あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑

no.220 ケアマネジャー

インタビュー
インタビュー
「人生を支えたい」 あなたのおじいさん、おばあさんはどんな人生を送っていますか?
年を重ねても、あなたと同じように、悩みながら、今を精一杯生きているかもしれません。そんな願いや希望に、じっと耳を傾ける仕事がケアマネジャー。やれること、やれないことを見極め、願いを実現するために必要な介護の計画をたてます。
施設のデイサービスを受ける、自宅にホームヘルパーに来てもらうなど、介護の方法は様々。介護福祉士、理学療法士、看護師などかかわる専門家もたくさんいます。鳥取県倉吉市で介護士歴7年、ケアマネジャーになって2年目の池口満張さん(29)は、介護に関する幅広い知識とネットワークをいかし、お年寄りの夢に沿った介護計画をたてようと努力しています。大切なのは、お年寄りひとりひとりの意思を尊重すること。でも現実は計画通りにいくとは限りません。
「東京のひ孫に会いに行きたい」と願うお年寄りにどのような介護計画をたてるのか。地域を走り回り、お年寄りの幸せを願う、ケアマネジャーの仕事を紹介します。

ベストを尽くします あなたの人生のために

■ケアマネジャーとは? ■ケアマネジャーになるには?■ 収入・待遇は? ■ 仕事の味

-----

◇ケアマネジャーとは?  ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護が必要なお年寄りの介護プランをたてる仕事です。
 高齢化社会を迎えた今、介護といってもその方法は様々です。ホームヘルパーや施設でのデイサービスはもちろん、看護師による訪問や、自宅での入浴サービスなど、お年寄りのニーズに合わせて多くのサービスが存在します。ケアマネジャーは、担当するお年寄り1人1人の経済的負担を考えながら、本人にとって最もふさわしいサービスを組み合わせ、介護のプランを立てています。 ◇全国の状況・今の状況  ケアマネジャーは、10年前に介護保険制度がはじまったのに合わせて生まれた新しい資格です。現在、全国で働くケアマネジャーは10万人ともいわれ、約3万ヶ所ある居宅介護支援事業所と約2万ヵ所ある介護保険施設やグループホーム等に勤務しています。

 介護保険制度とは、介護が必要と認定されたお年寄りが、1割の負担で、ホームヘルパーや施設でのデイサービス、ベッドのレンタルといった介護サービスを自由に組み合わせて利用できる制度です。平成21年1月現在、全国で475万人が認定を受けています。
 財源は国民の税金などで賄われているため、ケアマネジャーは、1人1人のお年寄りに必要なサービスを考えると同時に、必要以上に過剰なサービスになってはいないかも考えなくてはいけません。そのため、ボランティアや地域の人々の支援なども取り入れながら、お年寄りの暮らしを支えていくことが求められています。 ◇どんな人が向いているの?  ケアマネジャーとして最も大切なことは、お年寄りがどんな暮らしを望んでいるか一緒に考えていくことです。相手の立場にたって、ものごとを考えていけるかどうかが大切だといえそうです。
 また、介護のプランを作り、各サービス担当者を連携させていくためには、医療・介護などの専門知識も必要となります。コミュニケーション能力と事務処理能力の両方が求められているといえそうです。

□↑トップへ戻る□

■ケアマネジャーになるには? ■ケアマネジャーとは?■ 収入・待遇は?■ 仕事の味

-----

◇どうすればケアマネジャーに?  ケアマネジャーの資格をとるための試験をうけるには、保健・医療・福祉・介護などの実務経験が求められます。
 介護福祉士や看護師・保健師などとして、5年以上の経験を積むか、介護の現場で10年以上経験を積むことで受験資格が得られます。
 その後、各都道府県が開く試験・研修に合格することで、ケアマネジャーとして仕事をすることができます。最近の試験の合格率は約20%です。 ◇ステップアップの道すじ  試験合格後の研修では、実務の基礎を学びます。その後、先輩ケアマネジャーにしばらくついて、指導を受けるのが一般的です。

 また、2000年にはじまった介護保険制度は、まだまだ変化のなかにあります。そのため、介護保険の制度や関連した法令も定期的に改正されます。技能や知識を向上するための、各種研修を積極的に受けつづける必要があるようです。

□↑トップへ戻る□

■ 収入・待遇は? ■ケアマネジャーとは?■ケアマネジャーになるには?■ 仕事の味

-----

◇収入のめやす  勤務地や地域性、さらに元の所持資格による差が大きく、いちがいには言えませんが、月収は15万〜30万とも言われています。介護福祉士の資格をもつ人にとっては、キャリアアップにつながることが多いようです。
 池口さんの所属する居宅介護支援所の場合、初任給は16万5千円です。 ◇ケアマネジャーのある一日

◆ 池口さんの一日(10月)
ある一日

◇生活サイクルと休日  朝は8時半から始まり、17時半が退勤時間です。しかし、自宅訪問や会議などが昼間に集中するため、プラン作成などの事務作業は退勤時間以降になりがちです。遅い時は帰宅が20時をまわることもあります。
 基本的には土日はお休みですが、担当するお年寄りから突然の電話が入ることもあるため、携帯電話は離せません。また、お年寄りやそのご家族の都合によっては、土日に訪問や会議が入ることもあります。担当先のスケジュールを優先することが大切な仕事だといえそうです。

□↑トップへ戻る□

■ 仕事の味 ■ケアマネジャーとは?■ケアマネジャーになるには?■ 収入・待遇は?

-----

◇おいしさ  ケアマネジャーとして最も達成感があるのは、自分の立てたプランが受け入れられ、担当するお年寄りやその家族との信頼関係ができたと感じる時だといいます。
 また、担当するお年寄りひとりひとりによって、介護の仕方も十人十色。それぞれの希望や夢をよく聞いた上で、その都度その人を喜ばせるプランを考えていくことは、面白くてやりがいがあるといいます。 ◇苦さ  介護のプランを一緒に考えても、必ずしもその願いを叶えることができるとは限りません。担当する方の病状が悪化したり、死を迎えたりと、介護という枠のなかでお年寄りを支えることに限界を感じることもあるようです。できる範囲のなかで、ベストを尽くすことが大切です。

□↑トップへ戻る□

NHK日本放送協会