放送内容

Vol.115南国の味〜沖縄〜

初回放送日 Eテレ 2018年9月9日

お気に入り
渡久地克さん
エッセイ
沖縄

この夏、久しぶりに沖縄へ旅に出るベニシアさん。沖縄では近年、県内でコーヒー栽培を始める農家が増えていると聞き、30年以上の経験を持つばい煎技師が作ったコーヒー農園を訪ねる。100%沖縄産のコーヒーをつくりたいという思いで8年前から農園作りに取り組み、収穫されたコーヒー豆から作る貴重な一杯を頂く。数年前に沖縄を訪れた時に出会った、金城笑子さんとの再会も。大宜味村で食堂を営む笑子さんに、地元ならではの黒糖を使った料理をふるまってもらう。さらに、黒糖を昔ながらの製法で生み出す職人がいると聞き、宜野座村の渡久地克さんを訪ねる。子供のころから祖父の黒糖作りを手伝っていた渡久地さん。数年前に祖父が他界した後、その味を残したいと一念発起。会社を辞めて黒糖職人の道を選んだ。加工糖等を一切加えない、サトウキビの搾り汁のみを煮詰めて作られる純黒糖の味に感動する。

  • 渡久地克さん

    沖縄県宜野座村出身。子どもの頃から祖父の黒糖作りを見て育った。5年前まで那覇市内でサラリーマンをしていたが、自身にとって大切な存在だった祖父の死をきっかけに一念発起。宜野座村に戻り、黒糖職人として新たな人生を歩むことを決意する。祖父から受け継いだ機械を使って、昔ながらの製法でサトウキビの搾り汁のみを煮詰めて作る、"純黒糖"の味を守り続けている。

  • 沖縄

    私は子どものころ
    小さな島に暮らしていました

    どこまでも続く空と海を
    何時間も眺めたものです

    時間がゆっくりと過ぎていく
    沖縄では
    慌ただしさがありません

    自然で調和のとれた
    沖縄の暮らしぶりに
    私の心はすっかりなごみました

▲ページトップへ戻る