NHK津放送局

NHK-FM 毎月最終金曜日 午後6時~午後6時50分[三重県域]

これまでの入選作

10月のお題:「楽」 <選者> 宮村典子さん

散り終えて桜並木は楽になる 十六夜さん

着想的にシーズンオフにも思えるが、作者の内にずっとある想(おも)いなのだろう。「桜並木」の使命に人生を重ねてみるとき、課せられた任務を果たし終えた後の、なんとも言えない安堵(あんど)感がひしひしと伝わってくる。比喩の的確さが見事で頷(うなず)くばかりである。

気を楽にするため今日も窓を拭く デコやんさん

言われてみればなるほどである。気持ちが落ち着かずにイライラする時は、何をしても治まらない。確かに、そんな時は何も考えずに窓を拭くといいかも。不思議に無心になる感じを私も味わったことがある。気付きの発見をさらりと書いて〈なるほど〉と思わせる川柳になった。

生命線楽な方へと伸びてゆく 久実さん

掌(てのひら)には、運命線、感情線、頭脳線、そして生命線がある。どれも当てはまるような気もする句のようだが、「生命線」としたのは、生かされて生きる命の道を、出来れば「楽」に長生きしたいという作者の願望だろう。誰もの願いに通じる。

入選
     
  • 酒二合飲めば今夜も楽天地 ゆきちさん
  •  
  • もういいかい楽になりたい鬼の声 ワン吉さん
  •  
  • 楽になる域へ脱皮がまだ足りぬ 橙葉さん
  •  
  • 冬眠に備えて楽なゴムパンツ スイッチさん
  •  
  • 三年目気楽な顔になってくる 汐海 岬さん
  •  
  • 楽な方へ楽な方へと傾ぐ首 恵美さん
  •  
  • 楽をしてより楽なこと考える 花キャベツさん
  •  
  • 重病と言われてやっと楽になる 小松崎有美さん
  •  
  • 透明になって気楽に翔んでいる まゆゆさん
  •  
  • 楽々と母を背負っている涙 神無月さん
「楽」というお題に対して「楽しい~」という表現や、音楽家、神楽、管楽器、田楽等々、字結び(漢字一字が課題の場合、その意味に関係なくその字で熟語を作り、句中に詠み込むこと) が多くありました。字結び不可と添えてなかったのでやむをえないのですが、今回は「楽(らく)」の意味からの発想で、自分自身にとっての実際的な楽、又、心理的な楽を表現した作品をいただきました。
今後、お題に留意したいと思います

過去の入選作