トップページ  アナ・キャスター日記

アナ・キャスター日記

アナウンサー、キャスター日記では、番組の見どころや取材で気づいたこと、日々の栃木県の生活での新たな発見などを随時、書き記しています。 「とちぎ640」や「ときめきとちぎ」「ひるまえほっと」の番組で伝えきれなかった点なども公開していきます。
ぜひ番組と一緒にご覧ください。皆様からのご意見やご要望もお待ちしています。

前月の日記

5月の花のイベント

5月19日(金)

出演者のみなさんと≪拡大≫

さつきと手乗り盆栽≪拡大≫

           

今月の旬のおいしさメンバー≪拡大≫

キュウリのバラ≪拡大≫

キュウリのお花とちょうちょ≪拡大≫

5月19日の「ときめきとちぎ」は、鹿沼市のみなさんにお越しいただき、
"さつき祭り"をご紹介しました。

スタジオにも立派な"さつき盆栽"をお持ちいただきました。
さつきの花は濃いピンク色のイメージがあったのですが、
白や薄ピンク、グラデーションになっているものなど様々な色の花を咲かせると知りました!

今回で46回目を向かえるこのイベントは、全国各地から、丹精こめて育てられたさつき盆栽が300点ほど展示されるそうです。
きれいな形と色鮮やかな花で、芸術作品のようなさつき盆栽ですが、中には、代々手入れをしながら70年以上かけて作り上げたものもあるそうです!
さつき、奥が深い!!!

イベントは6月5日までひらかれているので、ぜひこの季節ならではの"和の文化"に触れてみたいですね。

そして「旬のおいしさ直送便」では、これからおいしい時期を迎える"きゅうり"についてご紹介しました!キュウリは、冷凍保存もできる事をご存知ですか?
スライスして、ラップで包み、ビニール袋に入れて冷凍すれば、2週間ほど保存できるそうです。解凍後は、酢の物やポテトサラダに適しているということです。

また、キュウリを使ったアレンジメントもご紹介!
キュウリのバラに、キュウリのちょうちょ。見ても楽しい野菜の世界です♪
ご紹介した、料理のレシピはHPでご覧になれますので、ぜひ作ってみてくださいね。


「折り紙工場」で、ニドミ!!

5月19日(金)

記念すべき1回目の放送です!
≪拡大≫

この折り紙、
一度は見たことありませんか??
≪拡大≫

ニドミ林≪拡大≫

礒野アナとオドロキ顔!≪拡大≫

きのうから始まったとちぎ640の新コーナー
「とちぎ再発見ニドミ」!!!!
スタジオからも、オレンジのつなぎでお伝えしましたよ〜!

何の工場を訪ねたかというと…
正解は、「おりがみ」工場でした!

このコーナーでは、普段身近にあるものが
"どのように作られているのか"を、
実際にその現場に潜入して、ご紹介していきます♪

折り紙は、巨大なロール紙から繰り返しカットされ、
だんだんと小さな形になっていくのですが、
その過程の随所には、工場の方の手作業が…!!

折り紙は色や枚数の組み合わせがたくさんあるので、
すべて機械化することができないのです…。
そのため、色を組み合わせる作業や、袋詰めは
工場の方が手作業で行っています!これは驚きでした。

次回は、「最新の折り紙事情」をご紹介します♪
わたしが"あるもの"の折り紙に挑戦しているのですが、
作るのにめちゃめちゃ時間がかかりました…。不器用全開です。

6月1日(木)「とちぎ640」18時40分〜
ぜひご覧ください!


新コーナー「とちぎ再発見!ニドミ」 栃木市の工場に潜入!

5月11日(木)

カラフルで巨大なロール!≪拡大≫

この四角形は一体・・・?!≪拡大≫

今月18日から始まる、とちぎ640の新コーナー
「とちぎ再発見!ニドミ」
このコーナーでは、思わずニドミしてしまうような、
県内の様々なおどろきスポットに潜入し、
栃木の魅力を再発見していきます!

記念すべき第一回目は、わたし林が、
栃木市にある"○○○○工場"に行ってきましたよ〜!
(○の中はひらがな四文字です)

ヒントは誰もが子どもの頃に親しんだ"アレ"!
裏側を、たっぷり覗いてきました。

どんな工場なのかは、見てのお楽しみです!
5月18日(木)「とちぎ640」18:40〜
ぜひご覧ください♪


東日本ロードクラシック☆☆☆☆

5月1日(月)

雪がちらついていました…

レース前集中する吉岡選手

21日(金)「いちスポプラス」 24日(月)「いちスポ」
自転車ロードレース東日本ロードクラシック前に、
那須ブラーゼンの吉岡直哉選手を紹介しました。
去年、ゴール前のスプリント勝負で最後の最後にかわされ2位。
そこからスプリント力を磨いてきたという吉岡選手の
大田原市の御亭山の急な斜面でのトレーニング。
私も吉岡選手の表情を見ているだけで息があがりそうでした…
レースの結果は、先頭集団でチームメイトの援護を受けられず、
悔しい結果となりました。
試合後に「チームとしてレベルアップをしていきたい」と話していました。

しばらくJプロツアーは空きますが、
吉岡選手は、
今月末に全国各地で行われる国際レースのツアーオブジャパンに
2020年の東京五輪を見据える若手選手で編成された
日本ナショナルチームのメンバーとして出場します。
チームで出場する宇都宮ブリッツェンと同様に活躍してほしいですね。