これまでの放送

Vol.90 カラダにおいしい

  • 11月17日(日) 午後6時00分〜6時29分
  • 11月19日(火) 午前10時25分〜10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2012年11月16日

仲間たち
湯葉職人 高沢明人さん
レシピ
ショウガの砂糖漬け
ハーブノート
ショウガ
エッセイ
本物の味

秋深まる、京都・大原。ベニシアさんのガーデニングはもう来年の準備。春、花が咲いたときの色合いを考えながらチュ-リップの球根を植える。去年、近所の農家からもらったショウガのお菓子のおいしさにビックリしたベニシアさん、今年は自分でもショウガを育てた。農家の辻さんを自宅に招きショウガの砂糖漬けの作り方を教わりその味に大満足。週末いつも出かける朝市で湯葉の味に感激。店に出かけ本物の作り方を見せてもらう。

  • 湯葉職人 高沢明人さん

    1950年京都生まれ。
    元々はテキスタイルデザイナーとして働いていた。
    転職を考え始めた40歳の頃、若い頃から興味のあった食に関わる仕事をしたいと考え、地元京都ならではの食材、「湯葉」に注目した。
    京都にある湯葉屋に弟子入りを志願したが、すべて断られ独学で湯葉づくりを研究する。
    2002年に祇園に湯葉や豆腐の料理を出す飲食店を、2006年に麩屋町通りに湯葉の店を始める。

  • ショウガの砂糖漬け

    【材料】
    ショウガ 500g
    上白糖 250g
    グラニュー糖 適量
    酢 大さじ1

    【作り方】
    1、ショウガを繊維に対し直角に2ミリ幅に切り 酢を入れた湯で3〜4分ゆでる
    2、(1)をザルにあけ水をきり 鍋に戻し砂糖で煮つめる
    3、1枚ずつ並べ冷まし グラニュー糖をまぶし1日乾燥させれば完成

  • 本物の味

    空が白み始めると
    ほのかな青色が見えてきます

    美しい朝の日ざしにみとれる私に
    トンビがうれしそうに挨拶をしてくれます

    私は健康について考え始めた頃を
    思い出しました

    現代病の多くは私たち自らが
    選んだ食べ物が
    引き起こすことに私は気づき始めました

    ヒポクラテスは言いました

    「食べ物を薬とし 薬を食べ物とすべし」

    高校を卒業してから私はできる限り
    丸ごと食べられる食品を
    摂るようになりました

    添加物や防腐剤を使わないので
    栄養価も高く安全だからです

    私は機会があれば
    米や新鮮な野菜や果物
    豆腐などの食料品を
    直売所で買っています

    自然は本来とても優しいもの

    私たちが元気でいられるよう
    体にいい野菜やハーブを
    季節ごとに与えてくれるのですから

    そういった食べ物には
    本当の味わいがあるのです

    私には「健康こそ最大の財産」なのです