トップページ  おすすめ番組(栃木県関連)

おすすめ番組(栃木県関連)

さわやか自然百景

1月22日(日) 栃木 前日光
日光の南「前日光」は、標高2千m級の山々が関東平野に落ち込むところ。頂上付近は浸食が進み平たんで、湿原が発達している。春には数種のツツジが次々と花開き、夏にはバイケイソウ、サワギキョウなど200種以上の亜高山植物が咲き乱れる。湿原から流れ出した水は丸い巨岩が重なる「岩海」(がんかい)と呼ばれる不思議な地形の下を伏流水となって流れ、岩の上には豊かな森を育む。森はカモシカ、アナグマなどを支える。


ひるまえほっと

1月25日(水) 日光 スケートの魅力を次の世代に
大正時代からスケートが地域の人々に親しまれてきた日光市。そんな日光で幼い頃からスケートに励んできた元スピードスケート選手の若林勇太さんは、「地元日光に恩返しをしたい」と、3年前にスケートクラブを開きました。去年9月から始めたのが「スケート靴の回収」です。日光では、地元の人々の自宅にスケート靴が眠っている、ということに目をつけた取り組みです。スケートの技術や魅力を後進に伝える若林さんの思い、そして自分たちが使っていたスケート靴を新しい世代に受け継ぐ人々の思いをお伝えします。


にっぽんトレッキング100

1月26日(木) 水と紅葉が織りなす極上の色彩美 〜栃木・奧日光〜
標高ごとにさまざまな秋を楽しめる栃木県奥日光。秋本番10月下旬、女優の黒川芽以さんが訪ねた。標高1200mを超える中禅寺湖では、菖蒲ヶ浜・栃窪・千手ヶ浜などの景観を堪能し、さらに西にある西ノ湖へと足を延ばした。途中、中禅寺湖や戦場ヶ原を作り出した男体山を仰ぎ見る。小田代ヶ原の早朝の風景、戦場ヶ原では高層湿原に生えるツルコケモモなどの植物と出会い、そして湯滝を経て湯ノ湖へ。さまざまな秋の姿と出会う。

1月27日(金) 静謐(せいひつ)!氷と雪が作り出す絶景 〜栃木県奥日光・冬〜
厳冬の奥日光。マイナス20度にも迫る過酷な環境の下、黒川さんを待っていたのは、氷と雪が作り出す不思議な世界だった。風が作りだす「霧氷」、川面からの水蒸気が木に付くことでできる「樹霜」、さらに氷の上に花のように浮かぶ「霜の花」など、氷点下が生み出す自然の驚異を堪能する。さらに秋には極彩色の紅葉に囲まれていた絶景が、冬には静謐(せいひつ)な墨絵の世界に大変貌。季節ごとに楽しめる奥日光の大自然を満喫する。


ときめきとちぎ

1月27日(金) ときめきとちぎ
「ときめきナビ」
今回は、足利市。2月3日、節分の夜に行われる伝統行事「節分鎧(よろい)年越」、市内飲食店等が繰り広げるイベント「足利風土祭」の2つをご紹介します。「節分鎧年越」は、鎧(よろい)・冑(かぶと)に身を固め坂東武者に扮(ふん)した市民ら200人が歴史絵巻さながらに市内を1時間掛けて練り歩きます。「足利風土祭」は、足利の食文化の活性化がテーマ。市内の飲食店など参加店にてライブ・トーク・アートなどを楽しむことができます。スタジオでは、出演者が鎧(よろい)を着て登場、足利風土祭で楽しめる食べモノやアイテムをご紹介します。

「教えて!くらしの注意点」
NPO法人とちぎ消費生活サポートネット 白土美代子さんに、特殊詐欺や消費者トラブルについて、栃木県内で実際に起きている事例をもとに注意や対策をご紹介します。


こころの時代

1月29日(日) “いのちの苦しみ”に向き合い続けて 〜末期ガンになった僧医
栃木県益子町にある西明寺に生まれた田中雅博さんは、父親の進めにしたがって医師になり、東京の国立がんセンターに就職。センターには10年勤務し、内分泌部治療研究室長も務めるが、父親の死去をきっかけに退職、大正大学で仏教を7年間学び、寺を継いだ。2014年10月、自らが末期の膵臓がんであることが判明。手術を受けたが、その後がんは肝臓に転移した。病状から、「どんなにもっても2016年春まで」と考えていたが、成功率20%の抗がん剤治療が効果を上げ、余命を生き切る日々を送る。そんな中、4月から第一日曜日に始めたのが、がん患者とお茶を飲みながら、“いのち”について語り合うメディカル・カフェ。ライフワークとして取り組んできた「患者の“いのちの苦しみ”」に徹底的に向き合い続ける。番組では、自らの死も迫る中で、田中さんが伝えようとしている最後のメッセージを聞く。 


小さな旅

1月29日(日) こころつなぐ 鉄路〜真岡鐵道〜
栃木県南東部、長閑な田園地帯から山間地にかけて走る第三セクター「真岡鐵道」。朝夕は2両、日中はわずか1両編成の小さな鉄道だが、毎週末にはSLが運行され、乗客や見物客でにぎわうなど、地元住民を中心に多くの人たちに愛されている。番組では、終着駅の管理人として駅員から“お母さん”と呼ばれる女性、鉄道を通学に使い、野球に打ち込む高校生たち、SLを守る元国鉄OBの社員や真岡鐡道との出会いが人生を変えた青年・・・など、“ふるさとの鉄道”を巡る、人々のあたたかな思いを見つめる。 


※都合により、予告なく番組内容が変更になることがありますので、ご了承ください。