バックナンバー

File28 菊

 

壱のツボ 厚物は大きくまんまるく

菊の原産地は中国。遣隋使、遣唐使によって日本にもたらされ、江戸時代の園芸ブームで様々な品種が生まれました。
管物。一文字菊。江戸菊。嵯峨菊・・・中でもひときわ目をひくのが、300枚もの花びらが整然と盛り上がった、「厚物」です。

 

園芸研究家の小笠原亮(おがさわらりょう)さんが「厚物」鑑賞のツボを教えてくださいます。


クリックで拡大表示

クリックで拡大表示

クリックで拡大表示

小笠原 「厚物は、最も進化した花の形のひとつ。栽培という技術によって立派に咲かせます。球のように全体の花弁の長さが等しく、まん丸く、より大きく咲かせるのが、厚物の理想形です」

菊鑑賞、一の壺は、『厚物は大きくまんまるく』

厚物が品種改良で生まれたのは、江戸時代中頃。当時は「宝珠菊」と呼ばれていました。この「宝珠」とは、仏や神の持ち物であらゆる願いを叶えてくれる、神秘の珠のことです。
頂点に向かい花びらが丸く盛り上がる厚物に、人々は神の力を込めた宝珠を重ね合わせたのです。

この厚物、当然放っておいても立派には育ちません。菊花園を営む込谷真佐雄さんは、花が開き始めると手作りの棒を使って花弁が上を向くように調整します。


クリックで拡大表示
込谷 「そのままにしておくと花が暴れてしまうので、毎日見て少しづつ、少しづつ直しておいてやると、まっすぐ上に丸く、咲いてくれますので立派な花になりますね」
まっすぐ伸びた茎の上に咲き誇る大輪の菊。まん丸い花の中に神秘を感じられたら、あなたも達人に一歩近づけます。

 

弐のツボ 三本仕立てに天地人を見よ


クリックで拡大表示
続いては、観賞用の菊を育てる「仕立て」について見ていきます。
ひとつの苗から枝の数を増やして仕立て、沢山の花を揃って咲かせる「千輪咲き」。

クリックで拡大表示

崖に垂れ下がるように咲く野菊の姿を模した「懸崖作り」。


クリックで拡大表示

そして、仕立ての基本とも言えるのが「三本仕立て」です。

40年にわたり菊の栽培に取組んできた関田和弘さん。
関田 「三本仕立ての基本は、天・地・人。天が後ろにいくように、地、人が前にあるように作る訳です」

 

天地人とは森羅万象を表した言葉。天は宇宙の摂理、地は自然界を、人は人間社会を表します。この3つが調和した状態が理想の世界とされてきました。

三本仕立てを作る秘訣は、丹精込めて作るということにあります。
苗は、毎年花が咲き終わる頃、根元に生えてくる新芽から育てます。
春に生えてきた枝を鉢に植え、そこから三本の枝を選びます。

それ以降に出てくる芽を丁寧につみ取り、その後、花の高さが天・地・人の順に   なるよう、一枝ごとに薬の量や光のあて方を調整します。
この三本仕立ての菊に、天地人の調和を見て取ることができれば、いよいよ達人です。

参のツボ 菊は長寿の願いなり

私たちの身の回りには菊をモチーフにしたものが意外なほど沢山あります。
日本では、菊は吉祥文様として、人々に愛されてきました。

歌人、藤原定家の子孫にあたる冷泉家で、菊の節句に飾った品々を見せていただきました。

菊の節句とは、旧暦9月9日、重陽の節句の別名です。
落雁や金平糖を保存する菓子箪笥や、菊の花をつめて香りを楽しんだ、吊香炉。床の間の掛け軸には、菊にまつわる中国の伝説が描かれています。


クリックで拡大表示
水辺にたたずんでいるのは「菊慈童」。菊の葉からこぼれた露を飲んで、若いままの姿で800歳まで生きたといいます。この伝説が元となり、中国では菊が「不老長寿」の妙薬とされるようになったのです。

第14代冷泉家当主夫人、冷泉貴実子さんから話を伺いました。
冷泉 「つまり9月9日っていうのは、菊に託した長寿を祝い、祈る行事です。長寿のシンボルってことは、おめでたいものなんですよね。おめでたくて、気高くて、また華やかなもの」

 

菊鑑賞、最後のツボは「菊は長寿の願いなり」


クリックで拡大表示
秋、菊はさまざまな意匠として登場します。例えば和菓子。
工夫をこらした菊をあしらった和菓子には、それぞれにめでたい名前がつけられています。京菓子司の山口富蔵さんの手からなる菊の和菓子をもとに、名前にこめられた思いを見てみましょう。
「千代見草」は、平安時代の菊の別名。千年もの長寿を願ってつけられました。
「万寿喜久」は、「まんじゅう」にかけて長寿と末長い幸福が祈られています。


こちらの「着せ綿」は、かつての平安貴族が菊の花に一晩綿をかぶせておき、綿が含んだ菊の露で体を拭いて不老不死を願ったという習慣に由来します。

この習慣が、「健やかな一生」を願う和菓子に生まれ変わったのです。

最後は着物にあしらわれた菊の意匠をご紹介。
こちらは、江戸時代後期の婚礼用の打掛。描かれている菊は、全て刺繍によるものです。西村秀一さんにご説明頂きましょう。

クリックで拡大表示
西村 「柄行きから、武家や公家のものではなく、町方の衣装かと思われます。きっと、菊の咲き誇る時期に嫁いで行かれる娘さんのために、贅を尽くして作られた作品かと思われます。」
愛する人の末長い幸福と長寿を祈る。
菊は、昔から日本人の変わらぬ願いを映し出していたのです。

今週の音楽

 

曲名
アーティスト名
For Ellington John Lewis
My Ship Miles Davis
Stella By Starlight Chiris Connor
The Anawer Ia Yes Jim Hall
Black And Tan Fantasy Kronos Quartet
You Look Good To Me Oscar Perterson
My Romance Wynton Marsalis
Stardust Wynton Marsalis
My Funny Varentine Bill Evans & Jim Hall
They Say It’s Wonderful John Coltrane
So What Bill Evans with Jeremy Steig
Stella By Starlight Miles Davis
That’s Old Feeling Gerry Mulligan and Stan Getz
Just Imagine Helen Merrill
Milou Stephane Grappelli