トップページ  アナ・キャスター日記

アナ・キャスター日記

アナウンサー、キャスター日記では、番組の見どころや取材で気づいたこと、日々の栃木県の生活での新たな発見などを随時、書き記しています。 「とちぎ640」や「ときめきとちぎ」「ひるまえほっと」の番組で伝えきれなかった点なども公開していきます。
ぜひ番組と一緒にご覧ください。皆様からのご意見やご要望もお待ちしています。

前月の日記

「プロ野球ドラフト会議」

11月2日(金)

<@恩師と握手>≪拡大≫

<Aユニフォーム姿が楽しみです☆>≪拡大≫

2018年10月25日(木)
県内の高校球児の中から、プロ野球選手が誕生しました!
青藍泰斗高校の益子京右(ましこ・きょうすけ)選手です。


県内の高校生で唯一プロ野球志望届を提出していたキャッチャーの益子選手。
去年、中日から2位指名を受けて入団した石川翔投手に続いて、
青藍泰斗から2年連続でプロ野球選手の誕生なるか、注目が集まっていました。

指名の瞬間を取材しようと、私は記者会見場に。

当日午後4時頃、授業を終えた益子選手が会見場に姿を見せました。
午後5時から始まるドラフト会議で、学校関係者や報道陣とともに指名を待ちました。
各球団の指名が始まると、会場はいっそう張り詰めた空気に。
益子選手は大きく息を吐いたり、目を瞑ったりしてその時を待っていました。

そして5巡目。DeNAから指名されます。
会場の外で待機していた、仲間の野球部員の祝福の声が校舎内に響きました。
「改めていい仲間だと感じた」 という益子選手。
目にはうっすらとが浮かんでいました。

プロ野球選手のスタートラインに立った益子選手。
仲間の想いや県民の期待を胸に、頑張ってください!!!


「紅葉ではないけれど、、オレンジや赤の!?」

10月19日(金)

ヘビと見間違えてしまいそうなウリ「ヘビウリ」≪拡大≫

全員でヘビウリを持って≪拡大≫

いちごどーもくんの手元に可愛いいちごどーもくんが!≪拡大≫

か、か、か、かわいい!≪拡大≫

ブログを書くのがとても久しぶりになってしまいました。
県内の紅葉も見頃を迎えているところが多く、私も紅葉狩りに行きたい気分です!

色づくといえば、先日のひるまえほっとと、とちぎ640の中継で
佐野市の「ヘビウリ」をご紹介しました!
ウリ科の植物なんですが、本当にへびみたいですよね〜!
はじめは緑色ですが熟すとオレンジ色になっていきます。
こちらの色づきは、なんとも不気味な雰囲気を醸し出していますね。
<ヘビと見間違えてしまいそうなウリ「ヘビウリ」>


でも、この「ヘビウリ」、農家の方々の役に立っているんです!
実験的に鳥獣害対策にと畑の近くで育てたところ、
毎年来ていたサルによる被害が今年はなかったそうなんです。

スリランカ出身の男性から、
母国では鳥獣害対策にヘビウリが育てられていると聞いた
JAの担当者が佐野市でも試してみようと、始めたそうです。
サルはこのウリをヘビと見間違えて怖がったのでしょうか。

<全員でヘビウリを持って(右からJA佐野の相良さん、農家の田名網さん夫妻。)>


ところで、こちらは年中真っ赤ないちごどーもくん。でも、いつもとちょっと違います。

よーくご覧ください。
<、、、いちごどーもくんの手元に可愛いいちごどーもくんが!>

<か、か、か、かわいい!>
https://www.nhk.or.jp/utsunomiya/75th/archives/form.html

宇都宮放送局のホームページでは栃木県民の皆さんが
「もう一度みたい“とちぎ”の名場面の映像」を選んでいただくアンケートを行っています。
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選10名の方に、
この小さくてかわいいいちごどーもくんをプレゼントするんですよ。
締め切りまであと2日。是非お答えください!