トップページ  おすすめ番組(栃木県関連)

おすすめ番組(栃木県関連)

ひるまえほっと

12月7日(水) 『親子の絆』強める“ミッション付き”コンサート
 11月19日(土)、宇都宮市体育館で「1000人キッズ大作戦!」というコンサートが開かれました。NHK Eテレ「みんなの手話」の主題歌などでも知られるキッズボーカルグループ「歌う海賊団ッ!」の歌をメインに、会話の減っている家族や、子育てに疲れている親を応援しようという企画です。参加する親子は、コンサート当日までのおよそ1か月、メールで課される「ミッション」に取り組みます。ミッションは、「親子で会話」、「お手伝い」、「家族への手紙を書く」など、親子の絆を強めるものばかり。当日、子どもたちは、最後のミッションとして親への手紙を持って会場に集合しました。企画した「歌う海賊団ッ!」の内田智博さんの思いと、ミッションに取り組む親子の姿を通して、『親子の絆』について考えます。


ストレッチマンV

12月8日(木) ゆびさきをつかおう
栃木県那須塩原市の県立那須特別支援学校に乳牛怪人ミルギューが現れた!毎日大変な思いをしてお乳を出しているのにみんなが当たり前のように牛乳を飲んでいると腹を立て、子どもたちを襲う。そこへ現れたのはストレッチマン・パープル。戦いの行方はいかに…!?感覚運動あそびのコーナーは「ゆびさきをつかおう」。新聞紙を丸めたりペットボトルのフタをつかんだりして指先の力を養う。 【出演】ちゅうえい(流れ星)ほか 


昭和の選択

12月8日(木) 太平洋戦争 幻の航空機計画 〜軍用機メーカー中島飛行機の戦争〜
太平洋戦争中、アメリカは超空の要塞と呼ばれる大型爆撃機B29を開発。このままでは日本全土が空襲され焦土になってしまう。軍用機メーカー中島飛行機の総帥となっていた中島知久平は対抗策に迫られる。敵がB29を実用化する前にアメリカ本土の生産基地をたたく超大型爆撃機を開発するか、あるいは大量の戦闘機を作って制空権を確保するか。窮極の選択と開発に力を尽くす技術者たちの思いとは。戦争と技術の葛藤の物語。


ときめきとちぎ

12月9日(金) ときめきとちぎ
「ときめきナビ」
今回は、足利市。日本奇祭の一つ「悪口(あくたい)まつり」をご紹介します。京都の鞍馬山、奈良の信貴山と並び日本三毘沙門天のひとつ・大岩毘沙門天で、大みそかから元旦にかけて開催される恒例の「悪口(あくたい)まつり」。一年間、積もったうっぷんを発散し、すがすがしい気分で新年を迎えようというもので、江戸時代から伝わる日本奇祭の一つです。修験者のほら貝の音に先導され、星空を仰ぎながら「バカやろう」などと大声を掛け合いながら、山頂にある本堂を目指します。特に、悪口に「ぼう」のつく言葉(例:びんぼう・どろぼう等)は禁句という決まりもあります。祭りの根底には、新しい気持ちで年を迎えましょうという祈りが込められています。そして、「悪口まつり」が終わると、「滝流しの式」が行われます。放送では、大岩毘沙門天(最勝寺)の住職が、実際の格好をして出演し、祭りの見どころを紹介して下さいます。

「旬のおいしさ直送便」
今回は、野菜ソムリエの荒井美智子さんに、旬を迎えた「ちぢみほうれん草」の活用法と、料理レシピをご紹介して頂きます。



BS1スペシャル

12月11日(日) 勝利は風にきけ 〜2016世界熱気球選手権〜
「熱気球は、スポーツだ!」色鮮やかな150機が、美しく大空を飛ぶ雄大な光景。いま熱気球がスカイ・スポーツとして世界で大人気となっている。この秋、佐賀市では、2年に1度の世界選手権が開催。世界トップクラスが集まり、激しい闘いが繰り広げられる。最大の注目は、前回チャンピオンとなった日本選手・藤田雄大(29)が連覇できるかどうか。勝負を決めるのは、飛行中、刻々と変化する風。各パイロットは風を味方にできる高度な判断力と技術が求められる。今回、番組では、GPSや精密な高度計、大会中の気象データを駆使し、気球の詳細な飛行経路をトレース。藤田選手と海外の強豪パイロットたちが見せる、手に汗握る攻防、知略をめぐらすハイレベルな熱戦を、スカイ・スポーツのドキュメントとして描く。


※都合により、予告なく番組内容が変更になることがありますので、ご了承ください。