ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK津放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK津放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります

放送予定

NHKスペシャル
見えないものが見える川 奇跡の清流 銚子川

放送予定日:2018年11月11日(日)よる9:00〜9:49 総合 全国放送
※放送日時は変更になる場合があります。

番組内容の詳細はこちら

受賞作品

最優秀賞

最優秀賞

「水中」

遠山 勝二さん

童心に帰りすぎました。

町長賞

町長賞

「力持ち」

喜多 敦さん

巨岩が落ちてこないように一生懸命支えています(笑)

優秀賞

優秀賞

「浮遊船」

大川 朱実さん

銚子川の透明度半端なくて
まるで飛んでいるかのよう

優秀賞

「汽水域のハンター」

北川 直人さん

水中にダイビングして獲物をしとめたミサゴ。
獲物のボラを両足につかみ、これ見よがしに私を睨みつけて飛び去って行った。

優秀賞

(上)「ゆらゆら帯に集まる魚」
(下)「軌跡」

中野 篤史さん

(上)上は真水、下は海水の河口のゆらゆら帯。海から上がってきた魚が集まって泳いでいた。
(下)ボラが真水と海水の境界で泳いでいる。ボラの後ろには海水が巻き上がった軌道が出来た。

入選

入選

「水中探訪」

板谷 一行さん

カラフルな救命具で川底探訪

入選

「あ〜楽しい!!」

上村 毅さん

銚子川上流にある天然石の滑り台の裏側をみんなで探検した時の一枚です!

入選

「気持ちいい」

奥野 有香さん

泳ぐ事が大好き!

入選

「冬の清五郎滝」

久世 憲志さん

清流銚子川の上流にある清五郎滝が凍ったとの報を受け、仲間と登りました。
氷瀑の凄さに圧倒されました。

入選

「瑠璃の光」

小菅 剛志さん

銚子川ブルーに染まるハヤの群れ

入選

「庭園」

新開 保次さん

水の流れがなく岩と水を見ていると、
京都の庭園のイメージが思い出されて
とても綺麗でした。

入選

「秋の清流」

世古 博久さん

季節は秋である。銚子川の周りもすっかり秋模様だ。紅葉した木を通して川を見た。
岩の間をきれいな水が小さな滝のように
流れ落ちていた。

入選

「銚子川のゆるキャラ」

世古 雄也さん

地元ではガマクロと呼ばれている魚です。
正面から見ると愛嬌のある顔をしています。

入選

「これぞ! 銚子川」

田原 大輔さん

川岸の浅場でデジカメ水中撮影すると、
水面下の銚子ブルーと水面上の夏の景色が一緒に写すことができた。
これぞ! 銚子川
銚子川の醍醐味を写真に収めることができました

入選

「岩の中からこんにちは」

中西 省治さん

猛暑の中、魚飛渓にやって来ました。なかなか至近距離&正面からの写真が撮れなくて苦労しました。

入選

「銚子川全景」

M田 直幸さん

便石山山頂から展望すると、眼下に銚子川の殆ど全景が見える。
感動です。

入選

「ダイビング」

廣 誠修さん

緩い滑り台状の岩の溝を水の流れに乗って高さ3メートルほどの滝壺にダイビングする一瞬を撮ったものです。
とても勇気のいる瞬間です。

入選

「川の中はきらきら」

山根 伸彦さん

天気の良い日に川の中で写真をとってみたら水中に太陽の光が差し込み、大きな岩もきらきらと輝いていました。

特別賞

特別賞

「ゆらゆら橋」

大野 眞さん

ゆらゆら帯の橋の水中

特別賞

「ナガレヒキガエル」

嶋田 春幸さん

春先に銚子川に集まることで知られるナガレヒキガエルを観察に行ったときの一コマです。
運よく川底から浮上した一匹がモデルになってくれました。

特別賞

「夏の遊び場」

宮田 多美男さん

上流の方では石灰岩の岩場で大人達が漁に夢中

審査員講評

 銚子川で楽しく過ごす家族の写真や川遊びの様子、生き物、季節を捉えたものなど、多くの作品のご応募がありました。力作ぞろいでしたが、なかでも銚子川の澄んだ流れの水中シーンや半水面写真、ゆらゆら帯の写真などが目を引きました。最優秀賞の作品は、人が水に飛び込んだ瞬間を見事に水中で捉えた一枚です。水の透明度が高いため、画面に奥行きが感じられ、水中の泡が躍動感に溢れています。

 いよいよ今秋にNHKスペシャル「奇跡の清流 銚子川」が放送となります。写真と動画という違いはありますが、プロの撮影した映像から、構図やカメラアングルなどを参考にされるのもよいと思います。

内山りゅう 氏

ネイチャー・フォトグラファー。東海大学海洋学部水産学科卒業後、写真家 桜井淳史氏に師事。“水”に関わる生き物とその環境の撮影をライフワークとしている。とくに淡水にこだわり、図鑑や写真集などを精力的に発表する。水や自然、生き物に関するテレビ番組の企画・出演も多く、講演活動も行っている。1999年、住まいを和歌山県白浜町に移し、“清らかな水”を取り巻く水環境にレンズを向け、創作活動を続けている。平成22年度和歌山県文化奨励賞を受賞。

公式HP:http://www.uchiyamaryu.com/

内山りゅう 氏

PAGE TOP

読み上げブラウザ用メニューに戻ります