STORY

「突然の父の報告、難病ALS…僕は苦しさを誰にも話せなかった。」

栃木県北部の町に住む中学2年生、上原和生(14)。和生の父・上原俊生(50)は、難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)。
体を動かす神経の機能が徐々に無くなり、やがては呼吸もできなくなってしまう。
和生は父の病を友人に隠した。後ろめたさを感じる和生だが、かつて父の生きがいだった地元ラグビーチームの仲間たちとふれあい、父の姿、生き様を見聞きしながら、家族や友人たちとの間で葛藤し、揺れ動いていく。和生の決意とは…。
栃木県大田原市のALS患者の一家をモデルとして、脚色。家族や仲間と苦悩する中で、“生"を見つめるアニメーション作品。

CAST

<声の出演>

主人公・上原和生
濱田龍臣
和生の父・上原俊生
鶴見辰吾
母・潤子
小林さやか
姉・杏奈
安田聖愛
兄・進一
平井浩基
地元ラグビーチームのメンバー・林
竹井亮介
和生の友人・幸菜
小林柚葉
和生の友人・阿久津
阿久津秀寿
ほか
<作>
松本哲也
<音楽>
小磯裕夫

MESSAGE

「難病筋萎縮性側索硬化症(ALS)と共に生きることを考える。」

NHK宇都宮放送局では、徐々に全身が動かせなくなる難病・「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を題材に、人間の“生"を見つめる番組「とちスペ『トライ』」を制作しました。

NHKで昨年放送したラジオドラマ「FMシアター『トライ』」を、宇都宮市の文星芸術大学・栃木県内の広告動画制作会社と連携・協力してアニメーション化しました。ドラマのモデルとなったALS患者と、最新のALS治療研究についてのドキュメントと共に放送します。

全身の筋肉が動かせなくなり、やがて自力では呼吸もできなくなるALS。その患者の苦労や葛藤、そして家族の絆の大切さをより広く知ってもらい、難病と共に生きることについて考えるきっかけとして欲しい。そんな思いを込めた番組です。ぜひご覧ください。

MOVIE