2014年6月2日放送

#008

NAME

矢島 藍

Ai Yajima

JOB

助産師

親と同じ職場で働く29歳が主人公。

助産師の矢島藍さん(29)が働くのは母親が経営する助産院。

2年前に大学病院を辞めて、実家の助産院で働くようになったものの、悩みはつきない。

病院のように明確なキャリアアップがなくなり、何もしなければ同じ毎日が繰り返される。

しかも、大学病院で助産師としての基礎を学んだ藍さんと、小さな助産院で30年経験を積み重ねてきた母とでは、助産師としての考え方の違いから日々ぶつかってしまう・・・。

母親の否定でも模倣でもなく、助産師としての自分自身の道を見つけることはできるのか?

1週間スケジュール

  • しごと
  • くらし
MON TUE WED THU FRI SAT SUN

3:00

4:00

5:00

6:00

7:00

8:00

9:00

10:00

11:00

12:00

13:00

14:00

15:00

16:00

17:00

18:00

19:00

20:00

21:00

22:00

23:00

0:00

1:00

2:00

就寝

起床

出勤・新生児ケア

妊婦検診

昼食

乳房ケア

カルテ整理

申し送り

退社

同期と夕食

帰宅

就寝

就寝

起床

出勤・新生児ケア

母親学級

昼食

妊婦検診

カルテ整理

申し送り

退社

習い事

帰宅

就寝

就寝

起床

出勤

分娩介助

昼食

記録

物品補填

学生指導

申し送り

退社

夕食・仮眠

出勤・入院
患者のケア

翌日の準備

授乳介助

雑務

入院受付・分娩のケア

分娩介助

退社

就寝

起床

夕食作り

テレビを見る

就寝

就寝

起床

出かける準備

買い物

友人と夕食

帰宅

就寝

就寝

起床

出勤・新生児ケア

子供向け出産準備クラス

昼食

妊婦検診

申し送り

退社

夕食・仮眠

出勤・入院患者のケア

翌日の準備

入院受付・分娩のケア

分娩介助

後片付け

学生の記録チェック

退社

就寝

起床

実家で両親と食事

帰宅

就寝

10:30

母親学級

しごと

妊婦さん向けのマタニティクラスを担当することもあります。出産のデモンストレーションで心の準備をしてもらったり、食事や体調管理のことなど、じっくりお話しができる場です。

21:30

当直

しごと

入院した方のケアが終わった後は、時間があれば仮眠をとります。お産は始まるといつ終わるか分かりません。人によっては10時間近くかかる場合も。寝不足の状態でお産をとりあげることがないように、体調管理も大事な仕事です。

15:00

夕食・仮眠

くらし

当直の日の夕ご飯は、助産院のキッチンで母と食べることもあります。この日は藍さんが、母・床子さんの大好きな冷やし中華を作りました。夏場は週に3回以上は必ず食べる定番の料理です。

先輩の1週間

畑佐 樹里さん

はたさ じゅり

畑佐 樹里さん

ひと対ひとなので、人間味が求められる。
知識や技術だけでなく、自分の経験全てが活かせるこの仕事。
ひとりとして同じ人がいないように、自分らしい助産師になってほしい。

  • しごと
  • くらし
  • 月曜日
  • 火曜日
  • 水曜日
  • 木曜日
  • 金曜日
  • 土曜日
  • 日曜日
7:30

起床・朝食・身支度

9:30

出勤・新生児ケア

10:00

ミーティング

10:30

入院患者のケア

12:30

分娩・外回り

13:30

昼食

14:30

入院患者のケア

15:30

書類整理

16:30

申し送り

17:30

退社

18:00

食材の買い物

19:30

帰宅

20:30

夕食・お弁当作り

22:30

シャワー

23:30

就寝

7:30

起床・朝食・身支度

9:30

出勤・新生児ケア

10:00

ミーティング

10:30

入院患者のケア

12:30

昼食

13:30

乳房外来・ケア

15:30

記録

16:30

申し送り

18:00

退社

18:30

夕食・休憩

21:30

出勤・入院患者のケア

23:30

翌日の準備

24:30

カルテの整理・雑務

3:00

カルテの整理・雑務

7:00

退社

7:30

帰宅・朝食

8:30

掃除・洗濯

9:30

テレビを見る

11:30

昼寝

16:30

起床・入浴・読書

17:30

夕食

18:30

実家の親と電話

20:30

テレビ・日記整理

21:30

トーク

24:30

就寝

7:30

起床

8:30

起床・シャワー・身支度

10:30

雑貨屋めぐり

12:30

ランチ

13:30

写真屋めぐり

14:30

買い物

18:00

親戚と夕食

21:30

帰宅

22:30

シャワー、テレビ、トーク

24:30

就寝

7:30

起床・朝食・お弁当作り

9:00

テレビ

10:00

セミナーの資料作り

12:00

昼食

12:30

テレビ・友人に手紙書く

18:00

友人と夕食・トーク

21:30

帰宅

22:30

テレビ・お弁当作り

23:30

シャワー

24:30

就寝

7:30

起床・朝食・身支度

9:30

出勤・新生児ケア

10:00

ミーティング

10:30

両親学級

12:30

昼食

13:30

退院後の乳房ケア

14:30

ベビー体重チェック

15:30

記録

16:30

申し送り

17:30

退社

18:30

帰宅・夕食

19:30

仮眠

21:30

出勤・入院患者のケア

24:00

翌日の準備

25:00

分娩介助

3:00

分娩介助

7:00

退社

7:30

親戚と朝食

10:00

帰宅・シャワー

10:30

洗濯

14:00

助産師会・講演会参加

18:00

友人と夕食・トーク

22:30

帰宅・シャワー

23:30

就寝

シゴト選びのヒント

キャリアコンサルタントによるしごと解説

転職サービス「DODA」

キャリアコンサルタント

大浦 征也

オオウラ セイヤ

妊婦さんへの共感が強み

個人のニーズは「モノ」から「コト」へシフトしていて、商品・サービスにもストーリー性が求められています。同様に、結婚、出産、育児、教育などライフイベントのパーソナライズ化が進み、「より自分らしいのはどれか?」という観点で主体的に選択されています。

今回の矢島さんは、助産師としてのキャリアや出産経験では先輩たちにかなわないかもしれません。でも、妊婦さんの「自分らしく産みたい」という思いへの共感や、価値観の多様化を理解するという点では若い矢島さんのほうが有利なのではないでしょうか。一緒に働くメンバーたちとお互いの知識や得意分野を補完しあって、全体でより良いサービスを提供していくのがチームとして理想的な姿ですね。

助産師に限らず、「同じ業界・同じ職種でも会社が違えばまるで別の仕事のよう」というのはよくあること。「この職種はこんな仕事のはず」と決めつけずに柔軟にキャリアを選択してほしいと思います。

就職情報サイト「マイナビ」

キャリアアドバイザー

田原 彩香

タハラ アヤカ

経験に負けないものを

仕事において、経験の豊富さはとても物を言う要素になってきます。もちろん、仕事の質や効率の良さも大事な要素ですが、それも量をこなしてからはじめてわかるようになること。

しかし、今回の助産師の矢島さんのように、一番若手である矢島さんにしかわからないことも多くあります。大学病院という組織の中で働いてきた経験があるので、他のスタッフにはない視野の広さや、矢島さん世代が求める助産院とはどんな院なのか・・・。同じ職種についている母親の床子さんと藍さんのそれぞれの意見を尊重し、より良い助産院になると良いですね。

企業でも、最近では新しい意見を取り入れたいということから、新卒の若手でも即戦力として採用するケースも増えてきています。時代と共に求められるものは変わってくるので、常にアンテナを張り、吸収する姿勢がある人が活躍する時代になってきそうです。

ディレクターMEMO

青少年教育番組部

入局8年目

たにディレクター

藍さんは助産院ではいつも笑顔。

ときには10時間以上、お産中の妊婦さんの側で腰をさすり続けることもあります。体力的にも精神的にもきつい中、藍さんは妊婦さんを気遣う言葉や笑顔を絶やしません。

「私たちの仕事はどれだけ自分の私生活が辛くても、上司や先輩に怒られても、絶対にそれを妊婦さんたちの前に持って行ってはいけないんですよね」と語ってくれた藍さん。妊娠中や産中・産後のママさんたちには、心理面も大きく影響します。自分のちょっとした表情や言葉で彼女たちの邪魔になってはいけないというプロ意識です。

いつも笑顔でいるのは簡単なようで難しい。むっとしたときや、しんどいとき、すぐ顔に出てしまう私…。藍さん、見習わせていただきます。

Page Top