あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑

no.192 アニメーター

インタビュー
インタビュー
「キャラクターに命、吹き込め」 日本を代表するコンテンツ、アニメーション。
その映像作りの最前線に立つ“絵の職人”がアニメーターです。

迫力のアクション、笑いを誘うギャグ、心を打つ感情表現…すべて、彼らの指先から生み出されます。
齋藤洋平さん(25)は、NHKの人気テレビアニメ『忍たま乱太郎』の制作にたずさわるアニメーター。アニメーターの仕事は、“上手い絵が描ける”だけでは務まりません。番組の雰囲気やキャラクター設定に合わせた絵を描く力、インパクトある画面を生み出す力、そして厳しいスケジュールをこなすスピードなど、要求される力は多岐にわたります。
今回、齋藤さんが挑戦するのは、キャラクターが“見たことも無いほどすごい曲芸を披露する”という難しい場面。一体どんな曲芸を描きだすのでしょうか…。

どんなキャラクターも自由自在 紙の上に“魅せる動き”描きます!

■アニメーターとは? ■アニメーターになるには?■ 収入・待遇は?■ 仕事の味

-----

◇アニメーターとは?  アニメーションの映像は、膨大な数の絵を“パラパラ漫画”の要領で動かすことによって作られています。その絵を1枚1枚描いていくのがアニメーターの仕事です。
 アニメーターはまずは「絵コンテ」を読み込みます。絵コンテとは、脚本をもとに演出家が描いた映像の設計図です。その世界を、どう動く絵として表現していくか…アニメーターがイメージをふくらませ、実際の絵を描いていきます。
 場面ごとに必要な絵の枚数もアニメーターが考えます。1枚の絵でその場面を表現することもあれば、何十枚もの絵で複雑な動きをつける場合もあります。
 キャラクターの動き、表情、さらに画面構図やカメラワークを考えながらアニメーターが各場面に必要な絵を描き揃えていくのです。 1枚1枚の絵に込められたアニメーターの情熱が、アニメーション作品を支えています。 ◇全国の状況・今の状況  現在のアニメーションは、彩色や、背景画とキャラクターの合成などは、コンピューター上で行われます。しかし、そのもととなる絵(原画・動画)は、アニメーターが鉛筆で紙に描くのが一般的です。CGなどのデジタル技術が発達する中で、手描きならでは温かさや、誇張した動きなど、アニメーション独特の表現も見直されています。
 しかし、そうした技術を受け継ぐ若手の定着率が低いことが問題となっています。アニメーターの収入は出来高払いのため、数をこなせない新人時代は特に厳しいからです。
 そのため最近、国や自治体、業界団体によるアニメーター育成の取り組みが始まりました。ベテランアニメーターによる技術指導や、アニメーション制作会社での実地研修によって、少しでも早く実力をつけてもらい、安定した収入を得られるようにしようという試みがなされています。 ◇どんな人が向いているの?  アニメーターはひたすら絵を描く仕事です。
 そのため「絵を描くのが好き」「アニメーションが好き」であることが必須条件。
 さらに、「観察力」も必要です。キャラクターをオリジナルの絵に似せて描くにも、まずは観察力。キャラクターを動かすことも、人の動きをよく観察することからはじまります。

□↑トップへ戻る□

■アニメーターになるには? ■アニメーターとは?■ 収入・待遇は?■ 仕事の味

-----

◇どうすればアニメーターに?  アニメーターになるには、アニメーションの制作会社や原画・動画専門の会社に入社するのが一般的です。採用試験では作品提出が求められるため、専門学校などで絵の勉強をしてから受験する人が多いようです。
 会社によって製作する作品のジャンルも違うため、自分が興味を持った作品のエンドロールなどを見て会社を探すとよいでしょう。
 採用情報は各会社のホームページで確認することができます。 ◇ステップアップの道すじ  アニメーターは大きく、原画を担当する「原画マン」と、動画を担当する「動画マン」とに分けられます。
 「原画」とは“動きを作る上でキーとなる絵”のこと。
 「動画」とは原画を清書し、さらに原画と原画の間に入る絵を加えたものです。
 新人アニメーターは、まず動画マンとして経験を積み、その実力が認められた者だけが原画マンになることができます。
 さらに実力を磨けば、その先には「作画監督」(作品におけるアニメーターのトップ。全ての絵をチェックし作品に統一感を持たせる)や「キャラクターデザイン」などの役割を担います。

□↑トップへ戻る□

■ 収入・待遇は? ■アニメーターとは?■アニメーターになるには?■ 仕事の味

-----

◇収入のめやす  給料はほとんどの会社が出来高払い。
 基準は、作品や会社によってそれぞれです。
 齋藤さんの場合、新人時代の月収は約10万円。
 経験と実力を積めば収入は上がりますが、若手には厳しい世界です。 ◇アニメーターのある一日

齋藤さんの一日(2月)
ある一日

◇生活サイクルと休日  齋藤さんの会社では、それぞれのアニメーターが受け持った仕事の締め切りに合わせて、自由な時間で仕事をしています。しかし、徹夜は禁止。徹夜せずに締め切りに間に合わせるペース配分を皆が心がけています。
 齋藤さんは早朝から出社。一番出社でやる気をアピールすると共に、少しでも早く一日の作業を終え、帰宅後、デッサンなど自分の時間を作ろうと努めています。
 日曜・祝日は会社は休み。でも齋藤さん、忙しい時は休日返上で仕事に励む時も…。たまの休みに友達と街をぶらついたり、映画を見たりすることが、いい息抜きとなっています。

□↑トップへ戻る□

■ 仕事の味 ■アニメーターとは?■アニメーターになるには?■ 収入・待遇は?

-----

◇おいしさ  アニメーションで“笑顔”や“希望”を届けたい!そんな思いを込めて、齋藤さんは絵を描いています。
 作品が完成して、自分の描いたキャラクターが生き生きと動き、多くの人を笑顔にした時の喜びはひとしおです。 ◇苦さ  決められたスケジュールの中で、どこまで理想の絵を描くことができるか。
 さらにアニメーターの仕事は出来高払いのため、ひとつの絵にばかり時間をかけていては収入にも影響します。常に理想と現実とのせめぎ合いです。
 齋藤さんは、少しでも理想の動きに近づけようと、早朝から机に向かい、さらに自宅でも絵の実力アップのためデッサンに励んでいます。

□↑トップへ戻る□

NHK日本放送協会