もうすぐクリスマスですね!

ことしのクリスマスはおうちで過ごすという方が多いと思いますが、ツリーやオーナメントのほかにお花を飾ってみるのはいかがでしょう?(^▽^)

クリスマス気分を盛り上げてくれるお花をご紹介します♪

christmasrosekawashima.jpg

まずは「クリスマスローズ」!純白の花が可憐で、清々しい感じがします。

日光市の川村一徳さんが栽培しました。

品種名は「クリスマスローズ ニゲル」といって、次々につぼみをつけるのが特徴です。

ご家庭で育てる際は、屋外や暖房のない玄関先などに置くと、花の色が長持ちします。

鉢植えとして楽しんだ後は、地面に直接植えると、翌年さらに大きな株に成長するそうです!

christmasrose.jpg

 

ozawapoinsetia.jpg

そして「ポインセチア」!燃えるような赤が印象的で、まさにクリスマスのイメージですよね。

下野市の黒川弘一さんが栽培しました。

品種名は「アイスパンチ」(左)「イタリアンレッド」(右)です。

寒さに弱いため10度以下になる場所を避け、暖房が直接あたらないところに置くとよいということでした!

poinsetia.jpg

 

 

そのほかにも、きれいなお花をたくさん届けていただきました!

derufiniumukawashima.jpg

こちらは「デルフィニウム」です。さわやかな色の花がとても可憐ですよね。

JAかみつが 日光花き部会が栽培しました。

青い花が「スーパーグランブルー」

水色が「スーパーシフォンブルー」

白は「スーパーシルキーホワイト」

紫は「スーパーラベンダーインプ」という品種です。

枝分かれしながら花がたくさんついていてボリューム感があるのも素敵ですよね!

derufiniumu.jpg

 

 

shikuramenkagukawashima.jpg

「ミニシクラメン」です。この時期の寒さをほっとやわらげてくれるような、温かみのある色が美しいですね。

益子町の萩原教充さんが栽培しました。

品種名は「F1スーパーベラノ」といいます。

赤や白、ピンクの縁取りのあるものもあって、どれもきれいな色ですよね。

一般的なシクラメンと比べて一つひとつの花は小さめですが、比較的簡単な管理でぎっしり開花していくそうです!

直射日光の当たらない日当たりのいい場所に置いて、冬の間は2~3日に一度くらい表面が乾いたら水をやるといいとのことでした。

minishikuramen.jpg

 

 

miekoka-ne-syon.jpg

こちらは「カーネーション」です。ヒラヒラとした花びらが愛らしいですね。

さくら市の長島秀行さんが栽培しました。

ピンクが「クレオス」

白が「アスペン」

濃いピンクに白い縁取りは「コスモチェリー」という品種です。

ご家庭に飾る際は、できるだけ涼しい場所に置き、毎日水を交換すると長持ちするということです!

ka-ne-syon.jpg

 

 

2torukogikyoukawashima.jpg

「トルコギキョウ」です。ふんわりとボリューム感があって、とても華やかですね。

足利市の松本猛さんが栽培しました。

淡いピンクの花が「クリスハート」

鮮やかな紫の縁取りがあるのは「渚」

ゴージャスな白い大輪の花は「レイナホワイト」といいます。

栄養剤を使用して水切りを行うと、花が長持ちするそうです!

一方で、直接風のあたる場所や直射日光のあたる場所には置かないほうがいいということでした。

3torukogikyou.jpg

 

 

castershikuramen.jpg

こちらは「シクラメン」です。フリルのような花びらが、鮮やかでかわいらしいですね。

日光市の吉原一成さんが栽培しました。

「ドリームピンク」という品種です。

おうちで育てる際は、土が乾き始めたら水をやり、レースのカーテン越しに光があたる場所に置くといいそうです。

葉の枚数が多いので、上手に育てれば来年の春先まで楽しめるということでした!

1shikuramen.jpg

 

 

moriokaasutirube.jpg

こちらは「アスチルベ」です。素朴で趣があります。綿毛のようにふんわりとした姿が愛らしいですね。

那須町の平山和彦さんが栽培しました。

品種名は「アメリカ」といいます。ふわふわとした小さな花が円錐状につくのが特徴です。

できるだけ気温の低い場所に置き、茎の切り口をお湯につけると水揚げがよくなるということでした!

asutirube.jpg

 

生産者のみなさん、素敵なお花をありがとうございました!(*^o^*)

RSS