バックナンバー

File25 水墨山水

 

壱のツボ 下から上に見るべし

山水とは、深い山や、流れる川など。自然の景色のこと。
それを墨で描いたのが水墨山水です。


水墨山水は禅の教えとともに日本に伝えられました。
そして水墨山水には、描き手が思い描く、ある「物語」が表現されています。

水墨山水によく登場するモチーフには、ひとつひとつ意味があります。
山水では、世間のしがらみから遠く 離れた、心穏やかな世界を意味しています。

谷間にひっそりと佇む「庵」は、描き手が思い描く「終の住みか」です。

 

「気に満ちた理想郷でひっそりと暮らし、時折訪れる遠方からの友人をもてなす」。
水墨山水には、こんな「物語」が隠されているのです。

東京・銀座で骨董美術店を営む佐藤文彦さん。水墨山水の物語を楽しむには、簡単なコツがあると言います。

江戸時代初期に描かれた水墨山水の名品を例に、ツボを教えていただきましょう。

佐藤 「掛け軸のような縦長の山水画の場合、『下から上に見る』ことがおすすめです。そうすると、物語の時間にそって、絵の中を旅することができます。」


クリックで拡大表示
水墨山水鑑賞、一の壺は、 『下から上に見るべし』。

クリックで拡大表示

水墨山水は、下から 「近景」「中景」「遠景」の三つに描き分けられています。
そのため下から上に順に絵を見て行くと、近くから遠くへ、まるで絵の中を旅するような感覚を味わうことができます。

このように下から見ていくことで、距離だけでなく、時の流れを感じることができます。

 

弐のツボ  にじみやぼかしの潤いを味わう


クリックで拡大表示
様々な墨の技を40年にわたって研究してきた画家の佐々木鐵心さん。
「にじみ」や「ぼかし」は、日本の風土に適した技法だと考えています。

鐵心 「にじみやぼかしの技法は、日本の湿潤な気候にぴったりじゃないかと思います。朝には霧が立って、夕方には靄がかかる。豊かな水がわいて、苔には雨水がたまって、その空気感を伝えるのにはどうしてもにじみやぼかしの技法がうってつけじゃないかと思います。」


クリックで拡大表示
ということで、水墨山水鑑賞、ニの壺は、『にじみやぼかしに潤いを味わう』

江戸時代、日本ならではの独特の墨の技が生まれました。

「たらしこみ」と呼ばれる技法です。薄い墨で描いた部分がまだ乾かないうちに、上から濃い墨をたらします。

墨が混ざり合ってできる偶然のにじみが表情を生み出します。


クリックで拡大表示

クリックで拡大表示
 

こうした技法が日本で独自に発展したのはなぜでしょうか?
  
その秘密は、「水」にあります。

鐵心  「水によって、墨の発色やにじみの具合など、全然違ってきますね。水は水墨画を描くにあたっては、本当に命だと思いますね。」

かつて絵師たちは「朝露を集めて墨を摺った」と言うほど、きれいな水にこだわりました。

日本の水は、中国など大陸の水と違って、ミネラルが少ない「軟水」です。

軟水の場合は、滑らかににじみます。

日本の風土が育んだ水が、繊細な墨の表現を支えてきたのです。

にじみやぼかしを表現する上で、もう一つ大切なのが「和紙」。丈夫で程良く水を吸う上質の「和紙」は、水をふんだんに使い、何度も筆を重ねる技法に適しています。

クリックで拡大表示

大観は墨の濃淡で、朝の山のみずみずしい空気を描ききりました。

墨と水、そして紙の絶妙な調和によって、日本独自の水墨山水が生まれたのです。

参のツボ 光の表裏を見よ

それでは最後に飾り方のツボをご紹介しましょう。

 

鈴木 「飾る時の一番大切なポイントは光です。自然光のやわらかな光が山水のやわらかさを引き出してくれるんじゃないかと思っています。」

飾り方の壺を教えてくれる達人がいます。

水墨画家の島田皓紀さん。水墨山水を飾る時、絵の中の光の方向を見極めることが大事だと言います。

 

島田 「山水画には、必ず「表」と「裏」があります。飾る前に「表」と「裏」を見て、光の方向を確かめることが大切です。」

そこで、水墨山水鑑賞、三の壺 『光の表裏を見よ』。

「表」と「裏」とは、絵の中で光が射している方向のこと。左から光が射していたら、左が「表」。右が「裏」になります。


クリックで拡大表示

クリックで拡大表示

島田 「絵の中で、光がどちら側から入っているかは、落款の位置を見ればわかります。落款の押してある方が、「裏」なんです。」

 

水墨山水を飾る時には、絵の中の光の向きと、実際の光を合わせます。
光の方向によって見え方はまったく違ってくるのです。


クリックで拡大表示
光を見極めて飾れば、見えないものまでも見えてくる水墨山水の世界。

その奥深い魅力、おわかり頂けましたか?

今週の音楽

曲名
アーティスト名
JACK THE BEAR ELLINGTON DUKE
WHEN I FALL IN LOVE BILL EVANS
MILANO M J Q
MIDNIGHT BLUE BURRELL KENNY
YESTERDAYS MILES DAVIS
waltz for debby BILL EVANS
lullaby of birdland barney kessel
DJANGO JOHN LEWIS
WHAT KIND OF FOOL AM I? BILL EVANS
RELAXIN'ATTHETOURO MUGGSY SPANIER
YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO ART PEPPER
TIME REMEMBERED EVANS BILL
STELLA BY STARLIGHT JIM HALL
I'VE GROWN ACCUSTOMED SHELLY MANNE
TEA FOR TWO
JO STAFFORD& GORDON MCRAE