放送内容

Vol.100恵みの季節

初回放送日 Eテレ 2016年11月13日

仲間たち
岩間利夫さん
レシピ
フェンネルのハーブティーとアイバス
エッセイ
西陣
ハーブノート
イチジク

豊かな自然に囲まれた京都・大原で手作り暮らしを楽しむ、イギリス出身のベニシア・スタンリー・スミスさん。大原で20年目を迎えた2016年秋の暮らしぶりを紹介する。 古民家の庭に秋の花が咲くころ、ベニシアさんは畑で眼精疲労によいと言われるフェンネルを収穫し、種を使ってハーブティーやアイバスを楽しむ。裏庭には結婚を記念して植えた思い出の木、イチジクがたわわに実を付ける。ベニシアさん、熟した実をかじったり、とっておきのオーブン料理で味わったりする。 ある日、愛用している西陣織の小物の織り元を京都市内に訪ねる。そこで、この道60年という最年長の織り師に出会う。機械に頼ることなく、心をこめて手で織り続けたいという言葉に感動する。 秋の昼下がり、友人と、京都府綾部市で作られる黒谷和紙を使って行灯(あんどん)の修繕に取り組む。柔らかい明かりの下、孫のジョー君と夕食を楽しむ。

  • 岩間利夫さん

    西陣織の老舗織り元の手織り師。戦後間もない中学2年の頃から父親の仕事の手伝いで織物を始め、23歳の時に現在の西陣織の会社に就職。以来60年以上手織りを続けている。2015年には長年の功労とその技術の高さに対して国から叙勲を受けている。

  • フェンネルのハーブティーとアイバス

    【材料】
    フェンネルの種 10ml
    水 300ml
    コットン 2枚


    【作り方】
    ・ハーブティー
    お湯を沸かし種を入れたポットにそそぎ10分蒸らす
    ・アイバス
    ハーブティーをコットンに浸して軽く絞り、まぶたの上にのせる

    ※ 妊娠中や授乳期の摂取については、適量を心がけ、十分注意しましょう。

  • 西陣

    日本に来て初めて読んだ本が
    源氏物語でした

    平安時代の宮廷での豪華で美しい
    生活が鮮明に描かれていました

    遠い昔から絢爛(けんらん)豪華な
    織物がおられてきました

    西陣の機織りは
    今も芸術品を織り上げています

    織り機のカタカタという音は昔から
    途絶えることはありません

    まるで時間を超えてしまったかのようです

    いつまでも美しい、身の回りのものを
    大切にしなければと思います

▲ページトップへ戻る