トップページ  アナ・キャスター日記

アナ・キャスター日記

アナウンサー、キャスター日記では、番組の見どころや取材で気づいたこと、日々の栃木県の生活での新たな発見などを随時、書き記しています。 「とちぎ640」や「ときめきとちぎ」「ひるまえほっと」の番組で伝えきれなかった点なども公開していきます。
ぜひ番組と一緒にご覧ください。皆様からのご意見やご要望もお待ちしています。

前月の日記

「とちスぺ『とちぎ再発見!ニドミスペシャル』のロケに行ってきました!」

3月6日(水)

<ロケの様子>≪拡大≫

<ゲストのみなさんと>
≪拡大≫

<ぜひご覧ください!>
≪拡大≫

「とちぎ640」、木曜日の人気コーナー「ニドミ」。
私たちが日常生活で使っている身の回りのものが
どのように生み出されているのか?
普段はなかなか見ることができない製造現場に潜入し、
その意外な工程をご紹介してきました。

油で揚げないのにサクサクに仕上がるスナック菓子や、
滑らかな書き味を実現するボールペン、良くくっ付く粘着テープなど、
2018年度は栃木県内8ヵ所の工場に潜入しました。

それらの意外な現場をクイズで楽しむ「ニドミ」の特別版、
題して「ニドミスペシャル」の収録を、
先日、宇都宮市内の作新学院大学で行いました。

ゲストは、かつてアルバイトで10年ほど
アルミ工場で磨き仕事をしていたという、U字工事のお二人。
そして、高校生たちを指導する傍ら様々な製品開発を手掛けてきた
作新学院大学経営学部特任教授の杉本育男さんをお招きし、
 「栃木県にはなぜ大企業の工場が多いの?」
 「なぜ「ものづくり」が盛んなの?」
など、皆さんの疑問に楽しくお答えしていきます。
一緒に司会をした三橋大樹アナウンサーも工場長姿で登場しましたよ♪

見どころ盛りだくさんの「とちぎ再発見!ニドミスペシャル」。
放送は、3月15日(金)午後7時30分からです!是非ご覧ください。


「アイスクライミングに挑戦!」

3月1日(金)

<高さ15mの氷壁>≪拡大≫

<クラゲみたいな氷>≪拡大≫

今回の「トレナビ」は、日光で、アイスクライミングを体験しました!

靴底にギザギザの刃がついた靴をはき、
鎌のような形の「アックス」という道具を手に持って、
氷の壁に突き刺して登っていきます。

今回は、およそ15メートルの高さに挑戦!
想像していたよりも、腕と足の力が必要で、
はじめは目の前の氷しか見えないくらい必死でした。

でも、慣れてくると周りの景色を楽しむ余裕が!
「氷」といっても、表面がつるつるだったり、ざらざらしていたり、
ボコボコした形や、クラゲのような形の氷もあって、おもしろい!!

そして、登りきった時の達成感もひとしおでしたよ。
ただ、危険が伴うスポーツでもあります。
体験する時は、ツアーに参加したり、インストラクターと一緒に楽しんでくださいね。