放送内容

夏〜京都 大原 ベニシアの手づくり暮らし〜

初回放送日 Eテレ 2016年7月30日(土)午後10時00分〜10時50分

イギリスから来日して45年、京都・大原で、20年目の夏を迎えたベニシアさんの、四季の暮らしぶりを追う新シリーズの夏編。
夏はベニシアさんの庭仕事の成果が現れる季節。色とりどりの植物たちが一斉に花を咲き誇る。幼い頃に暮らしたスペインをイメージして作ったスパニッシュガーデンには、地中海産を中心としたハーブの鉢が並ぶ。雨が降った時、乾いた土壌を好む地中海産ハーブを軒下に入れて守るための工夫だという。また、庭仕事の後に欠かせない、オリジナルのハンドクリーム作りも紹介する。
後半は憧れの地、北海道へ。釧路・阿寒湖では、自然を敬い、その恩恵を慈しみながら暮らすアイヌの人たちの文化を訪ねる。また紋別郡滝上町では、60年以上かけてたった一人で山を切り開き、夢の庭作りに取り組み続けてきた園芸家と出会う。およそ7.5ヘクタールもの広大な土地に800種類以上の花々が溢れる「ワイルドガーデン」。農薬に頼らず、自然の力で咲き誇る色とりどりの花々。スケール感溢れる圧倒的な美しさである。

  • スパニッシュガーデン

    ベニシアさんが幼いころに暮らしたスペインをイメージした地中海風の庭。こだわりは、テーブルの台の壁面に施されたタイル。雨の多い日本で乾燥した土地を好む地中海産のハーブを育てるための工夫も紹介します。

  • コンフリーのハンドクリーム

    古くからイギリスの園芸家に愛用されてきたハンドクリーム。傷の治りを早める効果があるとされるコンフリーを使って、ベニシアさんはオリジナルのハンドクリームを作ります。

  • コンポストボックス作り

    友人の池田・Stephen・師援(しえん)さんといっしょに、地元大原の間伐材など自然素材を使って新しいコンポストボックスを作ります。ベニシアさんとっておきのアイデアも盛り込まれています。

  • 山菜採り

    ベニシアさん、アイヌの文化を継承する人たちと山菜採りへ。大切な山の宝物を授けてくれる大地の神様に感謝の祈りを捧げてから山に入ります。山菜を使った伝統料理もいただきます。

  • アイヌ文様

    自然からヒントを得て描かれることも多い、伝統的なアイヌ文様。刺しゅう作業を見せてもらい、その文様に込められた思いに触れます。

  • ワイルドガーデン

    7.5ヘクタールの広大な土地を60年以上かけて、たった一人で花園に変えた園芸家・高橋武市さん。自然のサイクルを第一に考えるという庭作りの秘訣に迫ります。

Venetia’s Friends
  • 池田・Stephen・師援(しえん)さん

    1984年、日本人の父とアメリカ人の母との間に生まれる。ニューヨークの大学で建築を学び、23歳で帰国。東京の建築事務所で働き始めるが、都市生活に疑問を覚え、中山道の旅を経て京都に移住。
    現在は自然素材を用いた製品のデザインや製作、古民家の再生など、多岐に渡った活動をしている。

  • 高橋武市さん

    昭和16年、北海道滝上町の開拓農家に生まれる。中学校を卒業するとともに、花作りと庭作りで生きていく決意を固め、以来60年以上もの間、たった一人で夢の庭を作り続けている。
    7.5ヘクタールもの広大な花園。山一つをまるごと庭にしてしまった武市さんの庭はワイルドガーデンとも呼ばれ、春から秋にかけては一般公開される。

Venetia’s Essay
  • 木の声に耳を傾ける

    私は小枝を拾いながらゆっくりと山道を登り
    森を吹き渡る神秘的な風の音を聴いています

    まるで森の贈り物を活用してほしいと訴えているかのよう

    大昔から木は人間が暖かく過ごせるよう
    助けてくれました

    私たちは木材という贈り物を利用して
    日々の暮らしに必要なものを作ってきました

    世界中の大工さんが未来の世代のために
    家を建ててくれます。

    時の経過とともに木はゆっくりと地球に還(かえ)り
    跡形もなく消えていきます

    自然を師として仰ぎましょう

  • 地球は私たちの庭

    緑の自然は人間に多くの恵みをもたらします

    花や昆虫やあらゆる動物

    一歩ずつゆっくりと
    私たちは山道を登ります

    美しい花の楽園を歩くと
    庭は音に溢れています

    花やハーブの癒やしの効果を
    古代の人はよく認識していました

    自然が完璧で神々しいものであることは
    心で理解するしかありません

    地球上の命あるのもはそれぞれに
    大切な役割を担っています

    地球は私たちの庭なのです

Venetia’s Resipe
  • コンフリーのハンドクリーム

    【材料】
    コンフリーの葉 5〜6枚
    水 160ml
    ワセリン 80g
    カオリン 大さじ3
    スウィートアーモンドオイル 小さじ2
    ベルガモットオイル 6滴

    【作り方】
    1. 鍋に水とコンフリーの葉を入れ15分煮てペースト状にする 2. カオリン・アーモンドオイル・ベルガモットオイルを混ぜ、そこに1.をこしたものを加える 3. 2.にワセリンを加え、かき混ぜて完成
    ※ コンフリーは健康を害する恐れがあるので食用は避けてください

Venetia's Herb Note
  • マルベリー(桑)

    静かな夏のもの憂い朝、
    急き立てるものは何もなく、 目覚めた私はマルベリーの木まで歩いていきました。
    マルベリーの実は、鳥をはじめとする野生動物の好物です。
    果実はミネラル分が豊富で、葉はお茶として、若さと健康を保つと言われます。
    マルベリーの実を見ると、 大叔母と一緒に実を摘んだ思い出がよみがえります。

▲ページトップへ戻る

関連番組