あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑

no.20 保育士

インタビュー
インタビュー
「私は子育てのパートナー」 「女子高校生のなりたい職業」第1位の「保育士」。
最近では男性の保育士も増えている人気の職業です。主な志望理由は「子供が好き。楽しそう」。保育園での実際の仕事は、保護者から子供を預かっているという重い責任のもと、毎日朝から夕方までやんちゃざかりの子供達と格闘し、知力体力の全てを使う過酷な労働です。しかしその分、毎日同じことが起こらず、子供の成長をダイレクトに感じられるという、たいへんやりがいのある仕事です。
今回の主人公は、保育士として働き始めて2年目の泉涼子さん(22)。愛媛県松山市の公立保育園で、3〜4歳児22人のクラス担任です。毎日、1人1人の子供の気持ちをくみ取り、成長させようと奮闘しています。
子供が好きなだけでは務まらないけれども、子供が好きでないと務まらない保育士の仕事に迫ります。
■ 保育士になるには

-----

◇保育士の資格について  「保育士」は平成15年から国家資格となり、「児童福祉法」に「専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行う」者と規定されました。これは、少子化や核家族化、働く女性の増加により、保育士が地域社会の子育て支援のために「保育のプロ」として、より一層の専門性や責任を求められたためです。

◇保育士の資格を取るには  保育士資格(国家資格)は、以下の2つの方法のいずれかで取得できます。
  1. 国で定めた保育士を養成する学校や施設(大学や短大、専門学校の中に保育士養成課程として置かれている)に入学し、規定の単位を取得した上で卒業する。
  2. 各都道府県が年1回以上実施する保育士試験に合格する。

◇保育士の就職先  保育士は平成14年現在、全国に30万人あまりおり、その数は年々増えています。
 就職先のほとんどは保育所です。他にも、乳児院・知的障害児施設・児童厚生施設・母子生活支援施設などの児童福祉施設や病院あります。また最近では、子供を産んでも働き続ける女性の増加により、民間のサービス産業で働く場が増えています(ベビーシッター・ベビーホテルなど)。これらの全てで保育士の資格が必要なわけではありませんが、資格を持っていると、就職が有利になります。
◇保育園と幼稚園の違い  保育園と幼稚園を混同している人も多いと思いますが、両者には大きな違いがあります。
  保 育 園 幼 稚 園
管 轄 厚生労働省 文部科学省
施設の性格 児童福祉施設 学校(教育機関)
対 象 児 0歳から小学校入学前 満3歳から小学校入学前
保育(教育)時間 8時間を原則とする 満3歳から小学校入学前4時間を標準とする
夏休み・冬休みなどの長期休暇あり
保育(教育)
担当職員
保育士 幼稚園教諭
幼稚園の保育(教育)時間については、働く母親の増加により、今後、保育園同様、長時間保育が増えてくると思われます。
保育園(認可)は全国に約2万2千カ所あり、そこで働く保育士は約29万人。
幼稚園は全国に約1万4千カ所あり、幼稚園教諭は約11万人。(2002年現在・厚生労働省・文部科学省調べ)
幼稚園教諭になるには、保育士とは別の養成課程で、違った内容の勉強が求められます


□↑トップへ戻る□

NHK日本放送協会