これまでの放送

Vol.1 春を呼ぶ水仙

  • 4月7日(日) 午後6時00分〜6時29分
  • 4月9日(火) 午前10時25分〜10時54分

初回放送日 BSプレミアム 2009年4月5日

仲間たち
古民家再生
レシピ
ハーブティーの楽しみ方
ガーデニング日記
ガーデニング日記
エッセイ
植物と暮らしたい

ベニシアさんの庭で小さなカエルが早春を告げた。
大原に暮すようになって13年、ベニシアさんが日曜日の朝欠かさず足を運ぶ場所がある。6時半から開かれる「大原ふれあい朝市」には、伝統的な京野菜を中心に大原で作られる新鮮な野菜や農家の手づくりの品々が並ぶ。ここは多くの仲間たちとの交歓の場だ。野菜に惚れ込んで農家となった渡辺さん夫婦は大原に来て2年の大切な仲間。みな季節と寄り添い、自然を大切にしながら生きている。
庭に育つハーブを使った石鹸水など、ベニシアさんの優しい手づくり暮らしを紹介する。

  • レシピ

    春の訪れを待ちながら・・・ハーブティーの楽しみ
    個性的な日本のハーブ「どくだみ」と、西洋のハーブ類を組み合わせておしゃれにアレンジしたベニシアオリジナルレシピを紹介します。

    ドライハーブティー
    【材料】
    組み合わせA(ローズヒップ ハイビスカス)
    組み合わせB(レモンバーム レモングラス レモンバーベナ)
    組み合わせC(どくだみ スペアミント)
    【作り方】
    1)それぞれの組み合わせのハーブを同量ずつ混ぜておく。
    2)一人分 小さじ山盛り2杯(約5g)の混ぜたハーブをポットに入れ、沸騰した湯1カップを注ぐ。
    3)そのまま約5分間浸しておく

    フレッシュハーブティー
    【材料】
    ・スペアミント(生葉)
    【作り方】
    1)ティーポットに一人分 約15gのスペアミントを入れ沸騰した湯1カップを注ぐ
    2)そのまま約10分間浸しておく

  • ガーデニング日記

    苔の中から白いスノードロップの蕾が顔を出しているのを見つけました。冬の間に痛んだ植物の手入れをしたり、そろそろ出始めた雑草の芽をむしったり、庭仕事が忙しくなりそうです。この時期にやるべきことは…。毎年書き続けているガーデニング日記をめくって、大切な作業を忘れないようにしています。

  • エッセイ

    私たちは四季を感じることで幸せな気持ちになります。生命の編み物のようになって私たちをつないでいます。私たちが心を開けば、周りにある植物や木々の鼓動を感じることができるでしょう。毎日、私のハーブガーデンで時間を過ごすと、心配事やストレスが溶けて無くなっていくような気がします。種をまくこと、植物に水をやること、木いちごを集めることなどの小さなことをするだけで、生命のすばらしさ(ありがたさ)や深い地球とのつながりを感じることができるのです。もし家に庭が無くても、外に出て空気を感じ、いろいろな香りを嗅ぐことで感じることができます。森の中に腰を下ろしてみたり、砂浜や川岸を歩くような地球で過ごす時間は尊いもので私たちはすべての瞬間を祝うべきだと思うのです。