トップページ  アナ・キャスター日記

アナ・キャスター日記

アナウンサー、キャスター日記では、番組の見どころや取材で気づいたこと、日々の栃木県の生活での新たな発見などを随時、書き記しています。 「とちぎ640」や「ときめきとちぎ」「ひるまえほっと」の番組で伝えきれなかった点なども公開していきます。
ぜひ番組と一緒にご覧ください。皆様からのご意見やご要望もお待ちしています。

次月の日記
前月の日記

水の上のトレッキング

8月14日(火)

乗り方を確認≪拡大≫

雄大な景色≪拡大≫

今回のトレナビは、日光市の川治温泉で「SUP体験」をしました!
“SUP”とは、「スタンド・アップ・パドル・ボード」の略で、
ボードの上に立って、パドルでこいで進むスポーツです。



ボードは、サーフィンで使うものに比べると巾が広く、
まるで水の上に立っているかのような不思議な気分を味わえます!
立って乗るだけでなく、座ったり、寝転んだり、イヌと一緒に乗ったり、
ボードの上でヨガをする人もいるそうです。

ただ、油断は禁物!
私は、慣れて来た頃に足を滑らせて水の中へ落ちてしまいました。
でも、この時期は水に入ってもとても気持ちよかったです。

そして、今回のトレナビグルメ!
ガイドの坂内さんとSUP競争で勝ったごほうびに、
川治名物のコロッケ屋さんへ。
実はここ、坂内さんの実家だという事でした!
お店では、おすすめの「メンチキャベツ」をいただきました。
揚げたてサクサクで野菜の甘みとお肉のジューシーさが程よく美味しかったです。

まだまだ暑い日が続きそうなので、この夏はSUP体験してみてはいかがでしょうか?


女子バレー★黒後愛選手

8月3日(金)

黒後選手にインタビュー≪拡大≫

一緒にBerry good!!≪拡大≫

先週金曜日、とちぎ640の「いちスポ」に、2020年の東京オリンピック
・パラリンピックに向けたコーナーがスタートしました!!
記念すべき第1回はバレーボール女子の“黒後愛”選手をご紹介し
ました!宇都宮市出身の黒後選手は、東京オリンピックで日本の
エースとして活躍が期待されている選手です。


7月某日、取材のために、東京のナショナルトレーニングセンターを訪れました。
バレーボールをやっていた私にとっては、夢のような場所です。
パスの時点からレベルが高く、終始開いた口がふさがりませんでした。
「1人でも多くの県民の皆さんに、黒後選手を応援してもらいたい!」
その一心で取材させていただきました。

黒後選手は、日本代表のチームの中で最年少。
練習中、自分のプレーだけではなくほかの選手のプレーを見て、
今の自分にできることはないかを常に考えて行動している姿が印象的でした。

ただ、コートを離れると天真爛漫でとても明るい選手。
バレーボールは楽しくしたいという想いから「笑顔」を大事にしているそうです。
インタビュー中も素敵な笑顔を見せてくれました♪
そして、黒後選手の力強いスパイクの裏には、
高校時代の努力や、ご家族の支えがあることもわかりました。

現在は9月の世界バレーに向けて練習中とのこと。
ここからのさらなる飛躍を全力で応援していきたいです!!!