11月11日(月)~11月17日(日)に放送予定の
栃木県を取り上げた番組をご紹介します! 


11月13日(水)

 総合 (関東甲信越)

ひるまえほっと「真岡 合同バンドの挑戦」

吹奏楽の県大会を通過し東関東大会に出場する「真岡キッズハーモニー(通称MKH)」。真岡小学校と真岡東小学校の2校で編成された合同バンドだ。少子化の影響などで、今年から合同バンドによる県大会通過が認められた。MKHは東関東大会に出場する団体で唯一の合同バンドだ。2校で練習できるのは休日のみで少人数という決して恵まれていない環境の中、小学生最高峰の大会を目指すMKHの挑戦を伝える。



11月15日(金) 7

 総合 (栃木県域)

とちスペ「台風19号1か月 命と暮らしを守るには」

台風19号から1か月。被災者の生活再建は、いまだ見通しが立っていない。浸水した自宅での生活、進まない後片付け、健康状態の悪化、今後の暮らしへの不安。被災地の現状を伝える。そして今回の台風で相次いだ中小河川の氾濫。命の危険にさらされた住民もいた。ハザードマップや氾濫発生情報の対象外となっている河川があふれた時、行政は情報をどう伝え、住民はどう動くべきなのか、専門家を交えて、今後の対策を探る。



11月17日(日)午後5:20~5:30

 BSP 

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅
「生きものたちが集まるブドウ畑 栃木県 足利市」

足利市には知的障害者がブドウを育て、サミットで世界の首脳をもてなすほどのワインを作っている支援施設「こころみ学園」がある。60年前、障害者の働く場を作ろうと急斜面に畑を開き、草を生やして崩れるのを防ぎながらその草を刈って肥料にするなど、自然を生かすブドウ栽培を続けてきた。障害者のゆっくり丁寧な畑仕事がおいしいワインの秘密だ。ノウサギまで現れる里山の様な畑では、今年もいいブドウが収穫された。

https://www4.nhk.or.jp/satoyama/


 

ぜひご覧ください!

 

 

RSS