先日NHK宇都宮放送局で
大河ドラマ「いだてん」プレミアムトークを行いました!!

all.jpg写真左から、筆者、松永渚さん、堺小春さん、一木正恵ディレクター

いらしてくださったのは、
大河ドラマ「いだてん」で“東洋の魔女”を演じた、

★松永渚さん(半田百合子役)
★堺小春さん(谷田絹子 役)

そして演出を担当した、

★一木正恵ディレクター

です!!

“東洋の魔女”は1964年の東京五輪で金メダルを獲得した
バレーボール女子日本代表のことです。
負けなしの強さからそう呼ばれていました。

トークショーでは、

◆約70人の中から出演者が選ばれたこと
◆1か月のリハーサルを経て本番2日間に臨んだこと

 など、舞台の裏側のお話をたっぷりと伺いました!

 また、東洋の魔女チームの熱い友情や、
一木ディレクターの制作にかける熱い想いを伺い、
笑いあり、涙ありのあっという間の1時間でした。

 この模様は
11月22日(金)午後6時~
FM(栃木県内向け)で放送します!

 ぜひお聞きください!!!

 

********

 

そして、なぜ今回このトークショーを開いたかというと…
“東洋の魔女”に県内出身選手がいたからです!

その方が半田百合子さんです!

宇都宮市で生まれ、栃木市の栃木南中学校、栃木女子高校を経て
日本代表に選ばれたレジェンドです✨

先日の「ベリーグッドプレイヤー」にもご出演いただき、
来年の東京五輪の楽しみ方を聞いたところ、 

「ただ楽しめばいいんじゃないかな」

 と、意外な答えが返ってきました。

計り知れないプレッシャーに打ち勝ってきた
半田さんだからこそ言える言葉だなと思いました。

応援する者は選手たちに何かできるわけではないからこそ、
楽しんで、いい雰囲気を作ることが、
選手の背中を押すことにつながるのかもしれませんね!

 handasan.jpgのサムネイル画像

半田さん、ありがとうございました!!

RSS