあったり・・・

お昼休憩に寄った、新しくてとても綺麗な道の駅では、カレーの海をクジラが泳いでいたり・・・

歩いているだけでも感じる「クジラ愛」!!
その他、地元の伝統に誇りを持つかっこいいクジラ漁師さんや、可愛いクジラやイルカとの出会いもありました♪

クジラと生きる町の夏の旅。 是非ご覧下さい!
【NHK総合テレビ】(関西地域)
2017年8月26日(土)午前7:30~
「ウイークエンド関西」『西日本の旅』
~クジラと生きる町 和歌山・太地町~


そしてそして!この日はもうひとつ、和歌山の特別番組が放送されます!

【NHK総合テレビ】(和歌山県域)
2017年8月26日(土)午後3時05分~45分
紀の国スペシャル 南方熊楠生誕150年記念特集番組
「NENKIN QUEST 森の宝石といのちの輪」
『動物でも植物でもない、世にも奇妙な生命体、粘菌。
今年生誕150年を迎える、和歌山出身の偉大な博物学者、南方熊楠がこよなく愛したスーパー生物です。
個性的な姿に加え、迷路を解く「頭脳」や、大胆だったり優柔不断だったり「性格」があるかも、という最新の研究も。
締め切り目前の夏休みの自由研究にも最適。テレビゲームに迷い込んだ「勇者たち」とともに不思議な粘菌ワールドを冒険しよう!』

私はこの中で、語りを担当させていただきました。
この番組・・・ズバリ、面白いです!!(番宣、ヘタかよ!とセルフツッコミ)

でも本当に、笑えるところも沢山あるという意味でも面白いですし、最後には「生命の神秘」という深いテーマにも触れられるような深い面白さもあります。

こちらは和歌山県域放送にはなりますが、ぜひぜひご覧下さい!!!\(^0^)/

それでは、今回を機に、「ブログの1ヶ月1回更新」が果たされるのか・・・乞うご期待!!!(こらこら)

柴崎尚美

ページトップへ

和歌山の夏満喫!!

朝晩少しずつ涼しくなってきたものの、日中はまだまだ厳しい残暑が続いてますね。
そんな中、私は休日を利用して、県内各地に出掛けています♪
先日は、大学時代の友達が和歌山まで遊びに来てくれたので、 一緒に白浜町の動物公園、アドベンチャーワールドへ行ってきました!

ニュースでは何度も見ていてずっと会いたかった結浜にやっと会えました、 一つ一つのしぐさが本当に可愛くて、友達も私も大興奮。
長蛇の列が出来る意味が分かりました。

横にいた結浜のパパ永明は、ずっと動かず、ひたすら笹を食べていました。笑
さすが子沢山のパパ、貫禄がありました!

そのあと大好きなイルカショーを観覧。
小さい頃、イルカショーのお姉さんになりたいと考えていたこともありました!!

他にも、 和歌山市の片男波海水浴場へ泳ぎに行ったり、 浜の宮では、ウィンドサーフィンにも初挑戦してきました。

ウィンドサーフィンはなかなか難しく、一日中練習して、 最後にはインストラクターの手伝いなく、一人で乗ってボードに立つことが出来ました!!

とても楽しく、まだまだ練習したい!!趣味がまたひとつ増えそうです♪

大好きな和歌山の海、今年もたっぷり堪能できました(^^)

坂本七菜

ページトップへ

初任地の「父」と

真っ白なひげをたくわえたジェントルな男性、我が初任地の「父」です。

「ラジオ防災講座」、今回のゲストは日本ジオパーク委員会の委員長、尾池和夫さんです。
収録後、エフエムワカヤマのパーソナリティ宇和千夏さんも一緒に記念撮影を。
日本を代表する地震学者の尾池さんは元・京都大学総長、現在は京都造形芸術大学の学長もお務めです。
初めてお目にかかったのは20年近く前、私がNHKに入局し最初に赴任した京都でした。
京大の研究室を訪ねると、京都盆地の歴史から地球の未来まで(時々おいしいお店情報も)実にいろんなことを教わりました。
一方的に父と慕う私のことは、今でも「新人」扱い?して下さいます。

今回の「防災講座」は、「ジオパークに学ぶ災害史」と題し、南紀熊野ジオパークを取り上げます。
私も先月串本町で行われたジオツアーに参加してきました。

どうですか、この美しい地層!
ミルフィーユの如く重なった砂岩や泥岩から読み解ける、和歌山の大地の成り立ちとは。
尾池さんに詳しく伺います。
あす7日(金)午後6時からのFMラジオ、是非お聞き下さい。

今城和久

ページトップへ

暑くなりましたね

先週末(6/24)、南海加太線 めでたい電車に乗って

加太海水浴場に和歌山局のみんなでBBQに行って来ました♪

とうもろこしを焼く柴崎さん。

スイカ割りをする坂田さん。違う方向に行ってしまい、残念ながら割れませんでした。。。笑

今年初めて食べたスイカは、とっても甘くておいしかったです!!

これから迎える夏本番。
みんなで和歌山の魅力を発見しに、次はどこに行こうかと相談中です♪
暑くなってきましたが、みなさんも体調にお気をつけください^^

坂本七菜

ページトップへ

夕方も深夜もラジオで

両手をあげた高校生が台車に乗せられ、右に左にユッサユサ。遊んでいるわけではありません。
自ら台車を押して、「どんな耐震補強を施せば住まいを守れるか」を解説しているスーツ姿の男性こそが、今回の「ラジオ防災講座」のゲスト、福和伸夫さん(名古屋大学減災連携研究センター長)です。

この日は愛知県立半田高校の体育館で、飛び箱にバケツ、パイプ椅子にモップ等々、目に入った物を活用して、災害後の避難生活に役立つアイデアや建物の耐震に関して講義をされました。
普段はオリジナルのグッズも使って、防災のポイントや地震のメカニズムについて分かりやすく説明されています。
今度のテーマは「防災教育の今」、12日(金)午後6時からFMで放送予定です。

そしてラジオ番組のご案内をもう一つ。
「防災講座」の放送が終わった後の夜遅く、日付が変わって13日(土)の午前1時台に、「ラジオ深夜便」で和歌山市にお住まいの畑中孝之さんへのインタビューをお送りします。

畑中さんはかつて1日50本のタバコを吸うヘビースモーカーでしたが、喉頭がんを患い53歳で声帯を切除、声を失いました。
その後、のどの振動を音声化する専用の機械を使って声を出す訓練をし、以来15年にわたり、小中学校などを訪ねてタバコの害と禁煙について訴え続けています。
これまで4万5千人の子どもたちに語りかけてきた畑中さんに思いを伺いました。
ラジオ第一とFMで全国放送です。どうぞお聞き下さい。

今城和久

ページトップへ

はじめまして!

和歌山県の皆さん、こんにちは!
この春から「あすのWA!」のニュースキャスターを担当させていただくことになりました、 柴崎尚美(しばさき なおみ)です。

これまで長崎局と神戸局で勤めてきましたが、ニュースキャスターという立場は初めてで、とても緊張しています!
(そんなキャスターを見る皆さんのほうがドキドキしちゃうかもしれませんが…。苦笑)
ですが、ここ3年間は「ぐるっと関西おひるまえ」に出演していたので、まったく皆さんが“はじめまして”ではないと、勝手に安心感を持っています♪(笑)

というのも、先日、母と一緒に家探しに来た時に、夜ごはんを食べていたお店で、「テレビに出てる方ですよね?」と声をかけてくださった方がいて、春から和歌山局に出演することを伝えると、「じゃあ俺たちが和歌山でのファン第一号だ」と、応援の言葉を頂いたのです(*^^*)
早々に和歌山の方の温かさに触れて、この地に住むのがより楽しみになりました。
先日、早速ニタマ駅長にも会いに行ってきました。

今後、ニュースキャスターという立場ではありますが、できるだけスタジオを飛び出して、和歌山の人たちに直接出会えたらと思っています!!

そして・・・、前任の八木キャスターとは3年前の同じ時期に関西にやってきて、一緒に研修を受けた仲間でもあります♪

八木さんから受け取ったパワーも胸に、皆さまにしっかりニュースを届けられるよう「顔晴 (がんば) り」ます♪

和歌山の皆さま、改めて、どうぞよろしくお願い致します(*^^*)

柴崎尚美

ページトップへ

はじめまして!

はじめまして。4月からリポーターをさせていただくことになりました、坂田智恵子(さかた ちえこ)です。
出身は岡山県で子どものころから野山を駆け回って自然と触れ合ってきました。
和歌山県も豊かな自然とおいしい食べ物がいっぱいで、今からとてもワクワクしています!

先日、桜の名所として知られる紀三井寺を訪ねてきました。
和歌山には季節ごとに楽しめる観光名所がたくさんあるので、これから色々なところに出かけていって和歌山の魅力を発見していきたいと思います。

一人でも多くの方にお会いできることを楽しみに、和歌山県の皆さまにとって役に立つ情報や和歌山の魅力がしっかり伝えられるようリポートして参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

坂田智恵子

ページトップへ

はじめまして!

はじめまして!
この春より和歌山局に仲間入りしました、辻由布子(つじ ゆうこ)です。
和歌山生まれ・和歌山育ちで、この度社会人としてのスタートも和歌山で迎えることになりました。
学生時代から、表現したり伝えたりする仕事に就くことが、ずっと夢でした。
夢の第一歩を故郷で踏み出すことができ、本当にうれしいです。

さて、共通語のアクセントを習得すべく日々奮闘している私ですが(笑)
取材先で和歌山弁に触れる度、その温かさに心が和らぎます。
仕事とは別に、生まれ育った故郷の言葉を大事にしたいです。

仕事のことはもちろん、社会人としても学ぶことが多く、まだまだ未熟ではありますがこれから全力で頑張って参ります。
皆さま、どうぞよろしくお願いします!

辻 由布子

ページトップへ

ポスター撮影

お久しぶりです。
新年度で2年目を迎えました。
1年間「あすのWA!」のキャスターとして県内の様々な出来事をお伝えし、毎日毎日が新鮮でした。
4年ぶりのふるさとでの生活。
小さい頃よく連れて行ってもらった動物公園で、パンダが生まれたニュースを読んで懐かしいなと思ったり、今まではよく知らなかった和歌山県伝統の保田紙や、シロウオ漁の取材にいかせてもらったりして、さらに和歌山の魅力を感じとても充実した毎日でした。
今年は、さらに県内の色々な所に出かけて多くの方々に出会えればうれしいです。
見かけたらぜひ声をかけてください!!

そして先日は、新しく和歌山局の仲間になるキャスター・リポーターと一緒に新しいポスターの撮影をしました。

新しくなったポスター、ホームページをお楽しみに。
これからも、力を合わせて全員で頑張っていきますので、よろしくお願いいたします!

坂本七菜

ページトップへ

NHK和歌山放送局のアナウンサー・キャスターがつづるブログ。随時更新!

初めてご覧になる方へ

カレンダー